2024年03月06日

再び淵野辺へ

/いしばし×七志 淵野辺店@淵野辺(相模原市中央区鹿沼台)にて炒飯、濃厚貝出汁ラーメン/

クリックすると拡大します

 淵野辺とか相模原とか、会社帰りに立ち寄るには非常にアクセスが悪い。
 そういう理由で、これまではお休みの日にバイク(原チャリ)で駆けつけていたんだけど。
 某インフルエンサーを依頼されることになり、お休みの日は写真撮影に当てたいので、頑張って淵野辺。

クリックすると拡大します

 夜は、いしばし×七志 淵野辺店@淵野辺(相模原市中央区鹿沼台)公式ホームページ)へ。
 七志中山店の定休日(月曜日)に、間借り営業されていた貝だしらーめんと鶏白湯の「麺屋 いしばし」。
 その「いしばし」と「七志」のコラボ店舗として、2024/2/2にオープン。
 立地は淵野辺駅西口から徒歩数分、淡麗拉麺 志おん-shion-(2021/5/2-2024/1/31)の跡地。

クリックすると拡大します

 麺類は濃厚貝出汁ラーメン990円、貝出汁ラーメン940円、鶏白湯ラーメン940円、七志らーめん940円、担々麺1,080円、和え玉220円、雑炊220円。
 ご飯物はねぎ豚ごはん380円、叉焼そぼろご丼380円、炒飯850円。
 サイドメニューは3個餃子220円、おつまみたけ茎220円、お肉3点盛り380円、叉焼ネギ盛り390円、角煮ネギ盛り390円。
 飲み物は生中ビールj540円、レモンサワー490円、ハイボール490円など。
 ※商品名の表記は立て看板が「貝出汁」、店頭のポップが「貝出汁らーめん」、券売機が「貝出汁ラーメン」。

クリックすると拡大します

 メニューから推測すると、スープは貝出汁、鶏白湯、豚骨と3種類用意されているようです。
 店内に入り右手を見ると志おん時代の券売機をそのまま流用、つまり現金決済のみ。
 買った食券を店員さんに渡すと、「お好みはございますか」と訊かれますので、普通でお願いします。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲、厨房に面したカウンター6席、2人掛けテーブルが5卓、計17席。
 カウンターテーブルは高価な一枚板、そのまま使っています。

クリックすると拡大します

 卓上には辣油、ミックスペッパー。
 「こちら、お使いになりますか?」訊かれ、お願いして辛味ネギとニンニク片を用意して頂きます。

クリックすると拡大します

 程なくして先に炒飯850円、少し遅れて濃厚貝出汁ラーメン990円
 濃厚貝出汁のスープは、貝出汁ラーメンのスープに鶏白湯ラーメンのスープをブレンドしたかのような風合い。
 アサリなどの貝出汁の旨みに、鶏白湯の濃厚な旨みが程よく混ざり合い、とても心好い味わい。
 この手のダブルスープ、最近ではごく当たり前なのだろうか、珍しいのだろうか。

クリックすると拡大します

 少しスープに気圧されている印象の細麺、食べた感じでは七志と同じ佐々木製麺製麺。
 店長さんは七志中山店で約2年半、間借り営業されていましたが、週一営業ですから実質半年程の営業期間。
 こちらに移って水が変わり、調理器具が変わっていますので、まだまだ調整中なのかもしれません。

クリックすると拡大します

 トッピングのチャーシューは2種類。
 豚肩ロースのレアチャーシューは少し厚みが足りないのがスープによく合って、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 もう1種類は鳥もも肉のが2枚、鶏白湯部分には合うと感じます。
 美味しいのですが、黒いブツブツが気になって仕方ない。
 味には影響ないみたいだけど、一体なんなんだろうか。

クリックすると拡大します

 身付きのアサリは二個、他のトッピングは水菜、白ネギ、糸唐辛子、三角焼海苔。
 ここで改めて気が付きましたが、丼には七志しか書かれていません。

クリックすると拡大します

 炒飯は中華鍋を振って調理されています。
 全体に黄色みが掛かっていて、具材は叉焼、ネギ、全卵など。

クリックすると拡大します

 見た目ほど味わいは深くありませんので、ラーメンの味を邪魔しない美味しさ。
 食べていて量が多いことに気が付き、半炒飯とかあったら良かったのにと後悔しきり。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 ニンニク片を2つほどクラッシャーで潰し、辛味ネギを二つかみ。
 生ニンニクにも辛味ネギにも負けないスープ、イイ感じです。

クリックすると拡大します

 前客3人でしたので食べ終わったら少しお話をとペースを考えていたら、
 食べ終わったところで後客2人、そうでしたか。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記