2023年05月18日

横浜で呑む

/餃子ノ酒場 太陽ホエール 横浜南幸店@横浜市西区南幸にて酔鯨、麻婆麺など/

クリックすると拡大します

 明日は休む予定にしているので、心の中では今日が金曜日。
 とは言え豪遊したり、朝まで呑むとか想像すら出来ないお年頃ですから。
 ちょうど仕事が終わったのが横浜だったので、「ラーメンが食べられる居酒屋」をクルッと探して、と。

クリックすると拡大します

 早めの夜は、餃子ノ酒場 太陽ホエール 横浜南幸店@横浜市西区南幸公式インスタグラム)(予約サイト)へ。
 2023/4/12オープン、立地は横浜駅西口から徒歩数分、ラウンドワン正面
 横浜駅前店(2018/8/21-)、野毛本店(2020/4/6-)、川崎駅前店(2022/1/24-)に続くに続く4号店になります。
 「太陽ホエール」と聞いて「大洋ホエールズ(横浜大洋ホエールズ)」を直ぐに連想できる人って、何歳だろうか。

クリックすると拡大します

 壁にはベイスターズのユニフォームが飾られ、ブロマイド(今は何て呼ぶの?)が多く貼られています。
 店内は1階がカウンター8席と4人掛けテーブル、2階が4人掛けテーブルが8卓、3階に9卓、全部で80席。
 各階の移動は店内エレベーター、店員さんが案内されていました。
 一人である旨を告げると、「ウチは席数が多いので」と1階のテーブル席を案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 メニューは本支店でほぼ共通ですが全く同一では無く、オープンして間もないので紹介します。
 食べ物は太陽の餃子320円、ゆで餃子430円、ポテトサラダ390円、本日の刺身、とんぺい焼き590円など。
 ラーメンは麻婆麺990円、一辛50円、二辛100円、三辛150円。

クリックすると拡大します

 飲物はハイボール、サワー、ビール、焼酎、日本酒、ワインに加えてソフトドリンク。
 ベイスターズのナインになぞられた「ホエール9」と称したサワー、分かる人には盛り上がるでしょう。

クリックすると拡大します

 シャレの効いたトレバー・バウワーハイボールはチンチロハイボール。
 サイコロを振って、奇数ならそのまま、偶数なら1杯サービス、ぞろ目が出たらメガハイボールを1杯サービス。
 メガハイはファーストオーダーならば1杯350円、それ以外は650円。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べることから逆算して生ビール、アサヒスーパードライ530円で今夜一人お疲れ様会♪
 お通し290円は塩昆布と浅漬け胡瓜、いわゆるひとつのビールがすすむ君。

クリックすると拡大します

 かつて居酒屋通いをしていた頃、メニューに見つけたら必ず食べていた、まぐろブツ530円
 食材の保存技術などの進歩より、値段だけを単純に比べられないけれども。

クリックすると拡大します

 山葵醤油で頂くと、寝屋川とか荏田とか、長く通った土地の色々な情景が浮かぶ美味しさ。
 大トロとか中トロも美味しいけど、ブツ切りのマグロが一番好きな私。

クリックすると拡大します

 さて、屋号にも掲げられている餃子、焼きとゆでがあるので、今夜は焼きの太陽の焼き餃子320円
 写真では上手く伝わりませんが、お酒のつまみ向けの一口タイプ。
 一口タイプにすると焼き時間も短縮できるのかな。

クリックすると拡大します

 いつも通り、小皿で酢胡椒を作り、焼いていない面に軽く付けて頂きます。
 口に含むとじゅわっと美味しさが弾け、一人で食べても美味しいし、大人数で食べても美味しいそう。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったので酔鯨580円
 高知の蔵元である酔鯨酒造が醸す「酔鯨(すいげい)」純米吟醸酒 吟麗 吟風 R4BY。
 酔鯨酒造が本格的に吟醸酒造りを始めた最初の銘柄、現在でも蔵を代表する中心的存在です。
 米は吟風100%、仕込み水は「鏡川」最源流域の湧水、酵母は酔鯨伝統の熊本酵母。
 単なる語呂合わせだけではなく、どの料理にも好相性の食中酒、旨い。

クリックすると拡大します

 揚げ物を食べたくなって、メニューから探した鶏ナンコツの唐揚げ450円
 角皿に綺麗に並べられているだけで、もう、美味しそう。

クリックすると拡大します

 しっかりとした味が付いていて、添えられたマヨネーズを付けて頂きます。
 鶏肉は柔らかく、軟骨はコリッとして楽しく、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 もう一品くらい食べようかと横浜モダン焼き620円、食べるなら飲むよねと緑茶ハイ430円
 先に緑茶ハイが届けられ、半分ほど飲んだところで横浜モダン焼き。

クリックすると拡大します

 甘めのたれが掛かっていて、合わせようと思って注文した緑茶ハイによく合います。
 横浜モダン焼きにはキャベツや目玉焼きなどの具材がたっぷり挟まれていて、とっても食べ応えがあります。

クリックすると拡大します

 ベイスターズの調子が良いと店員さんにも話し掛けやすくで助かります。
 今夜は序盤にリードして、後半にダメ押し、さてさて試合が終わる前に飲み終わりましょうか。
 卓上には七味、辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド。

クリックすると拡大します

 ラーメンはレギュラーの麻婆麺以外も用意されています。
 海老担担麺630円、海老ラーメン630円、カミングスーンのうにくトリュフラーメン1,800円。
 どれにしようかなと逡巡しつつも、レギュラーメニューを。

クリックすると拡大します

 程なくして麻婆麺990円、ライス付き。
 メニューに麻婆豆腐があるので、素ラーメンに掛けた感じかな。
 あっさり味のスープに、これでもかと多めの麻婆豆腐、辛さやノーマルでお願いしましたが、ちょうど良かった。

クリックすると拡大します

 製麺所不明の中細麺、スープにとっても良く絡んで美味しくいただけます。
 とはいえ、居酒屋の〆としての位置付けを忘れずに、麺量は少ないようです。

クリックすると拡大します

 付け合わせのご飯に、麻婆豆腐の豆腐を乗せてみました。
 そこはかとなくご飯は要らないかと思いながらも、麻婆麺に麻婆豆腐飯も悪くないかなと。

クリックすると拡大します

 スープを少し掛けてから頂きましたが、要らないかなと思った自分を叱りたい美味しさ。
 ご飯も麺もすっかり平らげてしまいます。

クリックすると拡大します

 お客さんはほぼほぼ上層階に通してしまうので、1階カウンターは常時空いています。
 まま、その空き席を見て来店され、上層階に通されているんだけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記