2024年02月04日

雨の大船

/横浜家系ラーメン今野家@大船(鎌倉市大船)にてラーメン、ライスサービス/ヘアカット/

クリックすると拡大します

 朝から雨。
 午後には上がるとの予報で、早めに帰ってこられたら、ちらと写真でも撮るかなと。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、横浜家系ラーメン今野家@大船(鎌倉市大船)公式ホームページ)へ。
 鴨to葱がプロデュースし、武骨家などを展開するケンコーホールディングスの運営で、2023/11/20オープン。
 立地は大船駅東口から徒歩1分、すき家とパリミキの間。

クリックすると拡大します

 店舗があるKENKO大船ビル自体は、ケンコーホールディングス(公式ホームページ)の所有。
 1階と2階を焼肉やまととして営業され、1階の三分の一程度をラーメン店として営業されています。
 焼肉屋で〆のラーメンまでは提供せず、ラーメン店を別店舗とするのはどんな目的、理由があるのだろうか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、すぐ左手に券売機。
 メニューはラーメン800円、チャーシューメン980円。
 トッピングはのり80円、味付玉子100円、白髪ネギ130円、青菜野菜130円。
 他にチャーシュー丼350円、生ビール380円、開店から18:00までは、ライス無料サービス。

クリックすると拡大します

 店内は奥に長く、配膳用通路に面したL字カウンター10席と2席、計12席。
 給水器は出入り口近くに1台だけですので、忘れずに。
 「いらっしゃいませ、お好きな席にどうぞ」と案内されます。

クリックすると拡大します

 食券を渡すと「お好みはございますか?」と訊かれ、「麺柔らかめで」。
 「ライスのサイズはどうされますか」、「中でお願いします」。

クリックすると拡大します

 卓上にはおろしにんにく、自家製辣椒醤(ラージャージャン)、お酢、ブラックペッパーグラインド。
 開店直後に入店したので前客ゼロ、厨房に一番近い1番奥の席に座ります。
 厨房にはかなり大きめの寸胴が2基、コンロは点いていますが炊いているというか保温している印象。

クリックすると拡大します

 店内の所々に、「今野家のこだわり」が貼り出されています。
 何ヶ所か気になることがあるけれど、せめて「三河屋製麺所」は「三河屋製麺」に訂正した方が良さげ。
 まま、どの口が言う、って話しですねー

クリックすると拡大します

 少し待って、ラーメン800円、ライスサービス。家系お好みは、麺柔らかめ。
 スープの淡い赤銅色から直系(ちょっけい)インスパイアを感じ、僅かながら骨感を伴う舌触り。
 開店直後らしい浅めの味わいながら、もう1、2時間もすれば最高に達するのでは無いだろうか。
 いやいや、味濃いめがベストなのかも知れない。

クリックすると拡大します

 茹でほうれん草からは、新鮮な風味を感じられます。
 ラーメンにトッピングするほうれん草には、生ほうれん草、冷凍ほうれん草、茹でてから冷凍などがあります。
 どのほうれん草も一長一短があり、私は生ほうれん草が好みです。
 生ほうれん草って表現、なんか変ですねー

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の平打中太麺はスープと好相性、だがしかし、なぜ好相性なのかが解せない。
 この「麺とスープの相性」は、食べ手の好みが最も影響すると考えています。
 どんな麺でも固めが好きな人もいるだろうし、気分で変える人もいるだろうし。

クリックすると拡大します

 チャーシューは小さいながら燻製タイプ、スープによく合っていてとても心好い。
 大きさに是非があるとは思いますが、今の時代に800円で燻製チャーシューは驚きでしかありません。
 とは言え、値段と味と好みが関係ないことも事実ですな。

クリックすると拡大します

 さて、家系海苔巻き。
 18:00まで無料サービスのライスは小、中、大から選べます。
 無料サービスなので大にしたいのところを、諸般の事情により中。

クリックすると拡大します

 おろしニンニクと自家製辣椒醤を少しだけご飯に乗せ、たっぷりスープを吸わせた焼海苔でくるっと巻いて。
 パクッといただく、うんまい。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上頂いてから、お楽しみの味変タイム。
 もう少しスープを飲んでからにするんだったなぁと思いながら、おろしニンニクと自家製辣椒醤を乗せて。
 全体に馴染ませて頂くと、結構いい感じ。

クリックすると拡大します

 後客続々、ラーメン店が多い大船駅周辺の新参者として繁盛されていますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の用事まで時間があるので、ヘアカットなぞ。
 かつては1,000円ポッキリでしたが、今や1,350円。
 すっきりして店を出ると、「今日は中止になりました」と連絡が入って、ガッカリ。
 ま、仕方なし、帰るか。

駐輪場近くの水仙
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 37mm / FV (F5 1/80 0EV ISO100) / Auto
駐輪場近くの水仙

 駐輪場って言われても分からないだろけど。
 盛り土の上にあるので、ほんの少しの登り坂、
 に咲く水仙。

駐輪場近くの水仙
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 70mm / FV (F6.3 1/80 0EV ISO160) / Auto
駐輪場近くの水仙

 水仙だけ撮ろうと屈んだら、奥に蕾があったので一緒にパチリ。
 陽が差していればとも思いますが、
 雨上がりの曇りでもちゃんと撮る。

線路脇の水仙
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 105mm / FV (F7.1 1/125 0EV ISO320) / Auto
線路脇の水仙

 枯れた草の間に咲く水仙。
 真っ白い水仙と、濡れた枯れ草のコントラストに惹かれて。
posted by ふらわ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記