2023年12月29日

鶴見から川崎へ

/らぁ麺 松しん@京急鶴見(横浜市鶴見区潮田町)にてわんたん塩らぁ麺/時は豚なり@川崎(川崎市幸区神明町)にて豚ラーメン200グラム/

クリックすると拡大します

 今日から年末年始休暇。
 休みとなれば、かつてはどこまでも惰眠を貪っていましたが、今は昔。
 最寄り駅から昨日と同じ電車の便に乗って、鶴見駅に来ています。

クリックすると拡大します

 目指すラーメン店は駅から歩くと15分ほど、どうということはない距離ですが、バスがあれば乗りますよ。
 昔は、予めバスの便を調べておかなければなりませんでした。
 今はスマフォでススッと調べられるし。

クリックすると拡大します

 朝は、らぁ麺 松しん@京急鶴見(横浜市鶴見区潮田町)公式インスタグラム)へ。
 2023/10/3オープン、店主さんは支那そばやで4年修業されていたとのこと。
 立地は、45年以上の営業を2023/6/20に閉じたラーメンショップ潮田店の跡地。
 京急鶴見駅から歩くと15分くらい、バスでは3停留所。

クリックすると拡大します

 営業時間は5:00-9:00、11:00-15:00、月休。
 年末は12/30まで、年始は1/2と3が朝ラーのみ、1/4から通常営業。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油と塩が同額、らぁ麺900円、味玉らぁ麺1,050円、チャーシューらぁ麺1,200円、ワンタンらぁ麺1,200円、特製らぁ麺1,200円。
 オープンして暫くは醤油味のみを提供し、11/2から塩味を提供開始されています。
 ご飯物はスパシャル丼500円。
 お水はセルフですので、忘れずに。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜きでしょうか、U字カウンター4席、3席、4席の左側7席のみで営業されています。
 「いらっしゃいませ。お好きな席にどうぞ」「ありがとうございます」の店主さんの声のみが響き渡る店内。
 私は黙って食券を出すとか、黙って退店するとか、無理なんで。
 食券を渡すときには必ず声を掛けるし、店出るときも必ず挨拶します。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラインド。
 先客1人、後客3人。

クリックすると拡大します

 改めて麺上げを眺めていると、食券を出されてもすぐに麺を茹で始めません。
 茹で湯が「適温」になるまで待っている様です。
 冷たい麺を入れると茹で湯の温度が下がるから、茹で上がりの感じを合わせたいのだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして、わんたん塩らぁ麺1,200円
 「鶏と水」が一世風靡するずっと前から「鶏と水」のスープ、鶏と鳥とトリの旨味しか感じられない透明なスープ。

クリックすると拡大します

 艶やかで力強い細麺は相模原の佐々木製麺、これほどまでにスープに麺を合わせることができるのか。
 頂く前は「なぜエルアールフードではないのか」と疑問でしたが、頂いてみて納得。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、コガシネギ。

クリックすると拡大します

 チャーシューは仕上がりが柔らかすぎて、不器用な私では箸で持ち上げられません。
 柔らかいだけではなく食べ応えがしっかりしていて、味わいはスープと区別が付かないほど好相性。
 定規で測ったかの様に揃ったメンマ、コリッとした食感がいい感じです。

クリックすると拡大します

 逃げる様に滑る鶏ワンタン、ワンタンメンをトッピングしない場合は皮雲呑が乗るようですね。
 白ときどき緑の白髪ネギ、スープの香りを引き立てる揚げネギ。
 誰一人として欠けることなく、主役が脇役、脇役が主役。

クリックすると拡大します

 危うく「じゃ、醤油も」と食べるところだったわ、年甲斐もなく。
 何にも知らないで「おっ、朝ラーやってるじゃん」って食べたら、椅子から転げ落ちるほど旨さに驚くわ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 せっかく鶴見まで来たので、その交通費を考えるともう一杯食べておきたいところ。
 次の店は川崎駅からちょっと歩く立地ですし、営業開始まで時間があります。
 お金があれば電車で行くとなんだけど、お金がないので歩いて向かうことにします。

