2022年11月14日

新しい油そばの形

/油そば専門 清水家 向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸2737-5)にて油そば(並)、煮干し油飯/

クリックすると拡大します

 仕事を終えて、帰宅途中に途中下車した向ヶ丘遊園駅。
 ナンタラ大学前駅なのにナンタラ大学は既に移転、と同じように、向ヶ丘遊園は既に閉店されています。
 それはそれとして、森井向ヶ丘遊園店、定休日でも無いのに全く生気が感じられず。

クリックすると拡大します

 早めの夜は、油そば専門 清水家 向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸2737-5)公式サイト)(公式ツイッター)へ。
 船橋店(2022/6/11-)に続く2号店として、2022/11/3オープン。
 千葉県柏市を中心に王道家を展開するグループの、油そば専門店。

クリックすると拡大します

 オープン日の11/3は200食無料提供、11/4はくじ引き抽選会がありました。
 行きたかったんですけど、行かれず無念。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、左手に券売機。
 メニューは油そば780円、煮干し油そば850円、麻辣油そば850円。
 いずれも並盛、中盛、大盛が同額。
 ご飯物は油飯300円、煮干し油飯300円、味ネギチャーシュー飯300円。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むU字カウンター4席、5席、5席の14席。
 食券を買うと、「こちらの席へどうぞ、お水はセルフでお願いします」と案内されます。
 前客10人、後客10人、オープン景気が醒めやらないか、既に地に根付いたか。

クリックすると拡大します

 卓上には刻みしょうが、一味、ブラックペッパー、油そばタレ、ラー油、酢、マヨネーズ、にんにく。
 箸は割り箸だけなんですね。

クリックすると拡大します

 油そばの食べ方を読みながら、油そばの出来上がりを待ちます。
 本来、油そばは「提供されたら直ぐに辣油と酢を掛ける」麺料理でした。
 その後、差別化もあって「辣油と酢はお好みで」も登場し、裾野が広がっていきます。
 どちらが良いと言うことでは無く、どちらも良い、こちらは本来系になります。

クリックすると拡大します

 程なくして、油そば(並)780円、煮干し油飯300円
 食べ方に従って、麺同士がくっつかない温かいウチにラー油と酢を回し掛け、全体を混ぜます。
 丼に底に沈められているのたれと麺に上手く絡まず、麺がややゼブラ模様。

クリックすると拡大します

 王道家謹製の太麺はとても美味しく、茹で加減も適切でとても良い感じ。
 こうして麺を食べ始めると、ああ、身体のことを考えて並盛りにするんじゃ無かったと後悔。
 トッピングは細切りチャーシュー、メンマ、薬味ネギ、刻み海苔。
 どれ一つとして麺に絡みませんが、それはそれで新しい食感を楽しみます。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 様々な組み合わせで味変できますが、今夜はショウガとニンニクで。
 ショウガは細切りで麺にあんまり馴染みませんが、ニンニクは風味が弱めでちょっと残念。

クリックすると拡大します

 ご飯ものが3種類用意されていたので、その中で煮干し油飯を。
 上から、煮干したれが掛けられています。
 レンゲは無いのかなぁ、と見渡すも見当たらないので、お箸で頂きますか。

クリックすると拡大します

 油そばの麺をご飯に取り替えたようなご飯もの。
 トッピングもたれも麺に最適化されているので、固めに炊かれたご飯ものにはいまひとつ。
 次回は少し食べ方を工夫してみるかな。

クリックすると拡大します

 油そばはつけ麺同様、麺の美味しさが直接味わえますので、麺が美味しい店が勝ちます。
 王道家謹製の太麺、間違いないでしょうね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

町中華と月島もんじゃ

/大和家@藤沢市藤沢にてワンタン、餃子、タンメン、チャーハン/月島もんじゃ こぼれや 本店にて【絆コース】/

クリックすると拡大します

 週に寝坊ができるのは二日だけ、目覚まし掛けずにゆっくりと起きると、いつもの時間。
 早起きは三文の得ってことた。

クリックすると拡大します

 お昼は、大和家@藤沢市藤沢へ。
 飲み友に一緒に行きましょうと誘ってもらって、一週間前に二人の心の中だけで予約。
 開店前に店先で待ち合わせて、しばらくご歓談していると、暖簾が出ていないお店に「自宅に帰るように」入っていくお客さんがいて。
 良いですなぁー、町中華はこうでないと。

