2023年12月19日

中華ダイニングとは

/通院/中華ダイニング粋@秦野市南矢名にて五目炒飯、台湾ラーメン/

クリックすると拡大します

 今日は平日に通院
 曜日と時間指定なので、仕事を休んで検査を受けます。

クリックすると拡大します

 病院で点滴を受けながらの検査、2017年に続く2回目。
 昨夜から何も食べていないけど、不思議とお腹が空かないのは、加齢がなせる技か。
 無事に検査が終えて、年明け早めに手術が決まって、嬉しいやら不安やら。

クリックすると拡大します

 早めの夜は、中華ダイニング粋@秦野市南矢名へ。
 2015/4/21オープン、立地は駅に隣接する小田急マルシェ東海大学前の1階。
 フェイスブックのページによると、中国の東北地方の料理を提供するダイニングとのこと。

クリックすると拡大します

 店内はカウンターが5席、テーブルは2人掛け5卓、4人掛け6卓、計43席。
 早めの夕飯だったこともありノーゲス、後客多数。
 「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」と案内され、お一人様ですが図々しくテーブル席へ。

クリックすると拡大します

 卓上には醤油、コクのごま、辣油、食卓塩、ブラックペッパーグラウンド、お酢が用意されています。
 口頭注文後会計、メニューは飲物と追加新メニューがパウチで、レギュラーメニューは分厚いメニューブック。
 以前なら「メニュー紹介ッ」とばかりに全メニュー(全ページ)を撮影してアップしましたが、今は昔。

クリックすると拡大します

 「固焼きそばはできますか?」「メニューに無いのはできません」
 「チャーハンは半チャーハンにできますか?」「メニューに無いのはできません」
 これじゃまるで老害だな、ま、実際にジジイだけど、ワガママ言っちゃイケマセン。

クリックすると拡大します

 先に五目炒飯600円
 値段から「普通より少なめ」を想像していましたが、この地が東海大学のお膝元であることを忘れていました。
 普通盛りより気持ち多めの飯量、具材はハム、グリーンピース、エッグ、ニンジンなど。
 チャーシューが使われていないのが、中国の東北地方ってことだろうか。

クリックすると拡大します

 食感はパラパラとしっとりのパラパラ寄り、大きな中華鍋で炒め上げたことが感じられます。
 味付けは薄めで、炒飯単品で頂くと少し物足りなさを感じます(量は多いけどね)。
 ラーメンと一緒に注文しているので、ラーメンに合わせた味付けにされているかも知れません。

クリックすると拡大します

 炒飯少し食べたところで、台湾ラーメン680円
 台湾ラーメンとは味仙@名古屋市が発祥であり、挽肉とニラ、辣油が特徴のラーメンである認識。
 こちらの台湾ラーメンはニラをあしらってあり、挽肉は乗せてありますが、辣油が見当たらない。
 まるでタンメンにニラを散らして、挽肉を乗せたような、そうじゃないような。

クリックすると拡大します

 あっさりめのガラスープ、様々なたれや具材に合わせやすいように感じられます。
 そのスープで軽く煮込まれた野菜は、キャベツ、モヤシ、ニラ、ニンジンなど。
 煮込んだ野菜にもニラが入っていて、さらにニラを散らしているんだ。
 ニラ好きには堪らないな。

クリックすると拡大します

 麺を食べる前に挽肉の味見、合い挽きでしょうか。
 辛味付けされているようには思えず、まあ、スープ全体に馴染ませて頂くんだろうけど。

クリックすると拡大します

 製麺所不明の平打中細麺、柔らかめ仕上げで、スープとの相性にコメントはありません。
 麺量は一般的なラーメンより多く、未確認ながら180g以上はある印象です。
 つか、こんなに麺量が多いだけじゃなく、炒飯もフルサイズ、食べきれないんじゃ無いかと。

クリックすると拡大します

 案の定、食べ切れませんでした(ので、食後写真はなし)。
 途中で「麺とスープは食べ切って、炒飯はお持ち帰りしようか」と頭をよぎったけど、よぎっただけ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記