2022年11月16日

サンチャでシースー

/しぶそば 溝の口店にてくわいのかき揚げそば/三軒茶屋 鮨かんてら/

クリックすると拡大します

 駅降りて コートの襟立て うすもみじ
 まー、紅葉じゃないんだけど、そう堅いこと言わずに。
 仕事が急がしてく紅葉狩りにも行けやしない。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、しぶそば 溝の口店公式ホームページ)へ。
 そこはかとなくお昼移動、久し振りのランチ外食は駅そば。
 しぶそばって少しずつ訪問していて、二子玉川店、武蔵小杉、蒲田に続いて4店め。
 食べログ未登録でもう数軒は訪問しているけど、ひととおりやり直しておこうかと。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手にタッチパネル式券売機が2台。
 現金以外にも様々な電子マネーに対応されていますが、交通系ICカードが使えれば、それだけで助かります。
 ゆで太郎と違って、2台とも高額紙幣対応機。
 買った食券には番号が印刷されていて、半券を持って席に座って呼び出しを待ちます。

クリックすると拡大します

 席配置は6人掛け相対カウンターが4卓、奥に壁向きカウンターか6人分ほど。
 調味料はテーブルにはなく、受付の近くに用意されているので、掛けるなら受け取ってすぐ。

クリックすると拡大します

 程なくして番号を呼ばれ、くわいのかき揚げそば490円
 ネギが別皿なのは、トングか箸で事前に盛り付けてあるからなのかな。
 新そばに切り替わったお蕎麦は風味豊か、味わい慣れたしぶそばのもり汁によく合って美味しい。

クリックすると拡大します

 蕎麦を手繰りながらワカメを頂き、かき揚げを割ってもり汁に浸けます。
 ゆで太郎のかき揚げに比べるとふわふわ感が弱めで、どちらもいいとかではなく、どちらもいい。
 始めはもり汁に軽く浸けて楽しみ、後半はたっぷり漬けて楽しみます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は三軒茶屋 鮨かんてらへ。
 とある会で小松オーナーさんと知り合いになり、店舗リニューアルの際に「伺います」と勢い込んで、早一年。
 夜は2回転、早い会が満席でしたので、遅い会を予約し、飲み友を拝み倒して伺いました。

クリックすると拡大します

 以前は18席あったコの字カウンターを、8席のストレートカウンターに改装されたとのこと。
 コロナ禍の影響もあってのことでしょうけど、なんとしても生き残る作戦、功を奏された様です。

クリックすると拡大します

 口濡らしはビール、今夜のビールはヱビスビール生。
 今夜は三軒茶屋で二人お疲れ様会。
 ウスハリのグラスで飲むビールは格別ですなー

クリックすると拡大します

 卓上には、今や遅しとガリが用意されています。
 多くのお鮨屋では、「これから握りますよ」のタイミングでガリを出されます。
 大抵のお鮨屋のガリは一種類ですが、こちらでは竹生姜、新生姜、さらにゴボウやザーサイも用意されています。
 舌をサッパリさせるとか、何かの殺菌とは関係なく、一品料理ですね。

クリックすると拡大します

 浜名湖産浅利と青海苔の酒蒸し
 先ずはお腹から温まり下さいと、お椀から。
 そんなに熱くありませんが、飲めばポカリと温まる酒蒸し。

クリックすると拡大します

 気仙沼の平目
 低いカウンター台(高い仕切り台)がゲタになっていて、布巾で綺麗にしつつ、切り身を置いて下さいます。
 僅かな熟成を感じるねっとりとした食感に、ほんのりとした甘味が、とても心好い。

クリックすると拡大します

 赤貝のひも
 大好きな赤貝、さらに好きな貝ひも、こんなにも嬉しい。
 久し振りに頂いたので、しばし無言で味わう。

クリックすると拡大します

 北海道産の新秋刀魚
 炙り加減が絶妙で、とても心好い。

クリックすると拡大します

 島根のさわら
 皮目が炙ってあり、先の切り身との繋がりを感じ、次の日本酒へ繋がる。

クリックすると拡大します

 茨城の蔵元である来福酒造が醸す「来福(らいふく)」純米酒 R4BY。
 日本酒はリストさえ無いので、完全にお任せ、いや、好みを言えば合わせてくれそうだけど。
 きっちり冷してあるけど、瓶に水滴一つ付いていないのが素晴らしい。

