2023年05月10日

今日がその日

/今日がその日/そば処めとろ庵錦糸町店にて冷やしかき揚げそば/

クリックすると拡大します

 通勤電車の地下鉄で、「席をどうぞ」と若者に席を譲られました。
 いつか私の番だと思っていたけど、今日がその日だった。
 自信が譲るときは、「断られませんように」と気を遣っていたので、譲られたら「ありがとうございます」と座った。
 これで名実ともにジジイの仲間入り、私の人生、やっとここまできたよ。

クリックすると拡大します

 早めの夜は、そば処 めとろ庵 錦糸町店公式ホームページ)へ。
 都心で働いているウチに、めとろ庵の全店へ訪問したい。
 とは言え、6軒中3軒目と道半ば。
 おにぎり屋さんが併設されていますが、おにぎりは販売されていません。

クリックすると拡大します

 メニューはかき揚げそば490円、春菊天520円、月見430円、きつね430円、たぬき430円、かけ350円など。
 冷たいのは冷やしかき揚げ490円、冷しきつね500円、冷したぬき500円、もり350円、ざる410円など。
 丼物はかつ丼セット740円、カレー丼セット680円、かき揚げ丼セット680円。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式券売機で食券を購入します。
 多国語言語対応なんだ、よく知りませんが。

クリックすると拡大します

 店内を見渡すと空いている席が多いので、先に受付に食券を出して、座る席を探します。
 席は店内中央に相対カウンター3席と2席、壁向きに4席。
 奥に2人掛けテーブルが4卓。

クリックすると拡大します

 卓上には醤油と七味唐辛子。
 先客4人、後客多数で座らずに空き待ちのお客さんもいらっしゃいます。
 でもまあ、食券は半券で番号を呼ばれるスタイルではありません。

クリックすると拡大します

 程なくして呼ばれ、冷やしかき揚げそば490円
 皿状の丼に冷たいお蕎麦、上から冷たい蕎麦つゆを掛け、上に揚げ置きのかき揚げが乗せられています。
 薬味のワサビとネギは程々、このくらいで十分かな。

クリックすると拡大します

 丸山製麺のお蕎麦、蕎麦粉は色付け程度で、香りは控えめ。
 蕎麦粉と小麦粉の配合は、それぞれの値段で決められるようです。
 かつては小麦粉の方が高く、二八(小麦粉が2割、蕎麦粉が8割)とすることが多かったそうです。
 現代では値段が逆転し、蕎麦粉を使えば使うほど高価になります。
 まあ、高価であることと美味しいことは関係ないので、私は私の懐具合に合うお蕎麦を1番美味しく感じます。

クリックすると拡大します

 かき揚げは思いのほか固くなく、箸で崩して冷たいもり汁に浸しやすい。
 わさびやねぎはもう少し辛い方が好みですが、まま、それはそれとして。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記