2023年05月07日

三重で日本酒購入

/ホテルでモーニング/太田屋で日本酒購入/あかつき一宮本店@愛知県一宮市今伊勢町にて特製らぁめん(豚骨)、チャーハン小/

クリックすると拡大します

 GW九日目。
 いわゆるひとつの、大型連休最終日。
 殆どの旅は帰るために出掛けるのですが、今回の旅は最終日に酒屋へ。
 ホテルでモーニングを食べて、、このホテルはチェックアウト不要なんだ。

クリックすると拡大します

 ほぼほぼ昨夜のイベント会場まで戻って、箕田駅から徒歩5分。
 清水清三郎商店では、10年くらい前から日本酒の直販を辞めてしまいました。
 ので、クルマだったら蔵元から5分くらいの、太田屋公式ホームページ)へ。

クリックすると拡大します

 作専門店と呼んでも言いすぎでは無いほど、ザク、ザク、ザク。
 「蔵元でしか買えない」銘柄も幾つかあって、なんなら宅配便したいですな。
 でもまあ、現実にはそんなに飲めないので、私は自分のお土産として1本だけ購入。

クリックすると拡大します

 撮影許可を得たので、あちこち撮ってみる。
 こちらはお土産コーナー。

クリックすると拡大します

 こんな感じで目一杯の作。
 とはいえ、同じ銘柄があちこちに散らしてあるとも言えます。

クリックすると拡大します

 店員さんと色々とお話しさせていただき、小一時間。
 また来ることがあるだろうか、あるだろうな。
 帰り際に駐車場に設置されている自販機を見たら、そこでも作を売っています。
 地元の人はいつでも飲めるんだな。

クリックすると拡大します

 帰りの新幹線まで余裕があるので、ツイッターでフォローしていただいているラーメン店巡り、愛知県編。
 通し営業であることを確認してお店に向かうと、店内真っ暗で、あらー、通し営業のはずなんだけど。
 店員さんが出てきて、「1時間前から停電なんです。復旧見込みは不明です」と。
 いゃー、、停電で臨時休業とは、私の20年ほどのラーメン食べ歩き人生でも、初めて。
 とはいえこのまま引き下がるのもナンなので、近くで1時間ほど時間を潰して再訪。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼はあかつき一宮本店@愛知県一宮市今伊勢町公式ツイッター)へ。
 2011/5/26オープン、支店は宇佐店、長森店。
 チカチカと電灯が点き、CLOSEの木札がOPENに変わっていて、一安心。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、先ほどの店員さんのワンオペ。
 まあ、こんな時間にお客さんは来ないからワンオペなのかな、って、前客が10人。
 「いらっしゃいませ」と案内され、席に着くときにチラと見ると、どなたもラーメン食べてないし。
 席は厨房に面したカウンターが4席と3席、4人掛けテーブルが3卓。

クリックすると拡大します

 麺物は特製らぁめん(豚骨・醤油)820円、つけ麺980円、まぜそば820円、台湾まぜそば950円。
 飯物はチャーハン小400円(並520円、大670円)、炙りチャーシュー丼500円、台湾丼440円など。
 他に、ジューシー餃子400円、おつまみチャーシュー500円、おつまみメンマ400円など。
 口頭注文後会計、注文すると「豚骨ですか、醤油ですか?」「麺の固さは」と訊かれます。

クリックすると拡大します

 卓上にはコショー、餃子のたれ、酢、辛みそ、魚粉、紅生姜。
 さて、とお冷を飲むと再び停電。
 完全に復電していなかったのか、、でも調理は続行。
 余裕を持って伺ったつもりが、帰りの新幹線の時間に間に合うかどうかとの話になってきた。

クリックすると拡大します

 30分ほど待って、特製らぁめん(豚骨)820円、チャーハン小400円
 店内の照明が落ちて(冷房も止まって)、自然光だけなので、見栄えは何とも。
 いやいや、見栄えどころでは無く、ちゃんと撮れているのだろうか。
 とんこつスープは一杯分ずつ雪平鍋で加熱されてかなり熱々、ギリギリ濃厚な味わいがとても美味しい。

クリックすると拡大します

 ショウグン食品の細麺、固さ指定は普通で。
 スープの美味しさに何とか付いていっている美味しさ、次回があればカタメンで。
 トッピングは炙りチャーシュー、穂先メンマ、焼海苔1枚、キクラゲ、薬味ネギ。

クリックすると拡大します

 炙りチャーシューは盛り付け直前にバーナーで炙って香ばしく、厚切りで柔らかく。
 この手のラーメンには珍しい穂先メンマは、とてもスープに合っていて。
 キクラゲは細切りではなく、小さめのが丸ごと入っています。

クリックすると拡大します

 チャーハンはパラパラタイプ、とんこつスープに合いますなぁ。
 真っ暗では無いけれど、窓から差し込む自然光だけで調理は大変だったでしょう。
 もちろん、お金を取って提供している以上、言い訳はどうなんだという話もあるけれど。

クリックすると拡大します

 帰りの新幹線の時間が気になりつつも、紅生姜で味変タイム。
 今から思い返すと、白胡麻や高菜、ニンニクも用意されていなかったんだな。
 ※辛みそのニンニクが使われているそうです。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃に通電して、店内は明るくなりました。
 前客が次々と会計していくのに続いて、私も会計。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さて、名鉄が遅延しなければ新幹線に間に合うな。
 一泊二日の三重の旅、一生忘れられない楽しい旅。
posted by ふらわ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記