2024年03月10日

横浜デート

/くるみ堂横浜店にてお刺身の階段盛り、特上タンの溶岩焼きなど/

クリックすると拡大します

 天気の良い日曜日は、女房と横浜へ。
 用事があるからついでに飲むのか、飲みたいから用事を作るのか、良く分かりませんが。
 先ずはベイクオーターで用事を済ませます。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、くるみ堂横浜店公式ホームページ)(公式インスタグラム)へ。
 せっかく横浜に来たんだから、どっかで飲もうよと丸投げされまして。
 駅から遠くなく、値段はそこそこで、肩肘張らずに気楽に飲める店、ってことで予約して伺います。
 土日は12時から営業されていて、13時に伺うと、既に何組か飲んでますな。

クリックすると拡大します

 全室個室、個室と言っても天井付近は開け放たれていて、周りの声は聞こえます。
 仕切りの壁板は可動式で、お客さんの人数によって外したり出来そうです。

クリックすると拡大します

 注文はチャイムコール方式、口頭注文後会計ですな。
 飲み放題コースは2時間1,500円と魅力的なんだけど、日本酒が入っていないの1点でアラカルトにします。

クリックすると拡大します

 先ずはアサヒスーパードライで、乾杯。
 今夜、、じゃないか、今日は横浜で二人お疲れ様会。
 昼間っから飲むビールの旨いこと旨いこと。

クリックすると拡大します

 先だし代わりに出汁枝豆420円。
 出汁を合わせて茹で上げてあって、まずはふんわりと出汁が香り立ちます。

クリックすると拡大します

 なぜこんなにも枝豆ってビールに合うんだろう。
 どちらかがどちらかに合わせているようには思えないけど、合わせてみたら合ってしまったんだろうな。
 なんにせよ、美味しいからそれで吉。

クリックすると拡大します

 ポテサラがメニューにないので、くるみ堂サラダM980円。
 大きめの切り立ち丼に盛り付けられたサラダは、いわゆる海鮮サラダですな。
 とはいえ主役はあくまでもベジタブル。

クリックすると拡大します

 ブロッコリーが入っているだけで嬉しいのに、マグロとかタコとかトビッコとかの海鮮が入ってさらに嬉しい。
 さっぱりしたドレッシングで頂きますが、なにげにミニトマトが良かったりして。
 サラダ菜が歯切れ良く、あれよあれよと食べ切ってしまいます。

クリックすると拡大します

 奥付にしようと注文した、フライドポテト塩680円。
 一合枡に溢れるほどのフライドポテトが盛り付けられ、軽く青のりが振られています。

クリックすると拡大します

 味わいは塩味なんだけど、大好きはトマトケチャップをたっぷり付けて頂きます。
 ポテトフライはポテトサラダの代わりにはならないけど、サクサクとした食感がとても美味しい。

クリックすると拡大します

 ビールが飲み終わったのでグラス赤ワイン、女房はあまりにも美味しいと生ビールのお代わり。
 ワインの銘柄は確認しませんでしたが、ハウスワインは定期的に飲んでおきたい。

クリックすると拡大します

 次の料理が遅れていて、先に運ばれてきたグラス白ワイン。
 赤ワイン同様、口当たりが柔らかくてとても飲みやすい白ワイン。
 サラダやフライドポテトによく合いますので、どの料理にも合いそうですね。

クリックすると拡大します

 友人が投稿していた写真を見て、一度は食べてみたかったお刺身の階段盛り1,680円、の2人前。
 マグロ、カツオ、ホタテ、サーモン、ブリ、エビ、そしてタコが綺麗に盛り付けられています。
 この手の刺し盛りにしては珍しい海老の大きさ。

クリックすると拡大します

 ブリは黄金のとびっこがあしらわれていて、山葵醤油で頂くと美味しい。
 値段の割りに量が多く、ツマや大葉、ワカメも美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 名前から料理の姿が想像できないので頼んでみた、くずして食べるサーモンとアボカドのユッケ1,280円。
 アイスクリームのコーンにサーモン、アボカド、ユッケが詰め込まれています。

クリックすると拡大します

 店員さんの案内に沿って、先ずはお皿に中身をあけます。
 コーンの底に卵黄が沈めてあるので、ナイフとフォークで軽く和えます。

クリックすると拡大します

 その後、コーンを砕きます。
 やってもらっているので、見ているだけで楽ちんだな。

クリックすると拡大します

 コーンと共に頂くと、ヒンヤリとした冷たさとコーンのサクッとした食感がとても心好い。
 丁寧に料理されていることが伝わってきて、とても嬉しくなりますね。

クリックすると拡大します

 さて、日本酒。
 石川の蔵元である車多酒造が醸す「天狗舞(てんぐまい)」 R5BY。
 日本酒リストに能登半島の蔵元があったら、どうしても飲んで応援したくなります。
 女房もきっちり飲んだので、一合では足りなかったな。

クリックすると拡大します

 肉でも焼こうかと、特上タンの溶岩焼き2,480円
 溶岩プレートを小型のカセットコンロの上に乗せてあって、コンパクトでイイ感じ。
 薬味は山葵、塩だれ、岩塩。

クリックすると拡大します

 ガスコンロはそこまで強力ではありませんが、返ってゆっくり火が通っていいんじゃないかと。
 とは言え頻繁に肉を返して焦げ付かないように。
 付け合わせの野菜はシシトウ、パブリカ、ナス。

クリックすると拡大します

 ひとつめは塩、ふたつめは山葵で頂きました。
 自身で焼いた厚切りの牛タンの旨さはとっても心好く、味わいはまさに黒タン、値段からすると有り得ませんが。
 隠し包丁、飾り包丁、真に美味しい牛タンは調味料すら要らなかったかも知れません。

クリックすると拡大します

 お酒が飲み終わったので、緑茶ハイをお願いします。
 なんたらハイとかなんたらサワーって甘いことが多いのですが、緑茶は甘さが殆ど無くて美味しい。

クリックすると拡大します

 〆はどうする?って聞いたらデザートだけでと言われたので、私はご飯もののこぼれ寿司1,380円。
 こぼれ、ではなく、こぼし、のお寿司。

クリックすると拡大します

 一合枡にシャリを敷き、切り身を幾つか乗せて、蓋代わりに海老とイクラととびっこ。
 どこから食べたらいいのか分かりにくいけど、スプーンですくって山葵醤油で頂きます。

クリックすると拡大します

 3回目のとびっこは赤とびっこ(で合ってますか?)、イクラととびっこをたっぷり食べられて幸せ。
 シャリは思っていたほどは多くなくて、腹八分目にちょうど良し。

クリックすると拡大します

 女房が食べた、くるみ堂アイス480円。
 チョコアイスとホイップクリーム、ちょこんと胡桃。
 美味しい牛タン、美味しいお刺身、美味しいワインをご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記