2024年03月31日

桜の開花、始まる

/自家製麺らーめん・ごはん倉家@緑園都市(横浜市戸塚区上矢部町)にて倉醤、本日の丼もの(昔ながらのレトロチャーハン)/あぶみ商店@長後(藤沢市高倉)、生姜塩中華そば、豚ザーサイご飯/

クリックすると拡大します

 昨日に引き続き、本日も朝から晴天、絶好のラーメン日和。
 何はなくともお休みの日はラーメン店の予定を入れてあります。
 急な用事とか、天候とか、お店の都合とか、自分の気分とかで、予定通りにならないことが多い。
 だってそれが予定でしょ。

クリックすると拡大します

 お昼は、自家製麺らーめん・ごはん倉家@緑園都市(横浜市戸塚区上矢部町1478-1)公式X)へ。
 湘南台から移転して2024/3/15オープン、湘南台の前のことは、あちこちで書かれているのでこちらでは割愛。
 立地は緑園都市駅から徒歩30分、1時間までなら歩けたこともありましたが、今は昔。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-14:30 18:00-21:00、土日祝は昼営業のみ、定休日は木曜日。
 駐車場は車1台分、となると近所のコインパーキングを目指した方がいいのかな。

クリックすると拡大します

 ガラス窓越しに店内を覗くと、店内は満席、入店せずに店先で待ちます。
 このあたりの呼吸は何とも言えないところで、トップレベルのラーメン店トラブル。
 しばらく待っていると、店員さんが外に出てきて「お一人ですか?中へどうぞ」と案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機、綺麗に修正した券売機は食べログにアップするとして。
 ラーメンは鶏白湯と味噌が880円、倉醤と柚子胡椒、倉塩、えび塩が850円。
 ご飯ものは炙りチャーシュー丼350円、本日の丼もの400円、お肉のはしっこのせミニ丼250円。

クリックすると拡大します

 食券を購入して店内を見渡すと、「カウンター席へどうぞ」と案内されます。
 席は厨房に面したカウンターが4席、壁向きカウンターが4席、2人掛けのテーブル、計10席。
 調味料はお酢、胡椒、一味。

クリックすると拡大します

 厨房には店員さんが3人、2人は調理と盛り付けに専念されていて、1人は配膳や接客を担当されています。
 店内は満席、他のお客さんの配膳状況はよく分からないけど、メニューでも読みながら待ちます。

クリックすると拡大します

 15分ほどで、倉醤850円本日の丼もの(昔ながらのレトロチャーハン)400円
 トッピングの花鰹がゆらゆらと揺れていますが、スチルでは上手く表現できず。
 スープは鶏清湯と感じられる味わい、無化調と思われる幅のある美味しさ、醤油たれがとても心好い。
 すんごく美味しいと言うことは無いけど、気が付いたらまた食べていた、みたいな心地よさ。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺はスープによく合っていて、いい感じですね。
 素人考えでは、もう少しあれをそうした方がよくなる気がしますが、それは私の好み合うだけの話し。
 お店が目指す味わい、お店がお客さんに楽しんでもらいたい味わい、とは一致していないかも知れません。

クリックすると拡大します

 チャーシューは豚バラ肉と、ややレア気味の豚肩ロースの2種類。
 もたもた撮影していたらチャーシューがすっかり崩れてしまい、大変申し訳ありません。
 他のトッピングは穂先メンマ、焼海苔1枚、花鰹、青ネギ。

クリックすると拡大します

 本日の丼ものは、昔ながらのレトロチャーハン。
 ラーメンと別のレンゲが乗せられてきて、無意識にレンゲにピントを合わせてしまう罠。
 何をもって「昔ながら」とするかの説明は見当たりませんが、言語化することでもないのでしょう。

クリックすると拡大します

 具材は玉子、葱、なるとなどがたっぷり入って、紅生姜が添えられています。
 ラーメンのスープに合わせるかのように、ご飯への味付けは最小限、それがまたいい。
 昔ながら、っていうより、現代風、に感じます。

クリックすると拡大します

 ずっとお客さんが途切れないほど混み合っているので、さっさと帰ることにします。
 スルッと食べてご馳走様でした。

濃桃色の桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 62mm / FV (F16 1/60 0EV ISO160) / Auto
濃桃色の桜

