2024年02月18日

朝ラーとおでん

/博多長浜らーめん福ちゃん@伊勢原市板戸にて朝ラーメン/箱根そば 大宮ラクーン店にてのどぐろ・ほたて、春菊天そば/おでん食べ放題 傳にておでん食べ放題/

クリックすると拡大します

 朝から雨が振っていて、雨なら雨で撮りたい写真もあるんだけど。
 そんな雨の中を写真を撮りに出掛けるのは、まだまだ厳しい。
 頑張らねば。

クリックすると拡大します

 朝は、博多長浜らーめん福ちゃん@伊勢原市板戸へ。
 2024/2/9の「福の日」から始まった朝ラー狙いで、伺います。

クリックすると拡大します

 朝ラーは7:00-11:00の販売、11:00-22:00は通常営業。
 朝ラーの販売時間帯にも、レギュラーメニューは販売されています。
 平たく言えば、営業時間が7:00-22:00に変更されて、7:00-11:00の時間限定メニューを始めた体。

クリックすると拡大します

 前回の訪問はオープン直後で券売機は使われていなかったので、初めましての券売機。
 ラーメン700円、マー油入り火の国ラーメン800円。
 替え玉は一玉100円、替玉放題300円。
 ご飯物はセットご飯(明太・焼豚)350円、明太ご飯500円、焼豚ご飯500円、【夜限定】TKG(フワトロ)300円。

クリックすると拡大します

 朝ラーメン500円、朝セット(小ライス・生卵付き)200円。
 ボタンをそれぞれ4つ用意する気合いの入れよう。

クリックすると拡大します

 10時の入店で前客2人、後客なし。
 店員さんに食券を渡すと「麺の茹で方はどうされますか?」と訊かれ、カタメンでお願いします。
 卓上には紅生姜、辛子高菜、白胡麻、辣油、酢、醤油、胡椒、かえし。

クリックすると拡大します

 すぐに朝ラーメン500円、この麺相で500円とは頑張り過ぎではないだろうか。
 ラーメンからチャーシュー1枚とキクラゲを外し、スープに背脂と和風出汁を追加しています。
 丁寧に炊き出されたとんこつスープに鰹節出汁をブレンド、美味しいですなぁー

クリックすると拡大します

 麻生製麺の細麺が実に良くスープに合って、スルスルといただけます。
 替玉前提の麺量なんだけど、朝だけに、替え玉しなくても十分満足できますね。
 もちろん、満腹こそ正義のお客さん向けの替え玉、席に座ったまま現金注文可能です。

クリックすると拡大します

 チャーシューはバラ肉、しっかりと味が入っていて美味しい。
 他のトッピングは焼海苔1枚、多めの刻みネギ。

クリックすると拡大します

 さて、お楽しみに味変タイム。
 紅生姜と辛子高菜、バッチリじゃないですか。

クリックすると拡大します

 なんか物足りないと思って、店員さんから「ニンニクはありますか?」と訊くと、冷蔵庫から出してくださいます。
 博多ラーメンだからと言っておろしニンニクが必須ではないけれど、
 おろしニンニクがあるとより博多ラーメンらしく感じられます。

クリックすると拡大します

 食べ終わるとノーゲス、スープのこととか、福屋のこととか、四方山話でしばしご歓談。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 どのくらいぶりだろうか、大宮。
 県外のラーメンを積極的に食べなくなって、随分と経つな。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、箱根そば 大宮ラクーン店へ。
 2023/8/26オープン、立地は大宮駅東口より徒歩数分の大宮ラクーン 1F。
 パチンコ屋に併設されていて、私のようにパチンコをしない人は、大宮駅と反対側から出入りできます。
 外食に不慣れな人は出入り口がちょっと分かりにくいかも知れません。

クリックすると拡大します

 店内は箱根そばとしてはがらんと広く、東京と神奈川の箱根そばで食べ慣れた私には落ち着きません。
 席は、壁向きカウンターが5席と12席、2人掛けのテーブルが8卓、計33席。
 14時頃の入店で、前客10人、後客4人とアイドルタイムですな。