クリックすると拡大します

 店内はいわゆる昭和の佇まい。
 平成元年は1989年ですから、33年以上営業されていないと、エセ昭和になります。
 こちらは50年以上営業されたガチ昭和、、とは言え、一度移転されているそうです。

クリックすると拡大します

 壁に貼られたメニューは絵画ですから、卓上のメニューを読む必要があります。
 がしかし、メニューなんて見ないで、ラーメン、ギョーザ、ワンタン、チャーハン、って言えばいいだけ。

クリックすると拡大します

 ランチタイムは混み合うので、とんかつ、エビウマニ、酢豚、カニ玉は13時以降の販売。
 飲類の生酒600円、酒(2級)350円がもの凄く気になる。

クリックすると拡大します

 卓上には辣油、酢、醤油、胡椒。
 店内は厨房を囲むL字カウンター4席と2席、4人掛けテーブルが3卓、奥に小上がりがあります。

クリックすると拡大します

 ワンタン500円
 中華麺とワンタン皮、餃子の皮は自家製、創業当時は自家製が当たり前だったのだろうけど。
 ワンタンは皮を楽しむのと、餡を楽しむのとに分かれますが、こちらは皮を楽しむ正統派。

クリックすると拡大します

 これまで私は、皮を楽しむワンタンの最高峰は酒田の満月だと思っていました。
 その酒田に行く前に、大和家でワンタンを食べていたら、、、
 これから酒田(または三鷹)に行こうと思っているアナタ、先ずは大和家でワンタンを食べるべき。
 酒田に行かなくて済みます(笑)

クリックすると拡大します

 餃子450円
 キツネが真似るほど黄金色に焼かれた、いわゆる棒餃子。
 コスパとか吹き飛ぶ、この大きさとこの値段。

クリックすると拡大します

 パリッと皮が割れると、パッと甘味が広がる。
 この、ほんの30秒にも満たない幸せは、店主さんが50年掛けて繋げてきた時間。
 日本中の餃子好きに食べにきてもらいたけど、お店が混むので、来ないでね(笑)

クリックすると拡大します

 タンメン600円
 ハクサイやモヤシなど麺より多い野菜が煮込まれていると思ったら、麺はもっと多い。
 自身の心情がそのまま山と川になる枯山水にも似た一杯、食べ手の感性が試されますなぁ。

クリックすると拡大します

 わー、野菜がたっぷり、あっさりした鶏ガラ出汁のスープが美味しいー、の先の先。
 この風景が見たくて、私は20年ほど掛けて12,000杯のラーメンを食べてきたんだな。
 ラーメンは豚ガラ、鶏ガラ、人柄。
 まんまじゃねーか。

クリックすると拡大します

 チャーハン600円
 二人で食べることを見越してなのか、見越さなくてもそうなのか、多めに見える飯量。
 添えられた柴漬けの薄紫がなんとも言えない風合いじゃんね。

クリックすると拡大します

 食感はパラパラとしっとりのバランス型、美味しいなぁ。
 今日は友人とシェアしたので遠慮して二口だけだったけど。
 いつかは一皿食べた先の景色を見てみたい。

クリックすると拡大します

 食後にゆっくりできるほどお店は空いていないので、そそくさとお会計。
 「ご馳走様でした。大将、頑張ってください」に続けて、「ご馳走様でした。あんまり頑張らないでくださいね」と告げる私。
 仕事だけが人生ではありません、休みを取りつつ、営業を続けてください。
 大森に和みて春の家路かな、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 最近知り合った飲み友と飲んでいる時に、もんじゃ焼きを食べに行こうと言う話になり。
 自分達では焼き方が分からないので、店員さんが焼いてくれる店にしようと言う話になり。
 気が変わらない内に、スマホで予約。

