2023年12月13日

これもタンメン

/オカモト☆タンメン。平塚店@平塚(平塚市東八幡)にて野菜たっぷりタンメン(3辛)、チャーハンセット/

クリックすると拡大します

 ラーメン屋の出店ラッシュが都内から神奈川に移り、小田原に移り、先月から平塚に移り。
 新店、新店と伺えるのは羨ましいけど、半面、なんだかなーと思ってしまう。
 ラーメンを食っているのではなく、情報を食っている、とは名言だな。

クリックすると拡大します

 夜は、オカモト☆タンメン。平塚店@平塚(平塚市東八幡1-1-3)公式インスタグラム)へ。
 本日2023/12/13プレオープン、14日までは麺類半額サービス、15日にグランドオープン。
 立地は平塚駅から徒歩17分、ごっちメン(2021/3/29-2022/6/20)、仲吉荘(2023/6/21-2023/12/21)の跡地。
 営業時間は10:30-23:00、無休。

クリックすると拡大します

 オカモト☆タンメン。って県内2軒目かと思ったら、1軒目は他業態にリニュールされたので、こちらが県内唯一。
 店内は「かなり老朽化が進んでいたので」客間はフルリニューアルされ、天井も板が張り替えられています。
 入ってすぐ左手は壁向きカウンター7席、メニューは2人に1つですが、調味料は1人に1つ。

クリックすると拡大します

 奥のテーブル席は2人掛けが3卓、この奥に2人用の小上がりが2卓、カウンター席と合わせて17席。
 先客は9人、後客6人。

クリックすると拡大します

 メニューはタンメン545円、野菜たっぷりタンメン682円、特製タンメン1,036円。
 サイドメニューは唐揚げ3個333円、5個555円、餃子327円、チャーハン555円。
 セットメニューは唐揚げセット327円、チャーハンセット300円、たまごかけご飯セット、明太子ご飯セットは227円。
 税抜表記されているのは、店内飲食とお持ち帰りで税率が異なるからかな。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、チャーシューが売り切れていたので他のをお願いすると、「辛さはどれにしますか?」と訊かれます。
 卓上には辣油、酢、醤油、胡椒。
 餃子のたれにしては大ぶりの酢と辣油の容器、これはタンメンの味変に使うことを想定されています。
 ん、タンメンに辣油を入れるって、平塚タンメンと呼ばれることもあるラオシャン?はて?

クリックすると拡大します

 程なくして、野菜たっぷりタンメン(3辛)750円(オープン特価375円)
 セットメニューに対応可能な大きめのトレーにてサーブ、店名が書かれた箸袋、蓮華と穴あきレンゲ。
 スープは豚ガラでも鶏ガラでも無く、スープの素(?)をお湯で溶いたような、そうじゃ無いような味わい。
 ニンニクを利かせ、背脂を浮かせ、豚バラ肉が合わせてあって、かるくてうまい心好さ。

クリックすると拡大します

 野菜たっぷりの野菜は青々としたキャベツ、サンプル写真より青々としたキャベツ。
 スープに浸して頂くと、塩と味噌で食べてみたいほど美味しい。
 スープには白菜も使われていて、しっかりタンメン。

クリックすると拡大します

 近江製麺の細麺、スープによく合っていてとても美味しい。
 軽い味わいのスープに、軽い食べ応えの麺、こういうタンメンなら毎日でも食べられます。

クリックすると拡大します

 途中で追加注文した、チャーハンセット330円
 値段から「半チャーハン」だと思っていたけど、フルとハーフのハーフ、つまり3/4程度のご飯量。
 焼いたウィンナーを添えるのは、何流だろうか。

クリックすると拡大します

 チャーハンはパラパラタイプで卵をたっぷり使っていて、とっても心好い。
 心好いんだけど、私にはちょっと量が多いかな。

クリックすると拡大します

 食べ終わってお会計、お会計後に店長さんとしばしご歓談。
 スープのこと、麺のこと、オープンが遅れたこと、あんなことこんなこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記