2022年09月15日

東急東横線を南下

/伯爵の肉団子 東陽町店@東陽町(江東区東陽)にて《日替わり》中華逸品肉団子定食/横浜家系ラーメン極味家 大倉山店@大倉山(横浜市港北区大倉山)にて野菜ラーメン/麺 めし処 とんがらし@反町(横浜市神奈川区松本町)にて赤唐つけ麺/

クリックすると拡大します

 お昼は、伯爵の肉団子 東陽町店@東陽町(江東区東陽)公式ホームページ)へ。
 麺メニューを食べ切ってから定食に移る計画でしたが、大方の予想通りに頓挫。
 今日は、看板メニューの伯爵の肉団子をいただこうかと。

クリックすると拡大します

 伯爵の肉団子が食べられる料理は日替わり定食と、麻婆豆腐・水餃子定食の2つ。
 なんだけど、ランチタイム限定として伯爵の肉団子3個150円のサイドメニューがあるのか(知ってたけど)。
 店先で食べるメニューを決め、もしそのメニューが売り切れだったら、は考えずに入店っ

クリックすると拡大します

 店内に入ると、「こちらのカウンター席へどうぞ」と案内されます。
 (多分)ジャスミンティを運んできてくださった店員さんに、日替わり定食をお願いしますよう。

クリックすると拡大します

 程なくして、《日替わり》中華逸品肉団子定食890円
 組み合わせは、中華逸品肉団子、よだれ鶏、ザーサイ、ご飯、スープ。
 中華逸品肉団子は4種類あって、月火は酢豚風肉団子、水木は八宝菜風肉団子、金は青椒肉絲風肉団子。
 もう1種類は定食では提供されないのか、それとも順番なのか。

クリックすると拡大します

 様々な食べ方のある定食、まずは箸を濡らすべく玉子スープをいただきます。
 ビシッと塩味の利かせた味わい、定食の付け合わせのようなスープであっても、全く手抜き無し。

クリックすると拡大します

 続けて中華逸品肉団子、豚肉とクワイ、白菜を混ぜ合わせて練り上げられた肉団子。
 大きさは一口唐揚げよりやや小ぶり、箸で割らずにそのまま食べてみます。
 頂いてみると、鶏の軟骨でも使ったかの様にカリカリと楽しめる食感。
 八宝菜に和えてあるのに食感は失われず、餡を纏ってなおまた心好い。

クリックすると拡大します

 こうなるとご飯の出来栄えが気になりますが、まま、好みの問題もありますので。
 ザーサイやよだれ鶏も美味しいけど、肉団子の脇役がやっと。

クリックすると拡大します

 肉団子と八宝菜を食べ終わってみると、八宝菜の餡が残っていて、なんとももったいない。
 ランチはご飯とスープがお代わり自由ですから、甘えない手はありません。
 ご飯をお代わりし、餡を掛けて美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 唸るような味わいとか、跳び上がるような美味しさとは違う、毎日でも食べられる美味しさ。
 何の気なしに890円で食べられるけど、じゃあこの肉団子より美味しい店はあるかと訊かれたら、
 私は答えられない。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、横浜家系ラーメン極味家 大倉山店@大倉山(横浜市港北区大倉山)公式ホームページ)へ。
 東急東横線大倉山駅西口から徒歩1分に、2022/7/10オープン。
 運営は株式会社ジョイフード、本店の天王町店(2014/3/3-)、白楽店(2016/1/7-)、北浦和店(2020/6/5-)、日ノ出町店(2018/12/7-)に続く5店舗目。
 ※公式ホームページでは「六角橋店」、アルバイト募集では「白楽店」。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン750円、塩ラーメン750円、味噌ラーメン850円、辛豚ラーメン850円、つけ麺850円。
 そっと値上がりされていますが、全く問題ありません。
 ご飯物はまぶし丼、キャベ丼、ネギチャ丼が330円、肉餃子350円、飲み物は豊富に揃っています。
 デフォ?スタンダード?なラーメンの評価は家系ラーメンのプロに任せ、私は食べたい料理を食べる、と。

クリックすると拡大します

 店員さんが近くに来て下さって、「おひとり様ですか?こちらはどうぞ」とカウンター席へ案内されます。
 買った食券を渡すと「お好みはございますますか?」と訊かれますので、「柔らかめで」とお願いします。
 続けて「LINE登録されていますか?と」と訊かれ、ドヤ顔でスマホの画面を見せるアラ高なジジイ。
 ラーメンパスポートでうずら増し、ほうれん草、のり増し、ライス小、チャーシュー1枚が何度でも何名でもOK。
 と言うことで、ほうれん草をお願いします。

