2022年09月30日

最後の東陽町

/中華料理 吉利@木場(江東区木場)にて五目ラーメン+半チャーハン/麺やラチエン通り@中央林間(大和市中央林間)にて新白醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 今月で東陽町勤務が終了の予定。
 未来のことは何も決まっていないと言うのは簡単だけど、決めるのは自分ですから。
 仕事は大切でお金が無ければ生きていけないけれども、生きていさえすればいいのだろうか。

クリックすると拡大します

 職場から近い未食のラーメン店をネット検索して、伺ってみると、原状復帰されていてもぬけの殻。
 こうろく@江東区木場6-7-14、いつから営業を始め、いつ営業を辞めたかは分からないけど。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華料理 吉利@木場(江東区木場)へ。
 2008/11/15 「中華 東華園」から「中華 芝苑」へリニューアル
 2014/11/19 「谷記 木場7号店」へリニューアル
 2022/ 6/ 1 「中華料理 吉利」へ店名変更

クリックすると拡大します

 数え切れないほど料理がありますので、ランチタイムは料理を絞って営業されています。
 全部は紹介しきれないので(メモを取ってこなかったかだけですが)、ラーメンメニューだけ。
 ラーメン+半チャーハン700円、ラーメン+マーボー丼750円、豚肉入り野菜麺+半チャーハン800円、
 むし鶏のネギソースかえ麺+半チャーハン850円、五目ラーメン+半チャーハン850円。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、私はたまたま直ぐに座れましたが(テーブル席へ相席)、後のお客さんは外待ち。
 「こちらへどうぞ」と、ジャスミンティーが注がれたコップが置かれた席へ座ります。
 口頭注文後会計、殆どのお客さんは番号で注文、一部のお客さんは日本語以外(中国語?)で注文。
 席配置はカウンター6席、テーブルは4人掛け4卓、6人掛け1卓、小上がり8席、計36席。
 卓上には白胡椒、辣油、酢、醤油、耀盛號 鎮江香醋、、自家製ラー油。

クリックすると拡大します

 ラーメンとチャーハン(半チャーハン)のセットメニューの場合、
 先にラーメン、先にチャーハン、同時、のどれで提供されるかが楽しみ。
 こちらでは半チャーハンが先、、この量で「半」だと「全」の量が気になる。
 まま、何をもって半とするかはお店の自由ですし、半をどう感じるかは客側の勝手。

クリックすると拡大します

 中華料理店ですからステンレス製のスプーンが添えられ、頂いてみると一体感のある美味しさ。
 もっと一体感がある味わいに構えていたので、「まとめて調理された直後」的な食感にラッキー。
 まま、出来たてが一番美味しいとは限らず、少し落ち着かせた方が美味しく感じる料理もありますし。

クリックすると拡大します

 半分ほど食べてから五目ラーメン、単品850円ですので、ランチは半チャーハンがサービスの位置付けかな。
 五目といいながら十目以上の五目ラーメンが多いですけど、こちらも十目以上はありますね。
 豚バラ肉に白菜や葱、人参などの野菜、ウズラの玉子が入っているのが嬉しい。
 野菜餡かけが全体を覆うように掛けられていますが、スープは中華料理店の王道的な味わい。

クリックすると拡大します

 中華料理店の王道的な中細麺、製麺所はなんとなく想像できますが、未確認です。
 五目には海老や烏賊も入っていて、一口ずつ違う味が楽しめます。
 なんなら味変でも思いましたが、白胡椒を掛けてもなぁ。

クリックすると拡大します

 とにもかくにも安ければ「コスパがいい」と言われる現代、何をもって適正価格とみなせばいいだろうか。
 少し歩いた永代通りには数え切れないほど飲食店があっても、たった数分近い立地でも十分繁盛しています。
 安いだけでは無く、美味しいだけでは無い、この店だけの魅力がお客さんを惹きつけるのでは無いでしょうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、麺やラチエン通り@中央林間(大和市中央林間3-4-18)公式ツイッター)へ。
 2022/9/1オープン、藤沢市遠藤にある夢中の姉妹店。
 店名を「夢中 中央林間店」ではなく、店長さんの生まれ育った土地の「ラチエン通り」にしたのだろうか。
 ネット情報を探すと、ラチエン通り自体の説明ばかりで、ラチエン通りを店名に付けた理由を見つけられない。
 私ってホント、ネット検索が下手くそですね。

クリックすると拡大します

 店先に営業時間が貼り出されています。
 また、香味油には鶏油と生姜油のブレンドを使用しているけど、海老油の香味油に変更できるそうです。
 初めて伺って食べてもいないのに「香味油を海老で」というお客さんはいないだろうから、再訪されるお客さん既にいるってコトですね。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買います。
 メニューは白醤油らーめん、新白醤油らーめん、塩らーめん、正油らーめん、中華そばが850円。
 ※ちなみに、夢中では800円。
 つけ麺は950円、うす削りの鮪節がトッピングされた和風は900円。
 味噌はつけ麺にだけ用意されていますが、売り切れ中。
 ご飯ものは味玉チャーシューご飯300円、小200円、卵かけごはん。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターが背中合わせに用意されていて、片方は厨房向きに3席、壁向きに5席、計8席。
 壁向きの席に案内されたので、厨房の様子や調理の所作は全く伺えず。
 各席にパーティションが設置されていますが、いずれ撤廃されたら席数も増えるのかな。
 卓上には酢、白こしょう、一味唐からし。

クリックすると拡大します

 程なくして、新白醤油ラーメン850円
 今風の麺相に比べてかなり寂しい盛り付けに感じ、見た目だけだと「これで850円??」と感じる人もいそう。
 スープは鶏ガラベースに白醤油主体の醤油たれ、新白醤油の方は薄口醤油をブレンドしているそうです。
 奥深い味わいの底には塩やの面影が見え隠れして、好みとするお客さんの幅が狭そうです。

クリックすると拡大します

 細麺は菅野製麺所に思われますが、この製麺所もネットで見つけられず、自身のネット検索力の低さに愕然。
 スープとの相性に少しズレを感じますが、あくまでの私個人の感想です。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシュー、メンマ数枚、水菜。

クリックすると拡大します

 取り立てて美味しいわけではない、特別な食材や卓越した調理技術を駆使しているわけではない。
 だけれどもこの味わいはこの店に来ないと味わえず、店主さんの顔がはっきり見えるらーめん。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記