2023年12月10日

二日続けて快晴

/一人撮影会/HUKU@辻堂(茅ヶ崎市赤松町)にて煮干しそば/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて一人撮影会
 山の東側にある木々は、お昼を過ぎると影になってしまいます。
 じゃあ、東側の木々を撮るポイントがあるかというと微妙、、結局見つけられず。
 自分が撮りたい写真が撮れるようになるには、まだまだ時間が掛かりそう。

日の出の木漏れ日
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 70mm / FV (F13 1/5 0EV ISO125) / Auto
日の出の木漏れ日

 辺りはすっかり明るくなっているけど、西向きの日の出前の木々。
 暗い木々を暗く撮るのは、まだまだ難しい。

紅葉の先に富士山
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 87mm / FV (F16 1/60 0EV ISO125) / Auto
紅葉の先に富士山

 未踏の山の中を走っていると、方角がちょっと怪しくなる。
 とは言え太陽の方向は分かっているけどね。
 紅葉した木々の先に富士山、鉄塔や電線が木々で隠れるようなアングルを探す。
 電線は無理。

ナンキンハゼの白い実
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 90mm / FV (F5.6 1/100 0EV ISO100) / Auto
ナンキンハゼの白い実

 明らかに管理されているナンキンハゼ、それにしてもデカイ。 赤く紅葉している時を見ていないので、来年こそは。

誰にも気が付かれない紅葉
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F13 1/20 0EV ISO100) / Auto
誰にも気が付かれない紅葉

 大抵の紅葉は、観賞用に人の手で植えられ、人の手で管理されています。
 木々の奥に色づく紅葉、本当の紅葉。

青空を背景に
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 29mm / FV (F11 1/60 0EV ISO100) / Auto
青空を背景に

 抜けるような真っ青な空を背景に、丸い木を撮りたかった。
 真横に写っているけど、実際はかなり傾いています。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、HUKU@辻堂(茅ヶ崎市赤松町)公式X)へ。
 今年の3月にオープンしたときに伺って、ラーメンをとっても気持ちよく楽しませて頂きました。
 早めに再訪をと思ってはいたけど、思っているだけの私。
 何とか年内には再訪できて、願ったり叶ったり。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00 17:30-21:00、月曜定休。
 夜もやっているのか、頑張れば来られなくもないけど、夜なら飲みたいしな。
 お店に着いたときに、店先に4人ほど待っていました。
 しばらく待って、店内へ。

クリックすると拡大します

 今日の目当ては、11/14から販売開始された煮干しそば。
 もちろん売り切れもあり得るので、「煮干しそば、ありますか?」と問うと、「ありますよ」快諾。
 公式Xでは炒飯もありますよ、と告知されていますが、店内のどこにも告知されておらず、うっかり注文忘れ。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター席がなくて2人掛けテーブルのみ、左右に移動させて4人掛けに変更できます。
 お客さんは次から次へと入店され、店主さんは手隙タイミングがありません。

クリックすると拡大します

 程なくして、煮干しそば1,100円
 店内のサンプル写真と盛り付けが違いますが、SNSでのサンプル写真と同じでほっとします。
 この手のラーメンを修行元でも提供されていたのかどうかは不明ですが、ちょっと賑やかな麺相。 
 スープは純煮干しに感じられる味わい、後味にくどさは皆無、どれだけ調整されたのでしょう。

クリックすると拡大します

 村上朝日製麺の角中太麺は温麺専用に感じられ、スープにとてもよく合っていて心好い。
 ここまで心好いと、製麺所がどう、スープがこう、なんてどうでも良くなりますね(良くないけど)。
 トッピングはチャーシュー、半身の半熟卵、焼き海苔、刻み玉ねぎ、メンマ、なると。

クリックすると拡大します

 チャーシューはやや厚みがあって食べ応えがあり、とっても美味しい。
 食べ進めると刻みタマネギがあちらこちらに顔を出して、とても楽しい。

クリックすると拡大します

 杉田にオープンしたラーメン屋の店主さんと「同期」だと思うので、お訊きしたかったんだけどな。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記