2022年09月03日

酒の買い出し

/手打ちめん 麺良(めら)@茅ヶ崎市円蔵にて麺良麺(めらめん)(味噌)/晩酌/

クリックすると拡大します

 土曜日は惰眠を貪る(百万回使い回している台詞)。
 月末に予定している取材に関する諸々を予約していたら、アッという間に午前中が終わってしまった。
 好きなことをしていると時間が早く進むのに、仕事をしていると遅く進むのは、何理論なのかな。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、手打ちめん 麺良(めら)@茅ヶ崎市円蔵公式ツイッター)へ。
 えぼし麺 菜良の2号店として、2022/8/2オープン。
 立地は茅ヶ崎駅から徒歩30分弱ですが、私は自宅からバイク(原チャリ)で一時間。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-17:00、月火休。
 事前のネット情報では15:00終了だったので、14:00に着くように着いたんだけど。
 そんなに遅くまでやっているなら、用事を済ませてから帰りに寄れば良かったな。
 店内は満席、店外に家族連れのお客さんが待っています。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って店内へ。
 メニューは麺良麺(めらめん)(醤油・味噌)750円、肉めら850円、台湾まぜそば850円。
 期間限定Aネギめら(冷やしめん)750円。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると醤油味が売り切れなので、自動的に味噌味。
 トッピングはバター、揚げニンニク、チーズ、キムチが80円。
 魚粉50円、生玉子、のり、かつおぶしが50円。

クリックすると拡大します

 店内はU字カウンター3席に3席と、壁向きカウンター3席、計9席。
 卓上には辣油、酢、醤油、一味唐辛子。
 店員さんに食券を渡すと「ニンニクはお付けしてよろしいですか」と訊かれるので、お願いします。

クリックすると拡大します

 何をするともなしに待っていると、店員さんが店外に出て、営業中の札を店内に入れて準備中にします。
 危ねー、2週連続で振られるところだった。
 その後に訪問されたお客さんは、「すみません、麺が無くなってしまいました」と入店を断られていました。

クリックすると拡大します

 席に着いてから20分程待って、麺良麺(めらめん)(味噌)750円
 菜良に伺ったのは2009/2ですので、この麺相がどこまで似ているかは不明。
 茹でモヤシを崩しながらスープを味わってみると、かなり薄めで豚ガラなのか鶏ガラなのか、良く分からない。
 辣油も掛かっているような香りを感じましたが、辛味は殆ど感じません。

クリックすると拡大します

 手打ちの極太麺、手打ちだからと言って自家製麺とは限りませんが、恐らく自家製麺。
 スープにあまり合っているように感じませんが、オープン1ヶ月、まだまだこれからと言う話しもあり。
 トッピングは丼の半分くらいに煮込んだ豚バラ肉、しっかりと味が付いていてとても美味しい。
 ※トッピングに肉増しが無いのは不明。

クリックすると拡大します

 茹で野菜はほぼモヤシですがキャベツ、ニラもちらほら、トップには糸唐辛子。
 麺を半分ほど食べたところで、お願いしておいた刻みニンニクをドサッと入れて、お楽しみの味変タイム。
 ニンニクの辛さがキクー、って程ではなくて、程々。

クリックすると拡大します

 店員さんは若い男性と女性の二人、オープンして1ヶ月以上経ちますが、バタバタ感が残っています。
 そのバタバタ感が苦手で訪問を遅らせたのに、、ってこっちの勝手な都合か。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、晩酌用の日本酒の買い出しに向かいます。
 って、行きつけの酒販店に向かう途中、見慣れない酒販店を見掛け、冷やかしで入ってみることに。
 冷やかしのつもりが二本買ってしまって、ダメじゃんね。

クリックすると拡大します

 晩酌
 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎(ひゃくじゅうろう)蔵の太鼓判(くらのたいこばん)」純米大吟醸 R3BY。
 カクヤスグループのKYリカーで販売された、蔵の太鼓判。
 単品として数量限定400本、純米吟醸2本と飛沫を合わせた4本セットが200セット、今年の初春に販売されました。
 「カクヤスグループのために特別に製品化された、他では手に入らない限定品」とありますが。
 ラベルに「蔵の太鼓判」と印刷されているだけで、どうせ中身は百十郎の純米大吟醸と同じ、、、かと思ったんだけど。
 検索しても「白字に青い隈取り」のラベルが見当たらない。
 酒米に使われている岐阜ハツシモでの純米大吟醸も見当たらない。
 そうなんだ、どうりで美味しいわけだ。
 アテは、鶏肉とシシトウの油炒め。
posted by ふらわ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記