2023年12月30日

固焼きに半チャーハン

/台湾料理 福亭 北金目店@平塚市北金目にて五目バリそば、五目炒飯(小)/

クリックすると拡大します

 うっかり忘れていたバイク(原チャリ)の駐輪場代を払いに行って、ついでに灯油を買ってくる。
 なにがどうなのかは説明できないけど、何かとせわしない。
 平塚や茅ヶ崎、藤沢の新規オープンした未食のラーメン店へ行っておくかと思いつつも。
 もう私の役割(立ち位置)はそこじゃない、と気が付く年の瀬。

カモ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F7.1 1/250 0EV ISO100) / Auto
カモ

 瞳AFなんか無くても、
 鳥が止まっているなら、
 MFで撮ればいいじゃないですか。

ムクドリ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/1000 0EV ISO400) / Auto
ムクドリ

 木々に囲まれているので、
 こちらもMFで撮影。
 数を撮ればいいし、
 撮れるまで撮ればいいし。

カモ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/1000 0EV ISO400) / Auto
カモ

 その深緑な青い頭部に見入ってしまう。
 カモは何に見入っているだろうか。

クリックすると拡大します

 お昼は、台湾料理 福亭 北金目店@平塚市北金目へ。
 営業時間は11:00-14:30 17:00-24:00、無休なんだけど、
 年末年始の営業状況が分からないので、やっていたら食べていこうかと伺ってみました。
 札が営業中で、ドアが開いているからやっているのかな、、、まだ営業時間前だけど。

クリックすると拡大します

 改めて入口の張り紙を確認すると、休みは元日のみで、他はやっているんだ。
 確か2015年辺りにオープンして、いつか行くこともあるかなと遠く考えていました。
 他には伊勢原店、中井店、平塚店があって、いつか行くこともあるかなと遠く考えます。

クリックすると拡大します

 店内は、県内に広く展開する台湾料理店、中華料理店に酷似した席配置。
 ※台湾料理店、中華料理店はファサードやメニューが似通っていますが、同一経営なのかどうかは不明。
 厨房近くに3席のカウンター、テーブルは4人掛けが5卓、6人掛けが3卓、小上がりが3卓。

クリックすると拡大します

 「すみません、やってますかー」「はーい、いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」。
 開店時間前に入ったのでノーゲスですが、その後続々、完全にこの地で認知されています。
 当たり前だよね、8年も営業されているんだから、さ。
 斬新な創作料理、特別な食材を使った高級料理は、皆に任せて、私は地に足を着けた料理を楽しみます。

クリックすると拡大します

 何を食べるか決めてあるけど、一通りメニューを眺めます。
 平日のお昼のみの日替わりランチは、ラーメンに一品料理、サラダ、ライスが付いて800円。
 曜日無関係のラーメンセットはラーメンと各種炒飯が一皿付いて、昼は800円、夜は950円。

クリックすると拡大します

 定食メニューは980円から1,180円で15種類も用意されていて、目移りする。
 いずれもラーメン(台湾、豚骨、豚骨台湾、醤油、塩、味噌台湾)のセットだけど、ラーメン定食とは呼ばない。
 お子様定食はミニ炒飯とミニラーメンから選べます。
 ラーメンなしは100円引きの意味が分かりかねます。

クリックすると拡大します

 料金改定に伴って新調されたと思われる分厚いメニューブック、麺類は三頁に渡って紹介されています。
 醤油ラーメン580円、味噌ラーメン800円、台湾ラーメン600円、酸辣タンメン800円など。

クリックすると拡大します

 ジャージャー麺780円、ざる中華700円、夏季限定の冷やし中華800円など。
 お目当ての固焼きそば、こちらでは「五目焼きそば」か「五目バリそば」と思われます。
 「すみません、『五目バリそば』は「カタヤキソバ」ですか?」「はい、バリそばひとつ」
 「炒飯は半分にできますか?」「はい、小チャーハンですね」

クリックすると拡大します

 程なくして、五目バリそば935円五目炒飯(小)440円、玉子スープ。
 写真を撮るとき、料理のお皿の大きさや盛り付けは提供されるまで分からない(ことが多い)。
 光線の方向は予め分かっているけど、撮影にあんまり時間を掛けると料理が冷めますし。
 そもそも撮影に来ているんじゃなくて、料理を食べに来ているんですから。

クリックすると拡大します

 餡は白菜、玉葱、人参、木耳、筍、ベビーコーン、マッシュルーム、イカ、ウズラの玉子、むきえびなど。
 甘め強めの味付け、可もなく不可もなくでなく、優の味わいでとても心好い。
 そりゃそうだよね、8年も営業されているんだから、さ。

クリックすると拡大します

 水煮のウズラが1個だけ入っていて。
 まあ無くてもあっても良さそうだけど、それでも無ければ寂しく感じるウズラの玉子。

クリックすると拡大します

 固めに揚げられた中細麺は麻生製麺、コーティングのようにまとわりつく餡と好相性。
 すぐに柔らかくなる麺も美味しいし、最後まで固いままの麺も美味しい。

クリックすると拡大します

 どちらの料理に付いているのか分からない、玉子スープ。
 中華スープじゃないところが、他店との差別化なのかも知れないし、実は北金目店だけかも知れない。
 ああ、知りたいなぁ、他人のネット情報からではなく、自分が訪問して知りたい。

クリックすると拡大します

 五目炒飯はフルサイズが935円、小(半?)が440円。
 レンゲではなくスプーンであるのは、本格的な中華料理店である証らしいけど。
 こちら、中華料理店ではなく台湾料理店ですけど。

クリックすると拡大します

 お米の一粒々々を輝かせるパラパラタイプの仕上がり、具は全卵、茶シュー、ネギと言ったところ。
 どの料理にも合わせられるようにか、かなりあっさりした味わいがとても心好い。
 五目バリそばと交互に食べている時は良かったけど、チャーハンだけの時はちょっと物足りない。
 白胡椒をパッと振って頂くと、これがまた美味しい。

クリックすると拡大します

 食べ終わったら、伝票を持ってレジでお会計。
 現金以外にPayPayが使えます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 日が暮れる前に月と一緒に風景を撮ろうと、震生湖へ。
 真っ暗になるまで待ったけど、月を見ることができず。
 晴れの日があれば、曇りの日もあるよね。

キセキレイ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F7.1 1/320 0EV ISO5000) / Auto
キセキレイ

 前回と同じ震生湖、近寄ってもなぜか逃げていかない。
 ひょっとして前回と同じ鶏で、「また会ったね、こんちは」とでも挨拶したかったのだろうか。
 また、会いたいね。
 
 実は飛び立つ直前、羽ばたき出す瞬間が撮れています。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記