2024年02月11日

台湾料理系(福源編)

/台湾料理 福源@愛甲石田(厚木市小野)にて五目バリそば、炒飯(少なめ)/接写/

クリックすると拡大します

 今日は昨日のブログというか、写真編集というか、記事執筆に没頭する。
 まあ、趣味でやっているので、面倒くさかったりやりたくなかったらやらなければ良いんだけど。
 中々辞めることが出来ない、いわゆるブログ中毒ですかね。

梅の蜜を吸うメジロ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 213mm / FV (F7.1 1/320 0EV ISO100) / Auto
梅の蜜を吸うメジロ

 曇天を背景に梅の木を見上げて撮影。
 現像してみると、メジロの羽のグラデーションが再現されてびっくり。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、台湾料理 福源@愛甲石田(厚木市小野)へ。
 ちらっとググってみると、「福源」は神奈川県内に3軒、台湾料理の福源は厚木と大和(2011/3/22-)の2軒。
 創業時期は不明ですが、2011年辺りから営業を開始しているようです。
 見るからにコンビニ跡地、ググってみるとローソンの跡地。

クリックすると拡大します

 ファサードから間違いないと確信していましたが、店先の立て看板で台湾料理系(勝手に命名)と確定。
 今の御時世にどうしてこんな安く提供できるのか、私には想像すら出来ません。

クリックすると拡大します

 昼営業終了間際、前客10人以上、後客8人。
 店内は壁側が小上がりで6人分が6卓、通路を挟んで4人掛けテーブルが4卓、の背面に2人掛け4卓。
 窓側に4人掛けテーブルが5卓、計80席。
 「いらっしゃいませ、何名様ですか」「一人です」「それではこちらへ」と2人掛けに案内されます。

クリックすると拡大します

 席に座るとすぐにお冷やのピッチャー、コップ、ウェットティッシュが運ばれてきます。
 卓上には辣油、酢、醤油、いちみとうがらし、拉麵胡椒。
 口頭注文後会計、食べるメニューは決めてありますが、全てのメニューを確認します。

クリックすると拡大します

 麺類は見開き頁として紹介されています。
 台湾ラーメン580円、天津ラーメン680円、担々麺680円、フカヒレラーメン980円など。
 五目ソースかけ麺580円、あさりうどん580円、そばの鉄板焼き880円など、魅力的なメニューもラインナップ。

クリックすると拡大します

 炒飯550円、台湾炒飯580円、フカヒレあんかけ飯780円など。
 「チャーハンの小はできますか」「ありません、少なめはできます」「それでは少なめでお願いします」
 同じ系列店であっても屋号が異なるからか、半チャーハンがあったり、小があったり、新しい発見があります。

クリックすると拡大します

 少し待って五目バリそば748円、炒飯(少なめ)605円
 店舗によって異なる食器、スープが付いたり付かなかったり、辛子は小袋入り。
 台湾料理でカタヤキソバを食べる場合は箸ではなくフォークなんだな。

クリックすると拡大します

 スープ少なめの餡は、揚げ麺の上に乗っかっているだけですが、餡が緩めで麺に良く染み込みます。
 先ずは野菜から、餡は熱々、何かを入れ忘れたかの様なあっさりめの味付け。

クリックすると拡大します

 続けてむきえび。
 他の食材はマッシュルーム、青梗菜、白菜、人参、キクラゲ、イカなど。
 サンプル写真ではウズラがあるので、きっと入れ忘れ。

クリックすると拡大します

 揚げ麺はカリッカリの硬さで、二口目には柔らかくなるほど餡が染み込みます。
 こちらの麺は揚げてから時間が経っているのか、そもそもなのかは分からないけど、すぐに柔らかくなる。
 この位柔らかくなるのが早いと、酢を回し掛けなくて済みますね。

クリックすると拡大します

 玉子スープにはワカメ、ニンジン、豆腐などが入って、とろみは弱め。
 一口目から熱くないのが謎です。

クリックすると拡大します

 炒飯はフルサイズが550円(税込605円)、ご飯少なめも同額。
 ご飯少なめにしたら、どのくらい安くなるのか確認したくてお願いしましたが。
 変わらないなら普通でも良かったかなと思うほどの量。
 注文時に確認しろって話しか、店員さんのやりとりって苦手なんだよね。

クリックすると拡大します

 ややしっとり感が残るパラパラタイプ、美味しいですねぇ。
 具材は全卵、刻んだチャーシューなど定番ですが、ねぎが使われていないのに軽く驚く。

クリックすると拡大します

 固焼きそばの平皿にスープが残るのが気になっていましたが、今日は何とか綺麗に食べられました。
 食べ終わってレジでPayPayっとお会計。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰ってくるとまだまだ陽が高いので、水仙でも撮ってみるかと。
 RF24-105mm F4-7.1 IS STMって、カメラ本体側のAFを切ると、最短撮影距離を20pより近づけられます。
 それがなんだと言われても困るんだけど、いつか必要な時のために、練習ってことで。

水仙の接写
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 24mm / FV (F4 1/125 0EV ISO125) / Auto
水仙の接写

 カメラ側のAFを切ると、MFでさらに寄れるレンズ。
 さらに寄ると被写体が影になるので、曇り空の今日は撮影日にぴったり。
 ファインダー内で大体MFで合わせたら、前後に30枚くらい撮って、の一枚。

水仙の接写
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 24mm / FV (F4 1/125 0EV ISO125) / Auto
水仙の接写

 カメラ側のAFを切って、MFでさらに寄って撮った一枚。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記