2023年05月08日

連休明けの月曜日

/里帰り/地鶏と牡蠣 中華そば 漣(さざなみ)@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)にて淡麗牡蠣中華そば/

クリックすると拡大します

 さて、GWが終わって通常運転の日々、、とはいかない。
 家にはお里帰りしている娘がいるので、リソース配分をこれまでとしばらく変えます。
 それを幸せと言う人もいるだろうけど、さあ、どうなんだろうね。

クリックすると拡大します

 夜は、地鶏と牡蠣 中華そば 漣(さざなみ)@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸2093)へ。
 2023/5/1オープン、株式会社ニーズアンドクリエイトが展開する一文字系。
 店舗をどこで営業しようがお店の自由ですが。
 徒歩圏内にほぼ同じメニューで営業するのは、どんな営業戦略なんだろうか。

クリックすると拡大します

 オープン日 店名@最寄り駅
 2022/03/28 鴨と上州地鶏 中華そば獅(しし)@京王永山
 2022/05/19 鴨と上州地鶏 中華そば鷙(あらどり)@淵野辺
 2022/08/25 地鶏と金目鯛 中華そば榊(さかき)@橋本
 2022/09/15 地鶏と金目鯛 中華そば鶯(うぐいす)@聖蹟桜ヶ丘
 2022/10/24 鴨と上州地鶏 中華そば鷹(たか)@北野
 2022/11/14 地鶏と金目鯛 中華そば導(しるべ)@明大前
 2022/12/05 地鶏と金目鯛 中華そば鯱(しゃち)@小田急相模原
 2023/02/13 鴨と蟹    中華そば燈(ともしび)@登戸
 2023/05/01 地鶏と牡蠣  中華そば漣(さざなみ)@向ヶ丘遊園 ←いまここ

クリックすると拡大します

 メニューは上州地鶏中華そば790円、つけめん890円。
 淡麗金目鯛中華そば850円、つけめん950円。
 数量限定、淡麗牡蠣中華そば890円、つけめん990円。
 季節限定、あごだし冷製中華そば850円、牡蠣冷製中華そば950円。

クリックすると拡大します

 丼ものは半熟親子丼290円、炙り肉丼290円、お茶漬けセット190円。
 登戸駅そばの橙(ともしび)とは被っているラーメンは、あごだし冷製中華そばのみ。
 他のメニューは異なるので、「ほぼ同じメニュー」は言い過ぎですな。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、すぐ右手に券売機。
 このお店しか販売されていない「牡蠣」を上にしないで下にしています。
 冷製メニューは売り切れ(販売準備中)。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターが厨房に面して5席、奥の壁向きに3席、券売機の並びに2人掛けテーブルが2卓、計12席。
 卓上には黒七味と岩塩。
 前客2人、後客4人、店員さんは厨房に3人。

クリックすると拡大します

 説明書きは字が小さいし、正面から撮ると映り込むし、写真を撮るなと言わんばかり。
 味の濃さはお好みに応じてくれると書かれていますが、訊かれたことがありません。
 麺の茹で加減は対応してくれるんだろうか、どちらもこちらからお願いする気は無いけど。

クリックすると拡大します

 程なくして淡麗牡蠣中華そば890円
 スープを飲んでみるとほんのり牡蠣味、ベースに鶏ガラの旨味を感じます。
 とはいえ、「産地厳選した牡蠣を大量に使用しています」と説明がありますし。
 私がそう感じただけであり、実際は牡蠣だけでスープを取っているのでしょう。

クリックすると拡大します

 製麺所不明の細麺、スープとの相性はあんまり良く感じません。
 「淡麗」と括られていますが上州地鶏、鴨、金目鯛、のどぐろ、ずわい蟹などの中華そばと共通なのは何とも。
 まま、多店舗展開店ですから、そういうものなんだろうけど。
 トッピングはレアチャーシュー、穂先メンマ、牡蠣の身、牡蠣の身ペースト、カットレモン、アーリーレッド、水菜。

クリックすると拡大します

 牡蠣は「仕入れ状況により、牡蠣の大きさにバラつきがあります」と説明があります。
 味と大きさは比例しないけれど、やっぱり大きい方が嬉しいのは食べ手の心理。
 1回食べただけだと大きいか普通か小さいかは分からないけど、ぱっと見、十分大きいです。
 それは良いんだけど、カットレモンはどうやって使う(楽しむ)んだろうか。

クリックすると拡大します

 チャーシューは薄くスライスされていますがとっても大きい。
 薄いとスープと馴染みやすく、とても美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 カメラの機嫌が悪くて、ホワイトバランスがグダグタで申し訳ない。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記