2023年05月13日

大雨の平塚

/中華 囍珍(きっちん)@平塚市夕陽ヶ丘にて半チャーハンとラーメン/心の味製麺 平塚@平塚市田村にて心の味餃子5個(レギュラーサイズ)、中華そば/

クリックすると拡大します

 土曜日は朝から雨、クルマを駆って通院。
 心臓の検査結果を聞いて、ほっとしつつ薬局で常備薬を受け取ります。
 クルマを近くのスーパーに停めたので、スーパーで買い物していったん帰宅。

クリックすると拡大します

 近所に出来たので一度は行ってみたいとのことで、雨の中をアウトレットへ。
 アウトレット内のラーメン店は済みなので、女房を降ろして、私は平塚に新しくオープンした店へ。

クリックすると拡大します

 駐車場が分からないので、先ずはいったん店に行ってから、と向かうと。
 やってない。
 中華そば凱歌@平塚市桃浜町12-26、補修工事のため、5/17までお休み。
 以前はブログやツイッターに休業情報を書くと、検索した人がガッカリすると思って書かなかったけど。
 そもそも私のSNSなんて誰も検索しないし、参考になっていないことに今頃気が付く。

クリックすると拡大します

 それでは、お店に向かうときに幟が気になった中華料理店に立ち寄ることにします。
 遅めのお昼は、中華 囍珍(きっちん)@平塚市夕陽ヶ丘公式インスタグラム)へ。
 オープン日は不明ですが、公式インスタグラムには「湘南平塚でひっそり半世紀」とあります。
 囍珍は「きっちん」と読むそうで、出前の電話に「はい、きっちんです」と応えていました。
 駐車場が店の周りに見当たらないので、店先にいったんクルマを停め、戸を開けて店員さんに訊きます。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に面したカウンター4席、4人掛けテーブルが3卓、計16席。
 カウンター席はかつて6席だったようですが、感染症対策で4席に減らされているようです。
 厨房には女将さんと娘さんかな、女性店員さんが2人。
 先客1人、後客ゼロ、口頭注文後会計。

クリックすると拡大します

 麺類はラーメン600円、みそラーメン650円、チャーシューメン800円、焼きそば700円など。
 ごはん物はチャーハン600円、中華丼800円、オムライス700円。
 定食は野菜いため800円、レバニラいため800円、焼肉850円など。
 セット物は半チャーハンとラーメン950円、ラーメンと半ライスとギョウザ1,000円など。

クリックすると拡大します

 こちらへどうぞと案内された席、店員さんがお冷やが用意して下さいます(お代わりは自身で給水器へ)。
 卓上には辣油、酢、醤油、こしょう、一味唐からし、ソース。
 メニューが壁のプラ板だけではなく、パウチが卓上にも用意されています。
 年季は入っているけど清潔感が保たれているのは、とても好感がもてます。

クリックすると拡大します

 程なくして、半チャーハンとラーメン950円
 この手の中華料理店ですと、ワカメとか海苔とかがトッピングされれているイメージがあります。
 昨今の物価高騰の煽りを受け、値上げせずに工夫したと言うことなのでしょうか(未確認)。
 スープはあっさりした鶏ガラ出汁、香味野菜などで臭みはしっかり取り除かれ、美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 製麺所は不明、中細麺は程良く茹で上げられ、スープと好相性で美味しくいただけます。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、なると、カイワレ。
 薬味ネギはトッピングで良いのだろうか、ちょっと違うような。

クリックすると拡大します

 しっかりと味付けされたチャーシュー、厚みもあってスープにもよく合っています。
 肉は肉の味があるのだから、味付けするってことは肉の味を変えてしまうことにならないか。
 ラーメンがブームと呼べるほどの前であれば「美味しく食べるために味付けする」必要があったのだろうけど。
 そう、半世紀前まであたりならば、きっと。

クリックすると拡大します

 親子(想像)で調理をされているので、同時に出来上がってラーメンと一緒に運ばれてきたチャーハン。
 特に説明はありませんが、セットですので半チャーハンなのでしょう。
 少し焦げ目が付いていて、紅生姜が乗せられているのが、とっても嬉しい。

クリックすると拡大します

 頂いてみると、パラパラタイプ。
 チャーシューの切れ端と全卵に醤油味は軽めでやさしい味付け、ラーメンのスープによく合っています。 

クリックすると拡大します

 食べ終わったらお会計。
 店内奥のレジにもパーティションが設置されたままでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