クリックすると拡大します

 券売機はパチンコ店側の入口に1台、他本支店と同一の最新式のタッチパネル式です。
 ブラインドタッチできるほど(笑)メニュー構成は覚えていますが、大宮店限定メニューをひと通り探します。
 見つけられなかったので、季節限定メニューとしましょう。

クリックすると拡大します

 決済方式は頑なに現金と交通系ICカードのみ。
 買った食券には番号が印刷されているので、番号が呼ばれたら取りに行く海老名店スタイル。
 駅近店以外では今後、番号呼び出し方式は増えていくのかな。

クリックすると拡大します

 調味料の七味唐辛子、醤油、ソースなどは受付にまとめられています。
 商品を受け取ったらすぐに使うか、食べている途中に取りに行くか、考えどころです。
 同じ場所に用意されている箸は、プラ箸と割り箸。
 お冷やはセルフ、忘れずに汲んで空いている席に座ります。

クリックすると拡大します

 お冷を一口飲んだところで番号を呼ばれ、のどぐろ・ほたて、春菊天そば650円
 安心安定した箱そばの麺相、ついに埼玉でも食べられるようになりましたか。
 駅ナカ、駅チカの立ち食いそばテイストでは考えられない、丁寧な盛り付けにうっとり。

クリックすると拡大します

 のどぐろって魚だから、刺身で頂く成魚ばかりではなく、小さい小魚は出汁を引いたり、天麩羅で頂いたり。
 小振りの天麩羅であってものどぐろらしい味わいがとても美味しい。
 ちなみに私は尻尾も食べる派です、海老であっても。

クリックすると拡大します

 ほたての天麩羅は美味しいんだけど、やっぱり貝類は刺身が好きかな。
 でも逆に天麩羅として食べることが少ないので、もり汁に浸けて美味しくいただきます。
 メニューにビールやお酒があれば、蕎麦前にして一杯も楽しめるのですが。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は安心安定の箱根そばの麺、この麺の美味しさがあってこその箱根そば。
 細かいことかも知れないけど、「はこねそば」を「はこそば」と一文字略すのはなぜなのだろうか。

クリックすると拡大します

 毎日食べていたこともあったけど、今では月一で食べれば十分満足できます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、今夜はおでん食べ放題 傳へ。
 何か用事がないと大宮に行かれないので、こうして誘ってもらえると、二つ返事で伺ってしまう。
 とはオープン直後の予約、まだまだ外は明るい。

クリックすると拡大します

 立地は大宮駅西口至近、雨が降っていても、走りきれる距離。
 エレベーターで3階に上り(階段でも可)、踊り場を左手に足を進めれば、すぐに店舗。
 店内は全席個室ですので、店員さんに案内していただいた席も個室。

クリックすると拡大します

 食べ物メニュー。
 おでん食べ放題がウリですが、おでん以外にも一般的な居酒屋メニューが揃っています。

クリックすると拡大します

 飲み物も一通り用意されていて、日本酒は9種類も用意されています。
 予約時に飲み放題も選べますが、「日本酒が少ない」ので席だけ予約してくれた友人に感謝。

クリックすると拡大します

 それでは、生ビール580円で乾杯
 今夜は大宮で二人お疲れ様会♪
 明るいうちから飲むビールは何物にも変え難い美味しさ(復唱)。

クリックすると拡大します

 枝豆420円
 居酒屋に行くと、いや、居酒屋に行かないと食べない枝豆。
 自宅でも食べられるけど、居酒屋で食べると何故か美味しく感じます。

クリックすると拡大します

 鶏皮ポン酢520円
 薄めに衣を付け、カラッと揚げた鶏皮におろしを乗せてポン酢を掛けてあります。

クリックすると拡大します

 ネギ多めがそこはかとなく嬉しい。
 ビールによく合って、とっても美味しいですねー

クリックすると拡大します

 ベビースターサラダ640円
 他のサラダを頼んだら品切れとのことで、第二候補としていたサラダ。
 サラダなんだから野菜だけのを食べたい日もあれば、今夜みたいに創作系サラダを食べたい気分の日もある。

