2024年02月27日

横浜の肉バル

/肉バル MEAT BOY N.Y 横浜駅前店にて鶏の唐揚げ、ハラミステーキ、ジャーマンポテトなど/

クリックすると拡大します

 写真を販売していると、自分が気に入っている写真が必ずしも売れるわけでは無い。
 どちらかというと、狙わずに肩の力を抜いて撮った写真の方がよく売れる。
 面白いものです。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、今夜は肉バル MEAT BOY N.Y 横浜駅前店へ。
 横浜に勤めている友人に「飲みに行こう」と誘われるまま飲みにいく第何弾だっけ的な飲み会。
 自分でお店を探すと日本酒基準になってしまいがちなので、じゃない店で飲めて嬉しい。

クリックすると拡大します

 立地は横浜駅北口から徒歩数分とはいえビルの4階、予約しないで行く人はいないんじゃ無いかな。
 って店長さんに振ったら、毎日一組くらいはフリーがいるとのこと。
 世の中のことをどんだけ知らないんだよ、オレ。

クリックすると拡大します

 店内は全席半個室。
 コクーンっていうのかな、全てのテーブル席は繭型のフードで囲まれています。
 他のお客さんと視線が合わないよう、店員さんに声掛けしやすい設置の居心地の良さよ。

クリックすると拡大します

 オーダーはQRコードを読み取ってのスマホオーダー。
 スマホを持っていないお客さん向けのメニューも、用意されています。
 とは言え、最初の一杯は口頭注文ってのが嬉しい。

クリックすると拡大します

 先ずはサッポロ黒ラベルの生で乾杯。
 今夜は横浜で二人お疲れ様会、寒い夜でもビールでスタート。
 ビールを飲みながら、アラカルトでチャッチャとオーダーします。
 三つほど同時にオーダー、さて、どれから運ばれてくるかな。

クリックすると拡大します

 最初に配膳されたのは、ローストビーフのカルパッチョ1,400円
 イギリス料理のローストビーフとイタリア料理のカルパッチョのフィージョン料理、でしょうか。
 華やかな紅のスクエア・プレートに、ソースを掛けたローストビーフを並べ、フライドガーリックをちらしています。

クリックすると拡大します

 どこでも美味しいローストビーフが食べられる現代、さらにランクアップするために、イタリアンでアレンジ。
 ソースがローストビーフにとてもよく合い、思っていた以上に美味しい。

クリックすると拡大します

 肉バルであっても外せないポテトサラダ、厚切りベーコン添えポテトサラダ590円
 ポテトより多い、トッピングのベーコン、ミニトマト、コーンにサラダ菜。

クリックすると拡大します

 ベーコンの焦げた香りと塩味に惹かれるようにポテトとコーンをいただく、いい感じです。
 特別な味わいではなく、料理人の創意工夫や料理に対する思いが伝わってきます。
 この辺りでビールが飲み終わりますね。

クリックすると拡大します

 今夜はワインを、友人はポールスター、私は赤ワイン。
 ポールスターとはスパークリングワインのこと、シャンパーニュほどではありませんが程よい泡立ち。
 料理が綺麗に写り込んでいるのは、たまたまなのか、狙ってなのか。
 スマホでこれだけ撮れたら、もうコンデジもミラーレスも要らない。

クリックすると拡大します

 ワインときたら、生ハムとチーズの盛合せ1,580円
 生ハムやチーズは様々な楽しみ方ができるので、今夜はそのまま楽しんでみます。

クリックすると拡大します

 若者向けの大きめのポーション、フォークで切り分けていただくのも楽しい。
 ワインに合わない訳は無いので、とても美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 たまにはウイスキー、今夜はダブルエイジ製法のブレンデッドウイスキーであるデュワーズを。
 飲み方はロック、水割り、ハイボール、ジンジャー、コークハイが選べるので、ロックで。

 冬だとホットもアリですが、今夜はロックで。
 肉料理に合わせるのも楽しいですね。

クリックすると拡大します

 居酒屋料理の我流ベンチマーク的な、自家製ダレに漬け込んだ唐揚げ750円
 油のキレ具合から調理方法が想像できますが、別皿のマヨネーズで相殺されますな。

クリックすると拡大します

 一口では厳しいほど大ぶり、こちらもナイフとフォークで切り分け、マヨネーズをたっぷり付けて。
 牛肉だけではなく鶏肉も楽しめる肉バル、だかしかしその鶏肉が美味い。

クリックすると拡大します

 さて、ついに、メインの【溶岩焼きステーキ】ハラミステーキ1,850円
 ステーキはサーロイン、ミスジ、ハラミと用意され、破格の国産牛サーロインも。
 の中で1番安いハラミをチョイス。
 薬味は特製ソース、山葵、ヒマラヤピンクソルト。

クリックすると拡大します

 赤身をしっかり残した焼き方はミディアム、付け合わせはキャロット、ポテト、オニオン。
 ステーキならロースかサーロインと決めつけていた自身を打ち砕くハラミの旨さ。
 いや、この溶岩焼きってのが美味しいのか。

クリックすると拡大します

 デュワーズ、お代わり。
 2杯目はチャイサーをお願いするのを忘れずに。

クリックすると拡大します

 時間とお腹に余裕があるので、ジャーマンポテト(チーズ焼き)1,480円
 若かりし頃に通っていた居酒屋でよく食べていた「イモチン」、こんな場所で再開できるとは。
 ポテトとオニオン、ウインナーを焼いてプレートに乗せ、上からチーズを掛けてさらに焼いた逸品。

クリックすると拡大します

 こんな時間にこんなにチーズを食べても大丈夫なのか心配になるほどの高カロリー料理。
 たまにはいいじゃないか、と自分に言い訳して、美味しくいただきます。
 高カロリーだからこその旨さもあるよねー
 ダイエットはしていないけど、ダイエットするなら明日からだな。

クリックすると拡大します

 〆のご飯は肉寿司、牛タン寿司990円
 肉寿司はささみ、鴨、牛タン、ローストビーフ、馬と個性派揃い。
 今夜は牛タンにしてみたら、カリッカリに焼かれた牛タンのお寿司、登場。

クリックすると拡大します

 山葵醤油でいただくと、牛タン丼にも似た味わい。
 牛タン好きにはたまりませんっ

クリックすると拡大します

 別腹デザートは、バニラアイス(キャラメル)450円
 友人はアイスでクールダウン。
 美味しいステーキ、美味しい肉寿司、美味しいウイスキーをご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記