 団地の中の桜並木。
 違う通りではもっと盛大に咲いていますが、バックに各部屋がバッチリ写ってしまいます。
 そんな中で、何とかギリギリの一枚かと。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、あぶみ商店@長後(藤沢市高倉718-1)公式ホームページ)へ。
 麺や鐙壱番(長後店)のリニューアルとして、2024/3/4オープン。
 立地は長後駅から徒歩10分ほど、ですが、私はバイク(原チャリ)で立ち寄ります。
 伺った時、駐車場が満車で店内待ちを覚悟して、店内へ。

クリックすると拡大します

 テーブル席は満席でしたが、お一人様の私、空いているカウンター席へ案内されます。
 席は厨房を囲むL字カウンター7席と5席、テーブルは2人掛けと4人掛けが3卓、計26席。
 口頭注文後会計、決済は現金とPayPay。

クリックすると拡大します

 メニューは真鯛豚骨スープの鐙らぁめん850円、唐神味噌らぁめん890円、つけそば870円、など。
 生姜中華スープの生姜醤油中華そば900円、生姜塩中華そば900円、ジンジャージャンキー900円。
 他に、お子様らぁめん450円。
 サイドメニューは焼餃子5個350円、10個630円。

クリックすると拡大します

 ご飯ものはチャーメシ300円、豚ザーサイご飯300円、ミニローストボーク丼400円。
 ドリンクは生ビール580円、瓶ビール600円など。

クリックすると拡大します

 バイク(原チャリ)で立ち寄っているので、食事の前に手を洗ってこようと店内奥に向かうと、壁に説明書き。
 鐙のこだわり、と言うことで鐙らぁめんの説明のみ、生姜中華そばの説明はありません。

クリックすると拡大します

 卓上には醤油、一味、お酢、コショウ、ラー油。
 全ての席にお冷やのピッチャーが用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、生姜塩中華そば900円豚ザーサイご飯300円
 先にラーメン、ラーメンの写真を撮っていたらご飯、それでは一緒に撮りますか。
 スープは豚清湯に感じる味わい、生姜がキリッと効いていて、いい感じ。

クリックすると拡大します

 自家製の縮れ平打中太麺、しっかりと噛み応えが残っていて、スープによく合います。
 とかく麺が勝ち気味になる生姜中華そばですが、自家製麺と言うこともあるのか、しっかり調整されています。

クリックすると拡大します

 豚肩ロースチャーシュー、提供時はレア気味でしたが、スープに少しずつ馴染んでいきます。
 麺とスープの美味しさの足を引っ張らないどころか持ち上げる美味しさ、いいですなぁ。
 他のトッピングは焼海苔1枚、なると、メンマ、ネギ。

クリックすると拡大します

 ラーメンを半分ほど食べたところで、豚ザーサイご飯。
 味付けされた豚肉とザーサイをさっとフライパンで温めてから乗せ、ネギを散らしてあります。
 そのまま食べても美味しいだろうけど、残しておいたラーメンスープを掛けてから頂きます。

クリックすると拡大します

 豚肉とご飯の相性は改めて説明するまでもなく、さらにザーサイが合わせてあってさらに美味しい。
 ラーメンスープがよく合っていて、これぞラーメン店のご飯ものの楽しみ方。

クリックすると拡大します

 何か最近、ラーメンだけじゃ無くてなんかサイドメニューを頼みがち。
 つまり食べすぎってことだけど、気軽にラーメン屋に行かれなくなったので、ついついね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

紅白梅
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / FV (F6.3 1/640 0EV ISO250) / Auto
紅白梅

 紅白梅は半分ずつ紅白ってことが多い。
 こちらの紅白梅は、一本だけ紅梅。

クリックすると拡大します

 伊勢原に戻ってきて、そろそろ咲いているかなと渋田川へ。
 川沿いの芝桜は整備中、普通(?)の桜を撮っておきますか。

川沿いの桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 76mm / FV (F16 1/125 0EV ISO125) / Auto
川沿いの桜

