2023年12月06日

メジロとニュータンタン

/メジロ/元祖ニュータンタンメン本舗 鴨居店@鴨居(横浜市緑区白山)にて生ビール、焼き餃子、タンタンメン(メチャ辛)、ニラ/

クリックすると拡大します

 自称フォトグラファーとしては、ホリデーフォトグラファーでは満足できない。
 平日は30分早起きして、一駅前で降りて一人撮影会。
 朝日が当たっている完熟した柿、いい感じに朝日が当たっています。

クリックすると拡大します

 風がないのに動く葉っぱがあるので、そうっとアングルを変えて、最大倍率で撮ります。
 パソコンでトリミングして、様々な画像処理を施せば、おお、メジロじゃないですか。
 カメラの性能と、レタッチソフトの機能に頼り切った一枚。
 それでも一枚。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、鴨居へ。
 伺いたいお店は駅から徒歩15分、歩けなくはないけど、バスがあれば乗るかな。
 って、バス停を探していると近寄ってきたバス、よろしくお願いします。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖ニュータンタンメン本舗 鴨居店@鴨居(横浜市緑区白山1-11-23)公式ホームページ)へ。
 2023/12/2オープン、前身の焼肉タンタンZ、ふじえ屋はどちらもニュータンタンメンのインスパイアでした。
 ですから跡地に新店ではなく、先祖返りしてのリニューアルオープンかと思ったら。
 店員さん総入れ替え、というか、前店とは全く無関係の人がやってました。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:30-14:30 17:00-22:00、不定休。
 元祖ニュータンタンメン本舗の代表取締役から祝い花が届いているので、FCですね。
 (直営店、つまり自分の会社の支店に祝い花を贈る社長はいません)

クリックすると拡大します

 店内に入ると満席に近い盛況ぶり、なんとかカウンター席に滑り込みます。
 席配置は前店同様のU字カウンター9席、小上がりからテーブルに「戻った」4人掛けが3卓、計21席。
 飲みを想定した口頭注文後会計も、全店同様。

クリックすると拡大します

 メニューはタンタンメン910円、鬼辛タンタンメン930円、まぜタン920円、味噌タン940円、醤油ラーメン800円、味噌ラーメン920円。
 ご飯物はタンタンクッパ830円、タンタンクッパ鬼辛850円、チャーハン750円、キムチチャーハン850円など。
 サイドメニューは焼き餃子450円、味噌餃子470円、肉野菜炒め680円、豚バラ焼肉680円など。

クリックすると拡大します

 セットメニューは4種類、餃子セットにしたいんだけど、半ライスは要らないんだよね。
 ニュータンタンメンのメニューは全店で細かいところが異なり、こちらは横浜店でのみ販売されている味噌タンがメニューイン。
 じゃあ店員さんは横浜店出身かと問えば、全員が五反田や片倉とも無関係の本店出身。

クリックすると拡大します

 飲みものは生ビー550円、瓶ビール600円、サワー類は400円、ハイボールは450円など。
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド。

クリックすると拡大します

 それでは先に生ビール550円、少し遅れて焼き餃子450円
 今夜は鴨居で一人お疲れ様会、ビール飲んじゃうと帰りがちょびっとツラいけど。
 ちなみに、在店中に飲んでいる人は他にもちらほら。

クリックすると拡大します

 酢胡椒でいただいた、餃子は冷凍物っぽい味わい。
 在庫管理とか、コストとか、手間とか、提供時間とか、様々の事情を考慮してのことでしょう。 

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったら、タンタンメン(メチャ辛)910円、ニラ150円
 スープは鶏ガラ出汁をベースに、溶き卵、ニンニク、唐辛子を中華鍋で煮込んでいます。

クリックすると拡大します

 って、公式ホームページを見たら、スープは「豚ガラ」って書いてある。
 知らないうちに変わったのか、、、飲んだら鶏ガラに感じられたんだけどな。

クリックすると拡大します

 めちゃ辛でお願いしましたが全然辛くなくて、唐辛子の質と量が変わったのかも知れない。
 自社製麺の平打中太麺は僅かに固め仕上げで、スープの味を置き去りにする美味しさ。

クリックすると拡大します

 ニラは別茹で、茹で上がった麺の上に乗せ、スープを最後に掛ける中入れタイプ。
 ちょっと鮮度があれですが、このスープには丁度いいと思います。

クリックすると拡大します

 よく、ニュータンタンメンを「川崎のソウルフード」と称していますが、ホントかなぁ。
 その頃は小杉より南にしかなかったと思うので、小杉より北の人は「ニュータンタン、何それ?」だったんじゃないかなぁ。
 実際はどうだったんだろうか、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りもバスのタイミングが丁度良くて、バス停で5分ほど待つだけでバスに乗れました。
 電車とバスを乗り継ぐのって、地下鉄と地下鉄以外を乗り継ぐのと同じくらいに交通費が掛かります。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記