2022年11月18日

三度目の潟潟ヤ

/爽亭 JR登戸駅(改札外)にて紅生姜天そば/三度目の潟潟ヤ/

クリックすると拡大します

 朝は爽亭 JR登戸駅(改札外)へ。
 経営母体は、株式会社ジャパン・トラベル・サーヴィス
 何度か伺ったことがありますが、随分と久し振りに伺ってみました。

クリックすると拡大します

 店先にレギュラーメニューが掲げられていて、限定メニューは立て看板に掲げられています。
 かけ310円、桜エビかき揚げ天480円、などなど。
 メニューに番号が振ってあるので、その番号順にボタンが並んでいるのかな。
 でも欠番もあるし。

クリックすると拡大します

 店内に入り右手壁側に券売機。
 店外のメニューには4番が無かったんだけど、券売機では春菊天。
 あれっ、春菊天は店外のメニューにもあったぞ、8番じゃん。
 つか、券売機のボタンの場所からしたら、8番が自然で、4番はおかしいけど謎は深まるばかり。

クリックすると拡大します

 買った食券を受付に出すと、「お蕎麦ですか?」と訊かれるので、「お蕎麦です」と答えます。
 店内は完全立ち食いスペース、厨房を囲む方が4席、壁側が4席、くらいかな。
 調味料はゴマと七味かな。

クリックすると拡大します

 「紅生姜揚げのかた〜〜」と呼ばれて受け取ってきた、紅生姜天そば470円
 しまった、こちらでは無料でネギ増ししてくれるだった、、、
 関西だと刻まずに一枚物の紅生姜の天ぷら、関東では刻み紅生姜の天ぷら。
 ああ、また関西に行って一枚物のを食べたい、関東で食べられる店、ないのかな。

クリックすると拡大します

 お蕎麦はイマイチ、イマイチだけれどもお蕎麦の味だけが料理の全てではありませんし。
 蕎麦つゆはあっさりめで馴染みやすく、老いも若きも、オトコもオンナも、程々に食べられます。
 紅生姜の酸味が少しずつ広がって、途中からお酢を入れた様な味わいが、とても心好い。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、今夜は三度目の潟潟ヤ
 実はこれまでの2回、2回ともまともに帰れていない。
 日本酒が多過ぎるのだ、いや、日本酒が旨過ぎるんだな。

クリックすると拡大します

 世の中のすう勢に抗うことなく席数が減っていき、現在は6席。
 そこそこの飲食店に伺っているつもりでも、
 5個のお猪口がとボトル一本のお冷やが置かれたテーブル、
 この店以外で見たことがない。

クリックすると拡大します

 無条件で注がれるクラフトビールで、乾杯。
 お酒が飲めない人はどうするんだろうと考えるけど、お酒が飲めない人と来たことがないので分からない。
 グイグイ飲んでいると、海外のクラフトビールは冷やさないで常温保管で十分とのこと。
 なるほどねー

クリックすると拡大します

 前菜。
 モツのトマト煮、パン、甘酢漬けした菊、ながらみ、平茸のガーリック炒め、ピータンとえんたん(塩漬けした卵)、鶏皮のカレー風味、ちぢみほうれん草。

クリックすると拡大します

 前菜に合わせる日本酒は二本。
 奈良の蔵元である倉本酒造が醸す「KURAMOTO(くらもと)」純米酒 R4BY。

クリックすると拡大します

 奈良の蔵元である今西酒造が醸す「みむろ杉 ろまん 華きゅん」純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ R3BY。
 お酒の説明をしていると切りが無いので、説明はkの二本だけ。

クリックすると拡大します

 続けて蟹。
 脚と身と卵、角切りの生姜と酢橘が添えられています。
 調理人の手間を考えると一瞬で食べてしまうのが勿体ないけど、一瞬で食べます。

クリックすると拡大します

 こちらどうぞと、残った蟹の骨というか皮の部分を日本酒で煮込んで。
 アルコールは殆ど飛んでしまっていますが、このスープがメチャクチャ旨い。

クリックすると拡大します

 油揚げ巻きのあん肝。
 全体にじんわりと火が入ったミディアムレアのあん肝、恐ろしく旨い。
 あん肝をこんな調理方法で食べたことはないし、こんな美味しいあん肝は食べたことが無い。
 掛けられたソースがさらに美味しい。

クリックすると拡大します

 天然平目とハガツオ、ホタテ。
 卵黄を全体に馴染ませて頂く、美味しいですなぁ、どれもこれも美味しい。

クリックすると拡大します

 北海道産ニシン、オス。
 頭からかぶりつくニシン、炭火ではなく鉄板焼きですからね。

クリックすると拡大します

 栃木の蔵元である相良酒造が醸す「朝日栄(あさひさかえ)」純米吟醸 R4BY。
 殆ど流通していないけれども、来年流行ると予想されている日本酒。
 調べてみたら、近所に正規取扱店があるじゃないか。

クリックすると拡大します

 タコ。
 雑味や苦味を敢えて取り除かず、そのまま煮込んであり、これがまた旨い。

クリックすると拡大します

 ニシンの海苔巻き。
 でも鉄板焼き、卵は燻製してから巻いてあります。
 これまた旨い、日本酒もメチャクチャ進みます。

クリックすると拡大します

 何かを豚バラ肉で巻いて、鉄板焼き。
 お好み焼きとかもんじゃのように派手なパフォーマンスはなく、じっくりと火を通します。

クリックすると拡大します

 白子の豚肉巻き。
 胡椒を利かせてあって、とろりと逃げるような食感の白子。

クリックすると拡大します

 あわび。
 生じゃなくて燻製してあり、これ以上は有り得ないほど凝縮された旨み。

クリックすると拡大します

 店主さんが「ビリヤニ、食べたい人、いますかー」、全員で「はーい」。
 初めて食べるのでググると、「インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯」とのこと。
 パクチーたっぷりで、メッチャ美味しい。

クリックすると拡大します

 ここでラーメン。
 魚介たっぷりの出汁を利かせた、逆に言うとたれを使っていない見たいな。
 難しく考えないで美味しいスープは美味しい、で良し。

クリックすると拡大します

 太麺は自家製麺、まあ、人数分だけ打てばいいんだろうけど、そこまでやるのが凄いよね。
 固めの茹で加減でしたが、とても心好い味わい。

クリックすると拡大します

 麺を少なめにした人がいるので、私にだけ替え玉が回ってきた。
 もちろん、美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 最後に白和え。
 ちょっと記憶が薄いので、何の白和えかは思い出せない。

クリックすると拡大します

 途中から店主さんのトーク爆発、日本酒を出すときに味見していることもあって、かなり饒舌。
 美味しい料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記