 写真は主題をハッキリするべき、と良く言われます。
 が、桜だけでは無くて川も入れたいし、川の対岸の枯れ木も入れたいし。
 遠くの山岳も入れたいと思いました。

クリックすると拡大します

 その後、夕陽を浴びる何かは無いかなと、畦道に入ります。
 一本だけ桜が咲いていますな。
posted by ふらわ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月30日

絶好のラーメン日和

/らーめん専門店小川129号店@厚木市下依知にて黒らーめん、ミニ炙り叉焼飯、/ラーメンまる星商店@小田原市矢作にてとんこつラーメン、替玉/ダイヤモンド富士の撮影練習/

クリックすると拡大します

 朝から晴天、絶好の撮影日和であると共に絶好のラーメン日和。
 両方は出来ないのでどちらかを優先しますが、今日は最近食べていないラーメンを優先。
 美味しいラーメンが好きならば、美味しいかどうか分からない新規オープン店には行かない方がいいんだけど。
 料理は一期一会、美味しくても美味しくなくても楽しんでいきたい所存です。

桜かツヅジか
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 55mm / FV (F8 1/60 0EV ISO100) / Auto
桜かツヅジか

 時期的に桜ではないかと思うけど、枝が細いし。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん専門店小川129号店@厚木市下依知1-4-12公式ホームページ)へ。
 「らーめん専門店小川」ブランドとして、2024/3/19オープン。
 立地はゆで太郎厚木下依知店(2014/3-2023/12/32)の跡地、最寄り駅は見当たりません。
 経営母体は株式会社オーファス(公式ホームページ)、多摩地区と県西地区を中心にラーメン店を展開されています。

クリックすると拡大します

 オーファスが展開するラーメンブランドは、らーめん専門店小川が5店舗、しょうゆのおがわやが5店舗、小川流が5店舗、濃厚煮干しそば丸にたちばなが1店舗。
 こちらは、らーめん専門店小川として5店舗目になります。
 関東のラーメン店で、メニューに「豚骨ラーメン」とあればたれに醤油を想像してしまいがち。
 らーめん専門店小川の主力は塩豚骨、塩味のみの提供で、醤油味はしょうゆのおがわで提供されています。

クリックすると拡大します

 店先のデジタルサイネージっぽい看板で、メニューを確認します。
 小川の原点である小川らーめん780円、小川の新定番である黒らーめん850円。
 一風堂のメニュー構成と似ているような気がしますが、気のせいですね。
 替え玉は、替玉120円、スープ替玉160円。
 サイドメニューは餃子360円、ご飯ものはミニ炙り叉焼飯330円。

クリックすると拡大します

 店内入り、券売機を通り越してウエイティングシートに名前を書いてから、食券を購入します。
 大きくてタッチしやすいタッチパネル式券売機、現金のみの扱いとなります。

クリックすると拡大します

 メニューを選んで画面を進めていくと、お好みを指定する画面になります。
 麺の硬さ、背脂の量、味の濃さに加えてチャーシューがバラ肉か肩ロースか選べます。
 この画面でミニ丼を追加すると、単品で追加するより30円お得。

クリックすると拡大します

 食券を買ったら、店内の席が空いていれば座って、空いていなければ立って待ちます。
 店外に出て待っていても構いませんと案内されていますが、さて。

クリックすると拡大します

 程なくして名前を呼ばれ、店内奥のカウンター席へ。
 席は厨房を囲むL字カウンター3席と8席、4人掛けテーブルが3卓、6人掛け小上がりが3卓、計41席。

クリックすると拡大します

 一杯目のお冷やは汲んでくださるので、紅生姜と辛高菜を取りに行きます。
 まあ、食べ放題と言えば食べ放題だけど、そんなにはね。

クリックすると拡大します

 卓上には粒ニンニク、白胡麻、辣油、酢、醤油、胡椒、塩ダレ。
 替え玉は店員さんに声を掛けて追加するので、コールチャイムが各席に用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして黒らーめん850円ミニ炙り叉焼飯330円
 お好みは全て普通、チャーシューはバラでお願いしました。
 味わった感じでは、スープは純豚骨、丁寧に長時間煮込んでいる美味しさ。
 ふわっと立ち上がってくるマー油がいい感じです。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺は普通指定で柔らかめ仕上げ、スープとの相性は抜群で、とても心好い。
 マー油は多めにかかっているけれど、食べ進めて行くにつれて馴染んでいく印象。
 濃かったり薄かったり、強かったり弱かったり、様々に楽しめます。