クリックすると拡大します

 途中、コンビニで休憩。
 コロナ禍では店内のイートインスペースは閉鎖されていました。
 今は徐々に元に戻りつつあります。

クリックすると拡大します

 1時間ほど歩いて到着。
 川崎駅からなら徒歩15分以内で、河原町団地の入口正面なんですね。

クリックすると拡大します

 お昼は、時は豚なり@川崎(川崎市幸区神明町)公式X)へ。
 松翔苑川崎店のランチ営業として、2023/11/20オープン。
 松翔苑って横浜が本店だと思っていて、相模原にも出店したかと思ったら、川崎にもあったんですね。
 公式ホームページが見当たらないので何店舗あるか分からないけど、1度くらいは焼肉を食べてみたいですね。

クリックすると拡大します

 営業時間が火から金の11:30-15:00のみ。
 万一の場合は次に行くので、営業開始の30分前に着くと先客ゼロ。
 ポールは苦手なので、店から少し離れて待っていたら、オープン時には先客4人。
 の後からのっそりと入店。

クリックすると拡大します

 店内は左手の壁側に4人掛けテーブルが2卓、右手の厨房に面したカウンター4席、計12席。
 焼肉屋のランチ営業でラーメンを提供するのは決して珍しくありませんが、大抵は「間借り営業」。
 松翔苑は別事業として豚仙人ブランドのラーメン店を展開、そのラーメンをそのまま持ってきたスタイル。
 とはえい、豚仙人は川崎には未出店、逆に言えば川崎への初出店。

クリックすると拡大します

 注文は、オーダーシートに記入して店員さんに渡すスタイル。
 メニューは豚ラーメン200グラム900円、300グラム1000円、400グラム1100円。
 汁なし豚ラーメンは同額、担次郎は200円増、ご飯物は神豚丼900円。
 無料トッピングのヤサイ、ニンニク、アブラも注文時に指定します。

クリックすると拡大します

 卓上には一味唐からし、ブラックペッパーグラウンド、酢。
 お冷や、箸、レンゲ、ウェットティッシュ、ティッシュが焼肉の焼き台の上に用意されています。

クリックすると拡大します

 少し待って、豚ラーメン200グラム900円
 コールは(コールしてないけど)、ヤサイ普通、ニンニク普通、アブラ少なめ。
 事前情報をチェックし忘れたとは言え、野菜はマシにするべきだったか。
 トッピングされているフライドオニオン、思いのほか香りますね。

クリックすると拡大します

 先ずはヤサイから、茹でモヤシと茹でキャベツの割合が3対2くらいの印象。
 程良い茹で加減でシャキシャキ感も感じられますが、いつもなのかたまたまなのかぶれなのか、不明。
 合わせてスープも味わってみましたが、この手のG系ではかなりあっさりめの味わい。
 とはいえ、私はG系を月に一杯も食べないので、なんとも。

クリックすると拡大します

 次は豚、ラーメンで「豚」と言えば、煮込み厚切り豚肉って市民権は得られたのでしょうか。
 ふわッとしてトロッとした食感を神豚と呼ぶのであれば、かなり遠い立ち位置。
 なんだけど、豚はスープと合わせて食べることが多いので、スープとの相性の方が大切だと思われます。
 豚が2つトッピングされているので、異なるタイミングで食べて、味わいの違いが楽しめます。

クリックすると拡大します

 松翔製麺の極太麺、長めの茹で時間で芯は残っておらず、スープによく合って美味しい。
 製麺所の松翔製麺は、松翔苑の経営母体である合同会社S.R.Fの製麺事業部。
 つまり合同会社S.R.Fは、焼肉屋の松翔苑、ラーメン店の豚仙人、製麺事業として松翔製麺を経営されています。
 ちなみに「松翔」は、「松原商店街」から命名されたとのこと。

クリックすると拡大します

 途中で味変すること無く、気が付いたら麺もスープも無くなっていたという。
 食べ終わったら、席を立って奥のレジでお会計。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ明るい時間帯ですが、お腹いっぱいなのでまっすぐ帰ります。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記