クリックすると拡大します

 ベビースターはそのまま食べても美味しいし、野菜と合わせて食べても美味しい。
 特にミニトマトとの相性抜群、今度自宅でもやってみよっと。

クリックすると拡大します

 兵庫の蔵元である小西酒造が醸す「栄の井(さかのい)」上撰 R5BY。
 未飲の蔵元、上撰ってのがいいねぇ。
 思っていた以上に米の旨みを感じます。

クリックすると拡大します

 さて、おでんを食べないと。
 アラカルトで頼むと「かなり」割高ですから、おでん食べ放題(2時間)990円をお願いします。
 おでん食べ放題だけの注文はできませんけど、普通に飲み食いするなら全く問題ありません。
 食べ放題のネタは13種類、一度に注文できるのは10品まで。

クリックすると拡大します

 大根、ちくわぶ、たまご、こんにゃく、しらたき、はんぺん、がんも、ウインナー、あつあげ。
 まあ、よそるだけだろうから、すぐに運ばれてきます。
 何故か9品ですけど、食べ放題なので次で頼めば無問題。

クリックすると拡大します

 丁寧に出汁を引いたお汁、素材の美味しさを引き出す程度の味わいで、1品200円も納得、むしろ安い。
 ただまあ、辛子などの調味料は居酒屋テイスト、肩の力を抜いて楽しめる美味しさ。

クリックすると拡大します

 すかさず日本酒。
 店内は早い時間から混み合っていますが、店員さんも多く、すぐに運ばれてきます。
 新潟の蔵元である朝日酒造が醸す「久保田 千寿(くぼた せんじゅ)」吟醸酒 R5BY。
 おお、おでんの味わいによく合って、あっという間に空けてしまいそう。

クリックすると拡大します

 ちくわ、ちくわぶ、さつま揚げ、かまぼこ、わかめ、大根、たまご、はんぺん。
 食べ放題の第二弾、注文していないネタ、注文したのに来なかったネタ、もう一回食べたいネタ。

クリックすると拡大します

 おでんネタで1番好きな大根が食べられて、私は幸せ。
 味がしみしみで何を食べているのか分からないネタも美味しいし、最小限と味付けも美味しい。

クリックすると拡大します

 岩手の蔵元である南部美人が醸す「南部美人(なんぶびじん)」特別純米酒 R5BY。
 今夜も大好きな蔵元の南武美人が飲めて、とっても幸せ。

クリックすると拡大します

 現時点では情報未公開のお湯割り。

クリックすると拡大します

 ぎゅうすじ380円、ロールキャベツ380円
 食は細くなる一方ですから食べ放題は2丼までとし、食べ放題に含まれていないネタを食べることにします。
 塩味とも言えるほどあっさりした味わいの牛スジ、2本頼めば良かったさ。

クリックすると拡大します

 次の日本酒は熱燗、銘柄は八海山。
 おでんには熱燗が合うよねー、初めっから熱燗にすれば良かったと、反省。

クリックすると拡大します

 焼き物を食べたくなって、焼き鳥3種680円
 部位の説明はありませんでしたが、食べた感じでは正肉、ハツ、もも肉。

クリックすると拡大します

 焼きそば680円
 〆はそばかうどんかと逡巡してそば、結構な麺量。
 豚バラ肉やキャベツ、もやしと一緒にソースと焼き上げ、花鰹とねぎをあしらってあります。

クリックすると拡大します

 美味しいのはおでんだけかと思ったら、焼きそばも美味しいじゃないですか。
 二人でペロッと頂きます。

クリックすると拡大します

 お茶代わりに緑茶ハイでお会計。
 美味しいおでん、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記