クリックすると拡大します

 チャーシューは豚バラ肉、箸では掴めないほど柔らかくてトロトロ、いや、ふわとろ。
 この柔らかさが今風なのだろうか、それとも今風とは関係なくておがわ風なのだろうか。
 他のトッピングは焼海苔一枚、細切りキクラゲ、ネギ。

クリックすると拡大します

 さて、ご飯ものの出番です。
 ご飯茶碗の半分ほどを崩し叉焼と葱が乗せてあり、隙間に紅生姜と辛高菜を乗せます。
 大抵は「せっかくラーメン屋なので」とスープを合わせて頂きますが、今日の気分はスープレス。

クリックすると拡大します

 ご飯が美味しいので叉焼を乗せても美味しい、紅生姜を合わせても美味しい、辛高菜を(以下同文)。
 頼んでみないとご飯の量が分からなかったりするけど、今日のご飯量はちょうどいい感じ。
 まま、お腹いっぱいにならないといけないってことは無いですけどね。

クリックすると拡大します

 麺を三分の一ほど残したところで、紅生姜と辛高菜、そしてニンニクを二粒ほどクラッシュ。
 若い頃なら二粒を2回だったりしましたが、今は昔、今は1回だけ。
 ニンニクはおろしてあるより直前でクラッシュした方が好み、スープの味わいをまるっきり変えて楽しめます。

クリックすると拡大します

 丼の受け皿って汚れることは滅多に無いけど、熱い丼を持つときに有効なんだろうな。
 それならトレーでいいじゃないか、角盆でも、とか思ったりして。
 スルッと食べてご馳走様でした。

飛行機雲
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F9 1/320 0EV ISO100) / Auto
飛行機雲

 飛行機雲は生存時間が世界一短い雲。
 右の木の右端が切れていて、もう一度撮り直したほど悔しい。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、ラーメンまる星商店@小田原市矢作329-5へ。
 2024/3/4オープン、立地は台湾料理一品堂跡地、その前はLAWSON100だったとのこと。
 最寄り駅が見当たらないこともあってか、専用駐車場が14台分用意されています。

クリックすると拡大します

 ドアにはメニューが紹介されていて、おっ、チャーハンがあるのか。
 じゃあ半チャーハン、、って替え玉が一玉無料サービスなのか。
 悩む、悩んだら両方が宇宙の定理ですが、そんなこと言ってもさー

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-21:30の通し営業、月曜定休。
 この地で通し営業の理由はちょっと分からないけど、アイドルタイムに食材の仕込みとかやるってことかな。

クリックすると拡大します

 メニューはとんこつラーメン770円、黒マー油ラーメン820円、みそラーメン870円、あっさり中華そば670円。
 ご飯ものはネギ丼360円、サイドメニューはギューザ5個390円。
 チャーハンは単品チャーハン390円、チャーハンセット360円、平日限定ランチセット220円。
 チャーハンセットのチャーハンの量を訊くと「半チャーハンより多め」とのことで、華麗にスルー。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター6席と5席の11席、テーブルは6人掛けが2卓、4人掛けが1卓、計27席。
 窓側には店内待ちの椅子も用意されていて、時間帯によっては混み合うのでしょう。
 今は終始ノーゲス、いわゆる貸切です。

クリックすると拡大します

 案内された席に着いて食券を渡すと「麺の硬さはどうしますか」と訊かれ、「普通でお願いします」と答えます。
 麺の硬さは粉落としからやわめんまで6段階。
 卓上には醤油、お酢、ミックスペッパー、替え玉のタレ、粗挽きトウガラシ、辣油、ラーメンコショー、おろしニンニク、白胡麻、紅生姜、揚げにんにく。
 調味料が沢山用意されていると、色々な味変が楽しめるって言われることが多いけど。
 本当にそうだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして、とんこつラーメン770円
 都内で800円以下のラーメンですと、まあ仕方ないかなと肩を落とすとところですが。
 県西地区ならこの麺相が標準、料理の価値は値段だけではないけれど、色々と考えさせられますね。
 スープは骨の髄まで旨味を炊き出した味わい、程良い脂感、僅かに骨感もあってとても心好い。

