2023年05月28日

辛味噌考

/北海道らーめん麺場瀧@秦野市曽屋にて辛味噌らーめん、焼き餃子/晩酌/

クリックすると拡大します

 惰眠を貪る日曜日の朝、今日は曇りか。
 青汁粉を麦茶に溶かして朝食にして、朝食が終わったら庭仕事。

クリックすると拡大します

 庭仕事を二時間ほどこなして(まあ、たった二時間で「こなす」もないけど)、ペンギンパン。
 孫が大好きで、娘も女房も相乗りして大好き。
 焼き立てのパンって美味しいよね。

クリックすると拡大します

 パンを買ってきたら、自分はラーメンを食べに出掛けます。
 遅めのお昼は、北海道らーめん麺場瀧@秦野市曽屋前店のホームページ)へ。
 前回は見つけられなかったホームページ、魚らん坂ってまだ残っているんだ。
 麺場瀧はリニューアルしているんだけど、メニューは更新されていないみたい。
 らーめん 祥 綾瀬深谷店は2023年5月31日に閉店していると思ったけど、どでしょ。

クリックすると拡大します

 店先の立て看板をみると、「味噌らーめん」じゃなくて、「新札幌味噌らーめん」なんだ。
 前回は気が付かなかったけど、どっちが正しいんだろうか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、正面の券売機で食券を買います。
 前回のメニューと比べてみると、味噌つけめん930円が増えていますな。
 とりま、メニューを被らないようにと上から順番に食べようかと。
 二回目の今日は辛味噌らーめんか、、スープに辛味成分を加えて辛くしただけでしょ、パスするかなぁ。

クリックすると拡大します

 「お一人様ですか、空いているカウンター席へどうぞ」と案内され、券売機の隣の席へ。
 卓上には、生姜、揚げ葱、豆板醤、ニンニク、ブラックペッパーグラウンド、辣油、酢、醤油、一味唐辛子。
 カウンターは座席が固定式なんだけど、パーティションが椅子の場所と合っていなくて、ちょっと窮屈。
 いやいや、デブだかから窮屈なのであって、標準体の人には問題ないでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って、辛味噌らーめん980円、麺大盛りサービスですのでありがたく受けます。
 スープの色は味噌ラーメンでも赤かったので、色だけでは辛さが良く分かりません。
 飲んでみると辛さはほどほど、ピリ辛ってことは無いけど、額に汗が出るほどではありません。
 豚ガラや鶏ガラを丁寧に炊き出したと感じるスープの美味しさを邪魔しない辛さ、って位置付けなのだろうか。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の中太麺、スープによく馴染んでいて美味しくいただけます。
 並盛りの麺量を確認しておらず、大盛りがどのくらい増量されたか不明、多すぎると言うことありません。
 スープには玉ねぎが溶け込んでいて、モヤシはスープと一緒に煮込まず、茹でて乗せてある印象。
 トッピングは炙りチャーシュー、材木メンマ、白髪ネギ、白胡麻。

クリックすると拡大します

 チャーシューはバラ巻きを炙った感じ。
 想像しているより薄めなので、崩れてしまいがちですが、箸で必死に押さえます。
 味わいは美味しいけど、味噌スープと合うかと訊かれたら、好みは人それぞれですよね。

クリックすると拡大します

 せっかくなので、揚げ葱(説明書きでは「揚げ玉ねぎ」)と生姜を入れてみます。
 味噌味のスープにはなんだな、難しいかな。

クリックすると拡大します

 少し遅れて、焼き餃子380円
 餃子の値段って店舗によって大きく異なるので、一個76円が高いか安いか分かりにくいし。
 コスパって話になると、さらに分かりにくい。

クリックすると拡大します

 いつも通りに酢胡椒を作って、餃子に付けて頂きます。
 酢胡椒が皮に染み込まないので冷凍餃子かも知れません、味は美味しいけどね。

クリックすると拡大します

 飲食店業界の状況は知らないけれど、店員さんが四人働いていて、お客さんに対して多い印象。
 もちろん食べ手の私がお店の経営を心配しなくてもいいんだけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べ終わったら、近場を散策。
 せっかく買ったミラーレス、せめて週一は持ち出して撮らないと。

クリックすると拡大します

 晩酌。
 足柄上郡松田町の蔵元である中沢酒造が醸す「松みどり」大吟醸 原酒 R4BY。
 冷蔵庫保管しておいて、飲む1時間前に冷蔵庫から出して常温に馴染ませ、やや開かせて頂きます。
 頭では無く舌で味わう大吟醸、美味しいですね。

 アテはスーパーで買ってきたミートボール。
posted by ふらわ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記