2024年03月14日

デジカメ交代

/ゆで太郎 銀座1丁目店にてミニかつ丼セット/デジカメ交代/

クリックすると拡大します

 所用で都内へ。
 大学を出た頃に東京に憧れたっきり、いまだに憧れ続けているという。
 そろそろ神奈川勤務、なんなら勤務無しでのんびり過ごしたいものだ。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、ゆで太郎 銀座1丁目店(ホームページ)へ。
 2023/2/21オープン、2024/3時点で都内最新店となります。
 こちらはもつ次郎併設店、もつ煮料理やアジフライなどの天ぷらも楽しめます。
 24時間営業なんですね。

クリックすると拡大します

 券売機は店先に2台、強風や雨天時の対応も織り込み済みでしょう。
 今月はかつ祭りですので、フルサイズかミニのカツ丼を楽しみたいところです。

クリックすると拡大します

 店内は入った左側の窓側に2人分の立ち食いスペース。
 並びの相対カウンター8席も立ち食いスペース。
 その先も窓側に3席分のカウンター、残りは3席ずつのカウンターテーブルが5列、約28席分。
 卓上には調味料は用意されていませんので、受付で商品を受け取ったらその場で使用する想定の様です。

クリックすると拡大します

 受付に食券を渡すと、半券を返され、席で番号を呼ばれるのを待つスタイル。
 前客4人、後客2人、空いている席を見つけてカバンを置きます。
 待っている間に、お冷を汲んで用意しておきます。

クリックすると拡大します

 程なくして番号呼ばれ、ミニかつ丼セット730円。
 ネギの多めを忘れ、焼海苔の追加も忘れる大失態(次こそはっ)。
 無料サービスの紅生姜と天たまは、忘れませんでした。
 お蕎麦はかけそばが基本から食べ始め、お蕎麦はかき揚げそばが標準に変わり。
 今は大体かき揚げそば、たまにかけそば、な日々。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は店内製麺されているので、蕎麦を打つ人と、打ってからの時間経過で味わいが異なります。
 異なることは分かるけど、そこまでの違いは私にはわかりません。
 ただただ、美味しいと。
 蕎麦も美味しいし、蕎麦つゆも美味しい。

クリックすると拡大します

 お蕎麦を半分ほど食べたら、ミニカツ丼。
 大好きな紅生姜をたっぷり乗せていただきます。

クリックすると拡大します

 食が細ってきて、ミニかつ丼でも多くなってきた私。
 それでも食べ物を残すことが中々出来ない私。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

一人だけ横を向く
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 83mm / FV (F5.6 1/800 0EV ISO125) / Manual
一人だけ横を向く

 ラッパ水仙。
 水仙ってあちこちを向いて咲くんですね。

アイスフォーリス
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / FV (F5.6 1/800 0EV ISO125) / Manual
アイスフォーリス

 手前のラッパ水仙が分かる程度にボケて、のアイスフォーリス。

下を向く二輪の山茶花
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/200 0EV ISO125) / Manual
下を向く二輪の山茶花

 それなりの丸ボケ、それなりに葉っぱもブレていて。

クリックすると拡大します

 帰宅すると、ポチッとしておいたコンデジが届いていました。
 キヤノンのコンデジ、新製品が出ずに現行品が終売する中、今使っているコンデジを超える機種が無く。
 メーカーを変えると操作が変わってしまうので、同じ機種の中古品を探していました。
 定価68,000円のところ、中古55,000円で購入。

クリックすると拡大します

 諸々の初期設定を済ませて使ってみると、合焦と連写速度が明らかに速い。
 少しずつ遅くなっていたんだな、全く気が付かなかったよ。

クリックすると拡大します

 ということで、2代目で撮った最初の一枚。
 先代の写真と見比べても、どちらがどちらかは分からない。
 なんでもないときではなく、撮影条件が厳しいときに違いが出るから、代を変えたんだよね。
posted by ふらわ at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記