2022年09月12日

夜営業、始まる

/横浜家系 らーめん深川家@木場(江東区木場)にて北海道味噌ラーメン、ライス/世田谷らーめん祖師谷七丁目食堂@祖師ヶ谷大蔵にてたんめん/

クリックすると拡大します

 来週は月金が休みなのでシルバーウィークと呼ばれているんだけど。
 今週か再来週に休日(祝日)の一日をずらして、週休三日を2週連続にして頂きたい。
 誰に言えばいいのか分からないので、自身のブログに書いてみた。

クリックすると拡大します

 お昼の鐘が鳴って、今日は未食のラーメン店に伺うべく、深川ギャザリアプラザのレストランフロアへ。
 プラザ棟・レストラン街の案内板を見ると、その2階に目指す店が見当たらず、代わりに「NEWSHOP」が。
 こ、これは、、、
 閉店してたらしてたで、ネット情報を更新しておくか、と、行ってみることにします。

クリックすると拡大します

 レストラン街は2階までが吹き抜けになっていて、エスカレーターで二階に登ります。
 お昼は、横浜家系 らーめん深川家@木場(江東区木場)紹介のページ)へ。
 2021/9/28オープン、そろそろ1周年ですね。
 店先に入店待ち客が2人、ウェイティングシートに名前を書こうとすると、何も書かれていない。

クリックすると拡大します

 色々な状況が考えられるので、先客に「お待ちですか?」と声を掛けると、大きく頷かれます。
 それでは、と、最後尾に1席空けて、腰掛けます。

 店先に描かれているラーメンのイラストから、ケンコーホールディングス(以降、KH)との関連が伺えます。
 特別に個性的な味ばかりでは疲れてしまう私、予め味の方向性が分かっているラーメンも大好きです。
 少し待っていると店内から店員さんが出てきて、「お待ちの方〜」と順番に店内へ案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 入って左手に、ボタン式の券売機。
 ラーメンとして醤油豚骨790円、塩豚骨790円、北海道味噌850円、ハバネロ辛味噌950円、高菜豚骨850円。
 魚介つけ麺880円、魚介辛つけ麺980円、油そば850円、台湾まぜそば850円
 ご飯物は炙りチャーシュー丼、ネギチャーシュー丼、は390円。
 特製肉餃子350円、ライスは終日無料。

クリックすると拡大します

 空いているカウンター席に案内されます。
 食券を渡すと「お好みはございますか?」と訊かれるので、「普通でお願いします」と答えます。
 「無料ライスは付けますか?」と訊かれ、「お願いします」と答えます。

クリックすると拡大します

 店内は壁向き5席、4人掛けテーブルが4卓。
 卓上には針生姜、豆板醤、刻みニンニク、一味唐からし、ブラックペッパーシルバー、白胡麻。
 ランチタイムということもあってか、店内は常時ほぼ満席。

クリックすると拡大します

 程なくして北海道味噌ラーメン850円、サービスライス
 KH関連店は店舗毎に少しずつ異なるメニュー構成ですが、この「北海道味噌」は初めて頂きます。
 スープは鶏ガラ、豚ガラを一括して炊き出した様な印象の味わい。
 やや脂は多めながら(気になる人は「脂少なめ」推奨)、きめが細かくて安心安定の心好い味わい。
 何をもって「北海道」と称するかはお店の自由、味噌たれに赤味噌を多く配合されているような気がします。

クリックすると拡大します

 食べた感じでは麻生製麺と思われる太麺、やや柔らかめ仕上げで、スープに良くあっていて美味しい。
 トッピングは豚バラ巻チャーシューが1枚、焼海苔3枚、茹でほうれん草。
 薬味ねぎは先入れ、計らずともアクセントになっています。

クリックすると拡大します

 さて、久しぶりの家系海苔巻き。
 固めに炊かれたライスに豆板醤をひとさじ、刻みニンニクをほんの少し、乗せて。
 スープをたっぷり吸わせた海苔でくるっと巻いて、ぱくっと食べる。
 海苔と調味料とライスが一体となった美味しさ。

クリックすると拡大します

 麺を半分くらい食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 味変には様々な楽しみ方がありますが、今日は針生姜だけ(味変になっていない)。
 豆板醤を合わせようとも考えましたが、家系海苔巻きで食べているので、食べ過ぎかな、と。
 この針生姜が好きなんですよね。

クリックすると拡大します

 シャキッとした辛さが、家系ラーメンのスープによく合います。
 男性に好まれる味とか、女性でも入りやすい明るい店内とか、そんな発言はジェンダー的にアウトな時代。
 同じように、日本人でないから接客がどうのこうの、なんてのも差別発言でしょうね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、世田谷らーめん祖師谷七丁目食堂@祖師ヶ谷大蔵(世田谷区祖師谷)公式ツイッター)へ。
 遂に本日から夜営業が始まったソシナナ。
 当面は月、水、金の18:00-21:00とのこと。
 こちらの夜営業には飲みにしか伺っていないので、ラーメンをちゃんと食べるのは初めて。

クリックすると拡大します

 一応、ミシュランガイド掲載店。
 ミシュランと言っても、幾つかランクがあります。
 こちらは、ミシュランガイド2022東京のビブグルマンに掲載されています。
 店主におめでとうございますと祝うと、断ったんだけどな、的な。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、ソシナナラバーズはとうに食べ終えて帰ったのか、前客ゼロ、後客3人。
 卓上に調味料は用意されていません。

クリックすると拡大します

 メニューは昼と夜で変えています。
 夜はたんめん700円、世田谷中華そば700円、麺大盛150円、ライス100円。
 煮干の日(水曜日)は濃厚煮干し800円、淡麗煮干し750円、煮干ワンタン1,000円、煮干し飯100円。
 生ビール600円、味玉150円、メンマ100円、焼豚150円。
 日本酒は、無しと。

クリックすると拡大します

 店長さんのワンオペ、かつての店主さんにも似て、寡黙な調理。
 壁に柱時計がみっつ、掛けられています。

クリックすると拡大します

 程なくして、たんめん700円。    はつね?
 茹で上げた麺の上に、モヤシとキャベツを中華鍋で煮込んだスープを掛けてあります。
 スープの美味しさをダイレクトに感じられるたんめん、こういうアプローチのたんめんは初めて。
 とても新鮮であり、とても心好い。

クリックすると拡大します

 田村製麺の細麺は中華そばと共通、この世で一番整えられた麺線。
 僅かに固め仕上げで、食べていくウチに少しずつスープに馴染んでいく心好さ。
 トッピングはないので、モヤシとキャベツをお供に麺を啜ります。

クリックすると拡大します

 お好みでどうぞと渡された煮干し酢。
 タンメンの味変は辣油と相場が決まっていましたが、そんなことに囚われる必要はありません。
 酸味を加えたタンメンも、良い感じですね。

クリックすると拡大します

 ここのところずっと日和っていて、スープを蓮華で飲んでいたりしていましたが。
 ラーメンが和食ならば、丼から直接飲めば良いんじゃないかと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記