2023年12月15日

戸川公園のイルミネーション

/戸川公園でイルミネーション/晩酌/

クリックすると拡大します

 以前にも通ったことのある現場なので、どの便の電車に乗れば、何時に事務所に着くかは分かっています。
 いや、分かっていたつもりだったけど、その頃とは電車のダイヤが変わっていたので、なんとも。
 まあ、ジジイになると朝に強くなるので、早め早めに出社しているけどね。

クリックすると拡大します

 昨日、「戸川公園でイルミネーションが始まったよ」と写メを見せられ、
 それじゃあイルミネーションの撮影練習でもと、仕事帰りにバイク(原チャリ)を飛ばして行ってみました。
 期間は12/9から12/25の2週間強、もっと長いかと思った。
 着いたら誰もいない、イルミネーション撮り放題。

戸川公園のイルミネーション 入口
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 44mm / FV (F8 20/1 0EV ISO200) / Auto
戸川公園のイルミネーション 入口

 仕事帰りに撮ってきました、イルミネーション。
 撮り慣れていないので、適正露出で撮ったら明る過ぎる。

戸川公園のイルミネーション メインストリート
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 87mm / FV (F8 1/2 0EV ISO1250) / Auto
戸川公園のイルミネーション メインストリート

 メインストリートには、ツリー、トンネル、そして風の吊り橋。

戸川公園のイルミネーション カメやイルカ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 52mm / FV (F8 1/1 0EV ISO1250) / Auto
戸川公園のイルミネーション カメやイルカ

 当たり前ですがチカチカ点滅しているんです。
 何枚か撮って、全部が写っている一枚を。

戸川公園のイルミネーション 2本の木
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 105mm / FV (F8 8/5 0EV ISO1250) / Auto
戸川公園のイルミネーション 2本の木

 適正露出だと、ネオンより木々がしっかり写っています。
 さらに遠くの雲も綺麗に撮れていたりします。

戸川公園のイルミネーション 雲と共に
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 32mm / FV (F8 10/1 0EV ISO800) / Auto
戸川公園のイルミネーション 雲と共に

 全景を入れようと、引いて撮ったら、 街の照明に照らされた雲が写っています。
 ま、それもそれでいいかなと。

クリックすると拡大します

 風の吊り橋、この時期だけイルミネーションが変わるらしい。
 何度も行けないので、丁度良かった。

戸川公園のイルミネーション 風の吊り橋
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 25mm / FV (F10 6/1 0EV ISO1600) / Auto
戸川公園のイルミネーション 風の吊り橋

 初夏には紫陽花越しに見える風の吊り橋。
 ススキの穂がちょっとうるさいかな。

戸川公園のイルミネーション 風の吊り橋
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 31mm / FV (F10 16/5 0EV ISO1600) / Auto
戸川公園のイルミネーション 風の吊り橋

 このレンズは小さい照明が星のように綺麗に撮れる。

戸川公園のイルミネーション トンネルの先
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 44mm / FV (F10 1/4 0EV ISO1600) / Auto
戸川公園のイルミネーション トンネルの先

 雨上がりのコンクリートがいい感じ。

戸川公園のイルミネーション トンネル越しのツリー
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 173mm / FV (F6.3 1/15 0EV ISO1600) / Auto
戸川公園のイルミネーション トンネル越しのツリー

 午後八時で消灯なので、慌てて撮ったトンネル越し。

クリックすると拡大します

 帰りに秦野駅前に掛かっているまほろば大橋のイルミネーションをパチリ。
 こんなことに大切な税金を使うな、という市民もいるかも知れないけど。
 こういうことにこそ税金を使って欲しい、とおもう市民もいます。

クリックすると拡大します

 晩酌
 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎(ひゃくじゅうろう)秋桜(こすもす)」純米吟醸酒 R3BY。
 春は桜、秋はコスモス。
 華やかに咲き誇る白い花ようなアロマ。
 艶のあるテクスチャーで、優しい甘みをフレッシュな酸がリードして引き締める。
 ラストはほろ苦くエアリー。

 この秋桜は二年熟成、蔵元熟成ではなく酒販店熟成。
 様々な理由(例えば売れ残り)があって冷蔵庫で熟成されたお酒を、「訳あり」と称して販売されていたのを購入しました。
 私としては、店頭希望小売価格より高くても買うのに、かなり安くて、申し訳ない気持ちと、嬉しい気持ちと。

 アテは、鶏肉と葱の炒めもの。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記