クリックすると拡大します

 自社製の細麺、いわゆるとんこつラーメンの麺量とは思えないほど多め。
 自社製麺(自家製麺)ならではの初々しい味わいが、豚骨スープによく合って心好い。

クリックすると拡大します

 大きめのバラ巻きチャーシューは箸でギリギリ持ち上げられる柔らかさ、が2枚ってどゆこと。
 豚肉自身が美味しいので味付けは程々、食べ応えがあります。
 他のトッピングは焼海苔一枚、細切りキクラゲ、葱、白胡麻。
 気が付いたらスープを飲み干してしまいそうになりかけ、店員さんに替え玉をお願いします。

クリックすると拡大します

 替玉は一玉100円ですが、4/7までは一玉無料サービス。
 麺の硬さはかためんでお願いしました。
 ノーゲスと言うこともあってすぐに提供されますが、お茶碗の半分以上の麺量。
 食べ切れるか、オレ。

クリックすると拡大します

 つけ麺スタイルで楽しむことも脳裏をよぎりましたが、いやいや、替え玉だからさ。
 全ての麺をスープに浸し、お楽しみの味変タイム。
 今日は紅生姜とおろしニンニク、さらに白胡麻。
 紅生姜の酸味にも、ニンニクの辛さにも全く負けない豚骨スープ、ウンマイ。

クリックすると拡大します

 ノーゲスをいいことに店員さんとお喋りしようと思ってはみたものの。
 食べ切ることに専念してしまい、何にも話せませんでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

ダイヤモンド富士の練習
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / FV (F13 1/200 0EV ISO125) / Auto
ダイヤモンド富士の練習

 太陽が富士山の左側に沈むと思っていたら、右側だったのは意外。
 詰まるところ、風景写真は雲に左右される。

クリックすると拡大します

 その後、ダイヤモンド富士の撮影練習
 ダイヤモンド富士が見られる日付はネットを調べれば分かるけど、じゃあその日に撮りにいけるかと。
 既に一週間ほど過ぎてしまったけど、とりあえず練習ってことで。
 詰まるところ、風景の写真は雲に左右されますな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月29日

生麦の金家

/タンタンメン金家(きんけ)大黒店@生麦(横浜市鶴見区生麦3-12-3)にて瓶ビール、旨辛焼ギョーザ、みそタンタンメン(大辛)、ニラ/

クリックすると拡大します

 今月最終出勤日、朝から大雨。
 大雨の中をわざわざ傘を差して写真を撮るサラリーマン、何だかなー

夕陽を浴びるゆきやなぎ
CANON PowerShot G9 X Mark II / 10.2mm / FV (F2 1/2000 0EV ISO400) / Auto
夕陽を浴びるゆきやなぎ

 仕事帰り。
 散策を兼ねて、遊歩道を一駅分歩きます。

 ちょうど夕陽時、夕陽を浴びている花を探すと、そこにはゆきやなぎ。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって退社の頃にはすっかり晴れ上がり、ちょうど夕日が差し込む頃合い。
 写真を本格的に撮りだして、朝陽、夕陽がとても気になりだしています。
 場合によっては「狙って」撮ったり、「待って」撮ったりするけど、そんなことは見る人にとってどうでも良いこと。

クリックすると拡大します

 夜は、タンタンメン金家(きんけ)大黒店@生麦(横浜市鶴見区生麦3-12-3)公式ホームページ)へ。
 2024/3/13オープン、タンタンメン金家として8店舗目。
 立地は生麦駅東口から徒歩8分、大黒家生麦本店の先、ラーメンショップ、さつまっ子食堂の跡地。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00 17:30-21:00、月曜定休。
 麺やスープが売れ切れたら営業終了となります。
 それはいいんだけど、店名を直して印刷し直した方がいいんじゃなかろうか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると右手の厨房の仕切りに、短冊が貼り出されています。
 私はこの「短冊メニュー」が大好きで、紙に手書きや印刷、木札だったり、プラ板だったり、ワクワクしてきます。
 もうさ、この短冊メニューをツマミにビール一本、飲めますわ。

