2022年09月23日

ブルーライン沿いで

/らぁ麺 みつは@中田(横浜市泉区中田東3-1-8)にて京鰹節中華そば(淡口 あっさり)、〆の鰹節ごはん(小)/名代 箱根そば イトーヨーカドー立場店にてかき揚げ天そば/

クリックすると拡大します

 今日はブルーラインで食べ歩く日。
 食べ歩くと言っても殆ど歩かず、電車に乗っているばかりなんですけどね。
 ということで、先ずはラーメン店から。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、らぁ麺 みつは@中田(横浜市泉区中田東3-1-8)公式ツイッター)へ。
 2022/9/13オープン、立地は中田駅3番出口を出て右手すぐ、源泉中田店跡地。
 営業時間は、11:00-14:30 17:30-21:00、10月以降は月曜定休。

クリックすると拡大します

 食後に店主さんに出身を訊くも、色々とやっていた、とのこと。
 それじゃあ製麺所はと訊くと、言えないんです、と。
 そういうことは明らかにしない時代なのに、昭和の男の私はついつい訊いてしまう。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左側の券売機へ。
 メニューは京鰹節中華そば(淡口 あっさり)800円、京鰹節中華そば(濃口 濃厚鶏白湯)850円、
 濃厚鰹つけ麺900円、濃厚鰹辛つけ麺950円。
 ご飯ものは〆の鰹節ごはん小150円、並250円。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲、厨房を囲むカウンター3席と5席、4人掛けテーブルが2卓、計16席。
 飲食店の営業に慣れているように見える店員さんが2人、テキパキと働いています。

クリックすると拡大します

 「そちらの席へどうぞ」と案内され、カウンター1番席へ。
 卓上には黒煎り七味。
 カウンター席はパーティションで仕切られ、全てに席に調味料とピッチャーが置かれています。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がるまでの間、当店のこだわりを読みます。
 スープは2種類、麺は3種類、チャーシューは2種類、新規オープンでもここまで用意する時代になったのか。

クリックすると拡大します

 程なくして、京鰹節中華そば(淡口 あっさり)800円〆の鰹節ごはん(小)150円
 スープは鰹節出汁と鶏白湯のブレンド、鰹節出汁多めが「淡口」、鶏白湯多めが「濃口」。
 京鰹節のスープは経験が殆どありませんが、そういうことじゃなくて、このスープはとても美味しい。
 やや肌寒い陽気に合わせた温度帯も素晴らしく、気軽にこのスープを味わえる地のお客さんが羨ましい。

クリックすると拡大します

 細麺は艶かしい仕上がりで、淡口スープに最適化されている印象。
 スープの種類だけ麺を用意できないので、平均的な麺を用意してしまいがちですが。
 こちらではスープの種類だけ麺を用意しているので、スープの出来に合わせた麺の茹で加減も調整できる。
 チャーシューは真空低温調理の豚肩ロースと豚バラの2種類、筍、アーリーレッド、三つ葉。

クリックすると拡大します

 麺を殆ど食べたところで、〆の鰹節ごはん。
 このサイズで小なんだ、ラーメンを合わせて1,000円以下だったので躊躇したけど、小で正解。
 山葵は最後に使うんだろうけど、初めから使っちゃうもんね。

クリックすると拡大します

 ごはんに山葵を乗せて、残ったラーメンスープを回し掛けます。
 写真が下手で、刻み海苔が乗っているとどうしても綺麗に撮れません(すみません)。
 それはそれとしてお茶漬けは美味しい、山葵が良い感じ。

クリックすると拡大します

 早めの昼食とばかりに前客5人に後客は1人、既に地のお客さんに認識されていますね。
 これから限定メニューをリリースしていくとのこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店から歩いても16分だったので、歩く気満々でしたが。
 雨が降ってきたんだよね、残念。
 ということで、ブルーラインで一駅、立場駅のイトーヨーカドーへ。

クリックすると拡大します

 お昼は、名代 箱根そば イトーヨーカドー立場店へ。
 1階のフードコートへ2021/10/26にオープン。
 小田急線沿線ではない場所にある箱根そば。
 二駅隣の湘南台駅にも箱根そばがありますから、知っているだけではなく食べたことがあるお客さんも多そう。

クリックすると拡大します

 メニューは見慣れているので、食券を買う行列に並びながら、たまにはかつ丼を食べてみるかと妄想。
 いやいや、ここは季節限定メニューだろ、それはそれとしてかつカレーもたまにはどうだ。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式券売機は、箱根そばで導入されている券売機の中では最新式。
 他店に設置されているのは交通系ICカードまでの対応ですが、こちらはクレカやQRコードも対応されています。
 しかし500円前後のお蕎麦をクレカで買うかな、買うか。

クリックすると拡大します

 券売機で発券されるのは食券ではなく引換券、つまり注文は厨房に通っています。
 調理の間に座る席を探さなければならないのに(席を確保してから並ぶべき)、ボケッと調理を眺めていて。
 お蕎麦が出来上がってお箸を取る段階で、座る席が無いことに気が付く。
 しばしうろうろする、アラ高な私。

クリックすると拡大します

 かき揚げ天そば470円
 寒めの陽気なので温かいかき揚げそばを食べて、暖まります。
 レシピも食材も全店共通だと思われますが、店舗によってここまで蕎麦つゆの味わいが違いますか。
 随分とすっきりした味わいで、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ここでお蕎麦も美味しければって話しですが、、茹で置きはいただけませんな。
 早く提供した方が良いことは分かるけど、茹で置きしてまで時短するのはやり過ぎに思います。
 まま、1,000円以下のお蕎麦にやり過ぎもなにもないか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記