クリックすると拡大します

 店内は奥に長く、手前が厨房を囲むL字カウンター3席と7席、奥に2人掛けテーブルが2卓、計14席。
 卓上には生姜、刻みたまねぎ、にんにく、豆板醤、ニラからし、辣油、酢、ごま、ブラックペッパーグラウンド。
 平日の20時頃で前客は4人、後客3人。

クリックすると拡大します

 程なくして野菜ラーメン890円、家系お好みは麺柔らかめ、トッピングパスポートでほうれん草。
 140円でトッピングした野菜は、家系ラーメン直系店のお花畑に勝るとも劣らない盛り付けと美味しさ。
 なんとチャーシューの切り落としが混ぜてあるじゃないですか。

クリックすると拡大します

 熱々のスープは豚ガラの旨味より鶏ガラの甘味を感じ、醤油たれとの相性抜群。
 家系ラーメンのプロには不評のクリーミーなスープですが、私は好きな味、定期的に頂いています。

クリックすると拡大します

 極味家と刻印された麺箱に入っている、四之宮製麺と思われる中太麺。
 前回は固めで食べてみましたが、今夜は柔らかめで、これがとても良い感じ。
 トッピングは厚めの豚バラ巻きチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、うずら一個、色紙切りの長ねぎ。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 刻みタマネギ、白胡麻、容器に「入れると絶好調になります」と貼られているニラからし。
 このニラからしが実にスープに合って心好い、なんだよ、もっと推してよ。

クリックすると拡大します

 セントラルキッチンと思われるスープでも、チェーン店各店で味わいが変わるんだなぁ。
 伺った日が違うので、日ごとに違うんだろうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 東急東横線を巡っての二軒目。
 遅めの夜は、麺 めし処 とんがらし@反町(横浜市神奈川区松本町)へ。
 2022/5/20オープン、立地は反町駅から歩いて数分、魂麺 横浜反町店(2020/9/22-)の跡地。
 店先には店舗の見栄えをまるっきり覆い隠すほど、多くのパウチが張り出されています。

クリックすると拡大します

 これって、単に撮っただけだと「撮った満足感」は得られるけど、観る人へ内容(情報)が伝わらない。
 店内にも多く張り出されているので、抜け落ちのないように、紹介していきます。
 先ずは、店主さんのスキル(職務経歴書)。
 その店での立場、役割が書かれていませんが、追い回しって事はないでしょう。

クリックすると拡大します

 メニューはグランドメニューと日替わりメニューがあります。
 グランドメニューは赤唐つけ麺900円、城ヶ島ラーメン600円、ネギラーメン750円。
 そばとうどんはたぬきときつねが用意されていて、いずれも650円。
 懐かしのナポリタン850円、赤唐定食980円など。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、店主さんに「いらっしゃいませ、お好きな席にどうぞ」と暖かく迎い入れられます。
 2人掛けテーブルが5卓、壁側に座れば大きなテレビがよく観えます。

クリックすると拡大します

 卓上には、ニンニク、酢、辣油、鰹粉、あらびきコショー、七味とうがらし、赤唐つけ麺用激辛唐辛子粉。
 ※「七味とうがらし」って初めて見た、大抵は「七味とうからし」なんだけどな。
 グランドメニューのイチオシを食べる気満々ですが、一応は限定メニューも確認して、と。
 口頭注文後会計、注文を伝えて、セルフでお冷やを汲みます。

クリックすると拡大します

 程なくして、赤唐つけ麺900円
 滑り止めが施されたトレーに乗せられて、運ばれてきます。
 それなりの数のつけ麺を食べてきたつもりですが、トッピングのお皿が奥に乗せられているのは初めて。
 麺丼に差してある焼海苔の方向から、こちらの向きが正しいようです。

クリックすると拡大します

 食器を少し動かし、中細麺を手繰ってつけ汁に漬けていただきます。
 赤さほどは辛くなく、どちらかと言うと魚介の風味を存分に味わえるつけ汁。
 麺量は少なめと案内されましたが、メニューには250gとあり、アラ高には十分な量。

クリックすると拡大します

 トッピングは半身の味玉、わかめ、やまと芋、白ネギ、穂先メンマ、甘辛三元豚、のり、柚子。
 麺やスープと共に楽しむと言うより、麺を食べる合間に楽しむ感じです。
 それでもやまと芋と柚子は、レンゲに乗せたままつけ汁に加えます。
 そうしないと、レンゲが使えません(店員さんに言えばいいのかな)。

クリックすると拡大します

 辛味三元豚はチャーシューの代わりでしょうけど、甘辛さが絶妙で、とっても心好い。
 スープ割りはあるのか無いのか分からず、そのままつけ汁を飲んでしまいました。
 食べ終わったらトレーごと自身で下げ膳、そのまま奥のテーブルでお会計。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記