クリックすると拡大します

 前店は未訪問ですが、店内は壁などをリノベーションしたのみで調度品はそのまま流用された雰囲気。
 席は厨房に面したカウンター3席、テーブルが4人掛け3卓、計15席。
 前客3人、後客12人、厨房には2人の店員さん。

クリックすると拡大します

 「いらっしゃいませ、おひとりですか?カウンター席へどうぞ」と案内して頂きます。
 卓上には穀物酢、辣油、醤油、ラーメン店でよく見かける胡椒は見当たりません。
 カウンター台に用意されているコンセント、使ってもいいのかな(未確認)。

クリックすると拡大します

 メニューはタンタンメン900円、みそタンタンメン1,000円、醤油ラーメン900円。
 辛さは辛さなし、ほんのり、普通、中辛、大辛、メチャ辛(みそタンタンメンは大辛、メチャ辛)。
 サイドメニューは焼ギューザ450円、旨辛焼ギョーザ450円、みそギョーザ500円、鶏の唐揚げ600円。
 ご飯ものはタンタン飯500円、ネギチャーシュー丼500円、ベジタブル丼500円。
 チャーハンは小チャーハン450円、大チャーハン800円など。
 ランチメニューは3種類用意されています。

クリックすると拡大します

 食べている途中で出来上がってきた、夜ごはんセット。
 ラーメンにご飯ものを300円で付けられますよ、というサービスです。

クリックすると拡大します

 先ずは瓶ビール600円にて、エア乾杯。
 今夜は生麦で一人お疲れ様会、金曜日くらい飲みたいよね。
 金家って付きだしが付いてきたっけ、ちょっと記憶にありません。

クリックすると拡大します

 豚バラ肉、モヤシ、ニラ、ニンジンなどの肉野菜炒め、濃いめの味付けされ、白胡麻があしらわれています。
 予め調理されているとは思いますが、美味しいので作り置きだろうがパックモノだろうが問題なし。

クリックすると拡大します

 続けて、チャーハンと迷いながらも、旨辛焼ギョーザ450円
 餃子のことはよく知らないけど、「旨辛」な餃子は金家の出身店であるニュータンタンメンにはありません。
 他のラーメン店でも食べたことがありませんが、餃子専門店や中華料理店にはあるのかな。
 「そのままお召し上がりください。途中から酢も美味しいですよ」と案内されます。

クリックすると拡大します

 案内されたとおり、そのまま頂くと、タンタンメンの具材を使ったかのような餡が旨くて辛いこと。
 皮に味を付けてあるからそのまま食べて、ではなく、餡の味が強いからそのまま食べて、ってことなのか。
 途中から酢を合わせてみると、これがまた旨い。
 穀物酢ってのが大事なんだろうな、餃子の世界は奥が深いな。

クリックすると拡大します

 餃子を食べ終わる頃に注文して、の、みそタンタンメン(大辛)1,000円、ニラ150円
 問答無用でメチャ辛の頃を過ぎて、今は気分で辛さを選びます。
 丼がちょっと小振りで、それでも一般的なラーメン店の丼より大きめで、ニラは後乗せ。

クリックすると拡大します

 溶き卵と唐辛子粉が程良く馴染み、時々ニンニクと挽肉を感じるスープ。
 (ニュータンタンメンの)タンタンメンのスープを味噌仕立てしたのが、みそタンタンメンのスープ。
 金家でしか楽しめないオリジナルの味わい、この味わいがウケて金家があると言っても過言ではありません。
 今夜味わった感じではスープと味噌の相性に僅かな隙間を感じますが、遠からず隙間は無くなるでしょう。

クリックすると拡大します

 やや縮れた中太麺、スープと好相性でこの上なく美味しい。
 他の金家で使われている麺と比べると短尺に感じます。
 こちらだけが短尺なのか、金家全体で短尺としたのは、不明です。

クリックすると拡大します

 ニラは後乗せなんだ。
 最終的は食べ手の好みにはなるんだけど、スープと一緒に煮込まれているのが美味しく感じます。
 でもまあ、食べてみないと分からないし、自身の好みも体調は経年劣化で変わりますからね。

クリックすると拡大します

 なんか分からないけどビール一本で酔いが回ってしまい、丼を綺麗にするのを忘れる始末。
 ま、そんなこともどんなこともありますよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記