クリックすると拡大します

 今夜はもんじゃ焼き、月島もんじゃ こぼれや 本店公式ホームページ)へ。
 通りには予約のお客さん、飛び込みのお客さん、様々なお客さんがひっきりなし行き交っています。

クリックすると拡大します

 4人席に案内され、メニューを眺めるも、さっぱり。
 焼き方が分からないだけでなく、料理の特徴や食べ方も分からないので、店員さんと相談して決めることにしました。
 料理の量も分からないと店員さんに伝えると、2人専用コースを食べてみて、追加するのがよろしいかと。

クリックすると拡大します

 とのことで、2名様専用特別コースの【絆コース】4,389円(二人前)、にしました。
 代表的なもんじゃを2種類、お好み焼きが1枚、最後に甘味が付きます。
 もんじゃの前に鉄板焼き、食べ終わってお腹に余裕があれば焼きそば、が定番とのこと。

クリックすると拡大します

 ちなみに、こちらのお店でのもんじゃは、13種類。
 まあ、食材毎に細かく調整することもできるだろうけど、この13種類がこの店の考え方。

クリックすると拡大します

 まず生ビールで乾杯。
 今夜は月島で2人お疲れ様会、いやぁー、ビールは肌寒くなって飲んでも美味しい。

クリックすると拡大します

 一品目は悩みに悩んで決めた、広島県産 牡蠣1,089円。
 殻は食べないけど、殻に乗せられた牡蠣が4つ、運ばれてきます。
 店員さんから「バター醤油がオススメです」と案内され、案内されるままに。



クリックすると拡大します

 鉄板は綺麗にしたばっかりなので、素人の我々が焼いても綺麗に焼けます。
 焼き立ての牡蠣はこんなにも美味しい。

クリックすると拡大します

 1枚目のもんじゃ、昔ながら。
 お椀に入ったもんじゃの素を少し早めに運んできてくださり、気分を高めてくださいます。
 食材を空気に馴染ませる意味もあるんだろうなぁ。



クリックすると拡大します

 少しすると店員さんが、丁寧に焼き上げてくださいます。
 手慣れた調理、焼き上げて全体に広げたら、端っこからヘラでいただきます。
 随分前に食べた記憶だと、もっと味が薄かった気がするけど。
 食材や出汁にこだわったもんじゃ、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ソースせんべいに乗せて食べてみます。
 濃い味付けのもんじゃと相まって、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったので日本酒。
 芳醇だったり、淡麗だったりするのも合わせやすいだろうけど。
 こんやはひとつ、男山でいこうかと。

クリックすると拡大します

 日本酒を注文する時にメニューを開いたので、目に付いた料理も合わせて注文。
 胡瓜のたたき 南高梅和え539円。
 温かい料理が中心ですので、アクセントに冷たい料理を食べてみることにします。
 胡瓜の食感と、梅肉と酸味が、とても心地よい。

クリックすると拡大します

 2枚目のもんじゃ、月島咖哩。
 もんじゃ13種以外、「2名限定の絆コース」か「5名以上の月コース」でのみ提供される、隠しもんじゃ。
 食べ応え十分に魚介がたっぷり入っていて、焼いている時にカレー風味と魚介の香りが、堪りません。



クリックすると拡大します

 頂いてみると、構えていたほどカレー風味は強くなく、あくまでも素材と出汁が味わえるもんじゃ。
 2枚目のもんじゃですが、味の方向性が1枚目と真逆で全く飽きることがありません。

クリックすると拡大します

 次はお好み焼き。
 お好み焼きは3種類あり、そのいずれでもないコース専用の、あさり葱チーズ天
。
 丁寧に混ぜ合わせ、暫く片面から温めます。
 途中でひっくり返し、両面から焼き上げたら、マヨネーズを掛けて出来上がり。



クリックすると拡大します

 ヘラで約四等分、してと。
 山芋多めの生地は驚くほどふっくらした仕上がり、美味しいですなー
 食べ終わったことを見計らって、追加はございますか?と店員さんに訊かれ、丁重にお断りします。

クリックすると拡大します

 甘味として、こぼれやのわらび餅。
 お茶を飲みながら甘味をいただく。
 美味しいもんじゃ焼きに美味しいお酒を、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記