クリックすると拡大します

 羅臼産鱈の白子
 昆布だしに漬け、仕上げに自家製の橙酢を掛けてあります。
 色々な白子を味わってきましたが、個人的にもの凄くクオリティが高い。

クリックすると拡大します

 鹿児島産コダイの昆布〆
 全般的に昆布〆での仕事が多く、それでいて飽きさせないキレの良さ。

クリックすると拡大します

 北海道長万部産北寄貝
 貝は選りすぐった大きさで、多めに入れた包丁で貝の旨さが香り立ちます。

クリックすると拡大します

 愛知産目光
 こんな小さい魚に、こんな丁寧に仕事してあるのは素晴らしい。
 一尾半、半分ずつ大切にいただきます。

クリックすると拡大します

 赤身のヅケ
 ここから握り、ネタに合わせてシャリが2種類用意されていて、先ずは赤酢。

クリックすると拡大します

 秋田の蔵元である秋田醸造が醸す「ゆきの美人」純米酒 R4BY。
 飲み慣れていない銘柄ですけど、まあ、美味しいわ。

クリックすると拡大します

 佐賀のコハダ
 すっと二本の包丁がカミソリのように綺麗、一口で食べるのが惜しいほどのキレ。

クリックすると拡大します

 赤貝昆布締め
 シャリを感じさせない大きい赤貝、大好きな赤貝、場所によって味わいの違う赤貝。
 できることならお代わりしたかったけど、できるわけないでしょ。

クリックすると拡大します

 茶碗蒸し
 兵庫県香住町(かすみちょう)産セコガニを使った茶碗蒸し。
 こんな美味しい茶碗蒸し、食べたこと無いです、はい。

クリックすると拡大します

 長崎の車海老
 単に焼いただけの車海老も美味しいけど、昆布締めした車海老も美味しい。
 一口で食べられないほど大きいけど、一口で食べる。

クリックすると拡大します

 金真鯛
 しっかり締まった身を楽しめる様に包丁を入れ、味わい深く。

クリックすると拡大します

 富津のスミイカ
 スミイカに炭塩をあしらい、米酢のシャリを合わせた握り。
 どれもこれも美味しい。

クリックすると拡大します

 スミイカのゲソ焼き
 切り身と焼きを両方楽しめる嗜好、楽しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 富山の蔵元である富美菊酒造が醸す「羽根屋 煌火(はねや きらび)」純米酒 R4BY。
 羽根屋を飲むのは久し振りで、煌火は初めてだな。
 どれもこれもお鮨によく合って、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 雲丹の軍艦巻き
 もちろん雲丹も食べますよ、溢れそうじゃないですか。

クリックすると拡大します

 トロ
 大トロでも中トロでもなくトロ、しかも終盤。
 きっと理由があるんだろうけど、聞きそびれました。

クリックすると拡大します

 雲丹ご飯のイクラ乗せ小鉢
 この辺りで小松オーナーがいらっしゃって、大笑いしながら盛り上がってしまい。
 前回お目にかかったときは言葉を交わした記憶が無いけど、今夜はたっぷりお話ができて嬉しい。

クリックすると拡大します

 穴子
 江戸前ではないけど江戸前を踏襲し、穴子は外せません。
 食べやすい大きさに煮切りを塗って、ペロリと一口で美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 たまご
 カステラのようなしっとりタイプで、ほんの一口分。

クリックすると拡大します

 お味噌汁
 蟹とか海老とか魚介たっぷりの味噌汁、思いっきり濃厚。

クリックすると拡大します

 ラフランス
 小皿ではなくゲタに置かれ、こうなると箸ではなく手で直接もって頂きます。

クリックすると拡大します

 最後にお茶を飲んで。
 たまたま同席されたお客さんが誕生日で、シャンパンが振る舞われ、突然の合唱が始まったりして。
 美味しいお鮨、美味しい日本酒、楽しいサプライズ、どれもこれもご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記