 その後、アウトレットモールで女房をピックアップすると、「フードコードが激混みで何も食べていない」と。
 とっくにランチタイムを過ぎているので、通し営業の飲食店をクルマを走らせながら探します。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、心の味製麺 平塚@平塚市田村公式ツイッター)へ。
 2022/5/13にやまのうち製麺からリニューアルして、ちょうど一年経っています。
 ネット情報を読むと、「『東池袋大勝軒』と『中華蕎麦とみ田』って何か関係あるのか?」とあって。
 まあ、そういう時代なんだな、オレもジジイの仲間入りするわけだよ。

クリックすると拡大します

 前回訪問時と券売機は変わっていませんが、Paypay対応機が付いていました。
 対応機って後から付けられるのかな、それとも似ている券売機に変わったのかな。
 使い方は、食べたい商品のボタンをポチポチと全て押すと、対応機にQRコードが表示されます。
 そのQRコードをスマホのPaypayアプリで読み取って、決済すると食券が発券されます。

クリックすると拡大します

 基本の4メニューは前回から変更ありませんが、限定メニューが販売されています。
 月曜から木曜は曜日限定。
 月曜日はホワイトン、火曜日はまっくろくろつけ、水曜日は家系らーめん、木曜日はごま味噌坦々つけ麺。
 金土日は月替わりで、今月はホルモンつけ麺、鶏ボナーラ、鯛プレッソ、渡蟹つけ麺。
 来月の週末限定も告知されています。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内を眺めると、店員さんに「いらっしゃいませ、こちらへどうぞ」とテーブル席を案内されます。
 お冷やの一杯目は店員さんが用意して下さり、二杯目以降は自身でピッチャーから注ぎます。
 席のテーブルは変わっていませんでしたが、カウンターは半減されていました。
 卓上には、ブラックペッパーグラウンド、辣油、酢、醤油、一味唐辛子。

クリックすると拡大します

 満席の店内、待っているウチに店内待ち席も埋まってきました。
 20分ほど待ってから、心の味餃子5個(レギュラーサイズ)350円
 心の味餃子は基本がビッグサイズの2個400円、今日はレギュラーサイズを頂きます。

クリックすると拡大します

 たれ皿で酢胡椒を作り、餃子をしっかりと浸けて頂くと、うんまい。
 挽肉はTOKYO-X、柏幻霜ポーク、鹿児島黒豚と紹介されていて、値段と味が合っていないような。
 次回があればビッグサイズを試してみたいです。

クリックすると拡大します

 しばらく待っていると、ラーメン2人分が同時に運ばれてきます。
 女房の特製濃厚ラーメン1,250円。
 ドデカいチャーシューが吊る焼き、煮豚、しっとりモモの3枚、味玉、材木メンマ、なると、柚子、焼海苔。
 大満足とのこと。

クリックすると拡大します

 私は、前回もりそばでしたので、今回は中華そば850円
 東池袋大勝軒の中華そばを頂いたのは何年前だったか、麺相や丼はおぼろげですが、味は覚えています。
 スープは豚ガラ、鶏ガラに鰹節や煮干しなどの魚介系を加え、椎茸などの旨味も感じる奥深い味わい。
 レシピとしては東池袋大勝軒と酷似しているのだろうけど、こちらは思い出補正が掛かっているからな。

クリックすると拡大します

 心の味食品の中太麺、僅かに固さが残っていますが、スープにすぐに馴染んでとても美味しい。
 この麺の美味しさは東池袋大勝軒とは全く異なっていて、どちらも美味しいけど懐かしさは感じられません。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、半身の茹で玉子、なると、焼海苔。
 茹で玉子は味を染み込ませた味玉では無く、東池袋大勝軒の固茹で玉子であることが大切。

クリックすると拡大します

 チャーシューは、中華そばだから煮豚かな。
 しっかりとした厚みに食べ応えを感じるし、スープを吸って味わいの変化も楽しめます。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃には、席も少し空きましたが、それでもお客さんが入ってきています。
 店主さんは「今年中に独立する予定」とありますが、予定は未定、色んなことがあるよね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

マーガレット
 マーガレット
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USMH / 35mm / Fv (F5 1/1000 ±0EV) / ISO200

マーガレット
 マーガレット
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USMH / 105mm / Fv (F7.1 1/500 ±0EV) / ISO200

マーガレット
 マーガレット
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USMH / 24mm / 31mm / Fv (F5 1/320 ±0EV) / ISO200

マーガレット
 マーガレット
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USMH / 70mm / Fv (F6.3 1/1000 ±0EV) / ISO1250
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記