2024年03月11日

壱角家の日

/壱角家 本厚木店@本厚木(厚木市中町2-7-23)にてラーメン(醤油)、ネギチャ丼/

クリックすると拡大します

 明日は通院で仕事はお休み。
 となれば今日は週末みたいなもので、どっか飲みに繰り出したいと思いつつ。
 財布を開けてみたら、とてもそんな心持ちにはならない月曜日。

クリックすると拡大します

 夜は、壱角家 本厚木店@本厚木(厚木市中町2-7-23)公式ホームページ)へ。
 2024/2/29オープン。
 立地は厚木一番街の中ほど、本厚木 肉寿司(2017/12/8-2024/1/21)の跡地。
 営業時間は11:00-30:00、金土は-31:00、陽が出るまで営業されています。

クリックすると拡大します

 メニューは横浜家系ラーメンとしてラーメン880円、黒家系ラーメン990円、赤辛家系ラーメン990円、ベジタブル家系790円。
 博多とんこつらぁ麺として、博多とんこつラーメン880円、昔ながらの中華そば760円。
 油そばとして油そば880円、辛油そば930円。
 ご飯ものはすためし810円、ミニすためし410円、食べるラー油めし350円、ネギチャ丼300円、明太子丼300円。
 確か今は醤油壱郎が販売されているはず。

クリックすると拡大します

 今日は「たまたま」壱角の日で、家系ラーメン並盛りが600円。
 ※壱角家全店ではありません。
 ディナータイムと言うこともあり、お店は外待ちが出来るほど混み合っています。

クリックすると拡大します

 ドアには、店内での動画撮影に関するお願い、が説明されています。
 動画は撮影じゃなくて録画、って細かいことはいいとして、一切禁止、ではなく、許可を取ってね、ですね。
 会計にQRコードやクレカ、電子マネーが使えます。

クリックすると拡大します

 店内には2台の券売機が設置されていますが、キャッシュレス決済は手間の券売機のみ対応。
 とても似ている券売機ですが、手前は現金として千円札しか使えません。
 若い人ならすぐに慣れるけど、そうでない人はいつまでもああだこうだと言いそうだな。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと「お好みはございますか」と訊かれ、「全て普通で」と答えます。
 店内は満席に近く、席を撮る余裕はありません。
 厨房囲むカウンター3席、7席、6席の16席。
 テーブルは2人掛けが6卓、4人掛けが6卓、全部で52席。

クリックすると拡大します

 卓上にはしょうゆ、ラー油、お酢、白胡麻、にんにく、豆板醤、一味、ブラックペッパーグラウンド、しょうが、たまねぎ。
 壱角家は飲みにも力を入れていて、生ビールはジョッキ570円、グラス440円なども揃っています。
 アテは餃子だけではなく唐揚げ、ポテトフライ、枝豆、おつまみメンマ、軟骨唐揚げなどなど。
 いつか飲んでみたいと思いながら既に数年経過、、近いうちになんとか。

クリックすると拡大します

 オープンから21:00まではライスパーにでご飯食べ放題。
 コスパを気にする人は、食べ放題ってだけでコスパ最高ってことなんでしょうか。
 私はコスパは全く気にしませんので、無料ライスは自粛しておきました。

クリックすると拡大します

 程なくして、ラーメン(醤油)880円(壱角家の日価格で600円)、ネギチャ丼300円
 家系お好みは全て普通、殆どの場合は麺柔らかめをお願いしますが、変えることもあります。
 スープは鶏ガラ、豚ガラを高度にブレンドした、老若男女の幅広い客層に受け入れられる味わい。
 もちろん食べて全てに受け入れられる味わいではないけど、そもそもそんな味わい、あるのか。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の平打太麺、恐らく日本で最も食べられている家系ラーメンの麺。
 今夜は柔らかめ指定しなかったのでスープとの相性にズレを感じますが、それはそれ、私の好み。
 次回以降は柔らかめ指定を忘れずに(忘れてたんかいッ

クリックすると拡大します

 チャーシューは豚バラ肉と思われる部位、
 決して今風ではないけど、ラーメンが流行りだした頃はこんな感じだったな。

クリックすると拡大します

 ライスをもらわなかったので、麺を海苔で包んで楽しんでみました。
 どこかで見掛けた食べ方、なんていう食べ方だったかな。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、ネギチャ丼を頂きます。
 サイドメニューやご飯ものは好んで頂きませんが、そろそろ食べておきたいお年頃。
 白髪ネギとチャーシューの小間切りを醤油だれで和えて、刻み海苔とウズラをトッピング。

クリックすると拡大します

 温かいご飯に濃いめに味付けされた白髪ネギがとてもよく合って、スルスルと頂きます。
 こんなに美味しいと次も頼んでしまいそう、、、って次はちゃんと無料ライスを頂かないと。

クリックすると拡大します

 やや冷めてしまったスープにカツを入れるべく、お楽しみの味変タイム。
 今夜は多めに刻みタマネギ、ふたさじのおろしニンニク、豆板醤、ざっと白胡麻を振ります。
 元々の味わいからは遠くかけ離れてしまいましたが、これこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 店内の混雑状況は相変わらず、圧倒的に若者で、男女比は2対1程度か。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記