2024年03月08日

浅草をぶらり

/浅草で取材/文殊 馬喰横山店にてかき揚げそば/BRISKSTAND ASAKUSAにてキリン一番搾り、焼パインチーズバーガー/

クリックすると拡大します

 所用(取材)で浅草。
 さっさと済ませてラーメン、なんならラーメンラーメンがこれまでのマイスタイル。
 いつまでもそんなことは続けられないので、今夜は取材先で教わった「スゴク美味しいハンバーガー」屋へ。
 その前に東京スカイツリーを撮っておこう。

空塔と觔斗雲
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 24mm / FV (F8 1/5 0EV ISO4000) / Auto
空塔と觔斗雲

 駒形橋から眺める、東京スカイツリーと聖火台の炎。
 赤くライトアップされているのは、吾妻橋。

吾妻橋と觔斗雲
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 50mm / FV (F8 1/20 0EV ISO8000) / Auto
吾妻橋と觔斗雲

 隅田川に写る黄色い觔斗雲。

駒形橋のアーチ
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 57mm / FV (F8 1/20 0EV ISO2000) / Auto
駒形橋のアーチ

 橋によってライトアップの色を変えていて、駒形橋は白。

駒形橋の橋桁
CANON EOS RP+RF24-105mm F4-7.1 IS STM / 24mm / FV (F13 1/10 0EV ISO6400) / Auto
駒形橋の橋桁

 橋によってライトアップの色を変えていて、駒形橋は白。

クリックすると拡大します

 地下鉄の乗り換えで、文殊 馬喰横山店へ。
 店名は「文殊」ではなくて「そばうどん文殊」かと思って調べたら、どうやら「文殊」らしい。
 現存する文殊は両国本店、両国駅前店、馬喰横山店、浅草橋店、浅草店、大山店、亀戸店、志村三丁目店、船堀店、成増店、市川店、川越店。

クリックすると拡大します

 麺メニューは全てそば、うどんで同額(なのかな)。
 かけ360円、月見410円、
 かき揚げ、たぬき、きつね、おろし、山菜、わかめ、なすが470円
 春菊そば480円、ちくわ490円、コロッケ510円、岩のり520円、天玉520円、ほうれん草520円、
 とろろ540円、イカ天540円、カレー550円、海老天590円、合鴨山菜620円

クリックすると拡大します

 そば定食650円、ざる定食700円、むじな定食730円、カレーライス590円、おにぎり130円、いなり100円
 冷しかけ410円、ざる460円。
 冷しかき揚げ530円、冷したぬき530円、冷しきつね530円、冷しおろし530円、冷し山菜530円、冷しとろろ600円。
 冷し変更は50円ですので、かき揚げそばと冷し変更とすると520円。

クリックすると拡大します

 店内は座席はなくて立ち食いのみ、調理場側に5人分、壁側に10人分ほど。
 卓上には七味唐辛子のみ。
 伺った時間帯にもよるんだろうけど、この日は前客5人、後客4人。

クリックすると拡大します

 食券を出して自身の食べるスペースを確保していると、「かき揚げそばの方ぁ〜」と呼ばれます。
 程なくして、かき揚げそば470円
 江戸の立ち食いそばらしからぬあっさりとしつつも旨味十分のもり汁によく合う蕎麦。
 狙っているのはもの凄い美味しさでは無く、毎日食べても飽きない美味しさなのだろうか。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は5割より少し欠ける印象ですが、店舗の界隈を通り掛かるお客さんに程良い食べ応えなのだろう。
 麺量は少し少なめに感じますが、さりとて、立ち食いそばでお腹いっぱいもどうなのかと。

クリックすると拡大します

 もり汁とお蕎麦が程良いとなれば、かき揚げも程良くなるのが道理。
 この日は揚げ置きでしたがそれでも十分美味しい、揚げたてを狙える時間帯があれば狙ってみたい。
 まま、改札外であることが唯一のネックか。

クリックすると拡大します

 もり汁は飲み干さなくてもいいのですが、つるんとした蕎麦丼を愛でたくて。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ググールマップ頼りでお店に向かいます。
 大通りを入ってみると、(昼間なら)大行列の有名ラーメン屋が2軒並んだ、その奥。
 夜は、BRISKSTAND ASAKUSA公式インスタグラム)へ。

クリックすると拡大します

 BRISK STAND@神戸市中央区、2019/4/13 オープン
 BRISKSTAND ASAKUSA@台東区寿、2024/2/9オープン
 立地は田原町駅徒歩1分、浅草駅から徒歩10分。
 18:30頃に伺うとお店に着くと店員さんが出てきて、OPENをCLOSEにしようとしていて、、危ねー

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、そりゃそうか。
 ハンバーガーは年に数個しか食べないので、ハンバーガー屋の店内はとても新鮮。
 ラーメン屋だったら「メッチャオシャレ」と言われかねない、浅草らしい店内。
 壁の屏風、つい最近入ったそうです。

クリックすると拡大します

 奥のテーブルは2人掛けテーブルは椅子が違うんだ。
 壁側に和服が飾られています。

クリックすると拡大します

 カウンターは5席、凸凹と背もたれの高さを変えた椅子。
 テーブルが14席ですから、全部で19席。
 ネット情報によると、土日のランチタイムは満席外待ちもあるそうです。

クリックすると拡大します

 メニューの紙が和紙、、和食屋みたい。
 【ハンバーガー】
 プレーンは、プレーンバーガー1,300円、ダブルプレーンバーガー1,950円。
 チーズは、チーズバーガー1,500円、ダブルチーズバーガー2,350円。
 切ったやつは、切ったやつシングルパティ1,650円、切ったやつダブルパティ2,350円。
 パンと肉は、パンと肉ダブルパティ1,980円、パンと肉トリプルパティ2,630円。
 パイナップルは、焼きパインバーガー1,400円、焼パインチーズバーガー1,600円。
 ゴルゴンゾーラは、ゴルゴンゾーラバーガー1,600円、ゴルゴンゾーラ&チェダーチーズバーガー1,800円。
 【お飲みもの】
 炭酸水300円。
 オレンジジュース、カルピスソーダ、黒烏龍茶、有機ルイボスティー、ドクターペッパーは400円。
 レモンスカッシュ、てづくりコーラ、てづくりジンジャエール、ホットレモネード、ホットジンジャーは600円。
 アイスコーヒー、ホットコーヒー500円、アイスカフェオレ550円。

クリックすると拡大します

 【おさけ】
 瓶ビール小(キリン一番搾り)650円、ハイボール500円、レモンハイボール、コークハイ、ジンジャーハイ650円。
 口頭注文後会計。
 切ったやつを食べたかったんだけど、限定30食で昼間に売り切れ、次回のお楽しみ。

クリックすると拡大します

 卓上には調味料は用意されていません。
 「ハンバーガーの食べ方」が用意されていて、私のようなハンバーガー初心者はとても助かります。
 ハンバーガーの説明の方は字が小さくて読めまセン。

クリックすると拡大します

 ハンバーガーは注文してから肉を焼くので15分は掛かる、ので、飲みますよね。
 今夜はキリン一番搾り650円で、一人お疲れ様会。
 ビールを飲むときは飲食店で生ビールが多い私、なんかラベルが違うなあと調べてみると、
 2017年から「しずくマーク」が付いたそうです、全く知らなかった。

クリックすると拡大します

 20分程して、焼パインチーズバーガー1,600円
 プレーンが1,300円ですから、チーズ200円と焼きパイン300円のトッピングで50円お得。
 直接お皿に置かれているので写真が撮りやすいし、焼いた香りが立ち上がってきて気持ちいい。
 卓上を探すもフォークしかないので、、おっと紙で包むんだった。

クリックすると拡大します

 ノーゲスだから良かったけど、周りに女子がいたら緊張して上手く包めないよ(誰も見てないって
 紙で包んでガブリとかぶりつく、ウンマイ。
 焼き立ての肉とその肉に最適化されたバンズの組み合わせなら、誰だって美味しく感じます。
 美味しいだけじゃない魅力や惹き力があるからこそ、この店は流行っているんですね。

クリックすると拡大します

 フレンチのパテから転じたパティ、繋ぎを使わないからパティと呼ばれているそうです。
 牛肉は国産牛、敢えてスジを残して柔らかいだけじゃない噛み応えこそビリスクの味わい。
 煮玉ねぎとチーズが挟まれていて、途中から焼きパインの酸味と甘味が加わります。
 バンズはウチからだけじゃなくて、外側からも焼いてあるんですね。

クリックすると拡大します

 付け合わせはホテトフライ、駿河湾産の塩だけを振ったシンプルな味付け。
 250円で大盛りに出来ます。
 神戸の本店には伺ったことがありませんが、そちらでも「駿河湾産の塩」を使っているんだろうか。

クリックすると拡大します

 当たり前のように揚げたてのポテト、塩は振っているだけなので自分で乗せて楽しむ感じ。
 当たり前のように美味しくて、殆どのお客さんが1つも残さず食べるんじゃ無いかな。
 ハンバーガーもフライドポテトもここまで美味しいと、ハンバーガー好きなら二個、三個、食べるんだろうか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記