2024年03月31日

桜の開花、始まる

/自家製麺らーめん・ごはん倉家@緑園都市(横浜市戸塚区上矢部町)にて倉醤、本日の丼もの(昔ながらのレトロチャーハン)/あぶみ商店@長後(藤沢市高倉)、生姜塩中華そば、豚ザーサイご飯/

クリックすると拡大します

 昨日に引き続き、本日も朝から晴天、絶好のラーメン日和。
 何はなくともお休みの日はラーメン店の予定を入れてあります。
 急な用事とか、天候とか、お店の都合とか、自分の気分とかで、予定通りにならないことが多い。
 だってそれが予定でしょ。

クリックすると拡大します

 お昼は、自家製麺らーめん・ごはん倉家@緑園都市(横浜市戸塚区上矢部町1478-1)公式X)へ。
 湘南台から移転して2024/3/15オープン、湘南台の前のことは、あちこちで書かれているのでこちらでは割愛。
 立地は緑園都市駅から徒歩30分、1時間までなら歩けたこともありましたが、今は昔。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-14:30 18:00-21:00、土日祝は昼営業のみ、定休日は木曜日。
 駐車場は車1台分、となると近所のコインパーキングを目指した方がいいのかな。

クリックすると拡大します

 ガラス窓越しに店内を覗くと、店内は満席、入店せずに店先で待ちます。
 このあたりの呼吸は何とも言えないところで、トップレベルのラーメン店トラブル。
 しばらく待っていると、店員さんが外に出てきて「お一人ですか?中へどうぞ」と案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機、綺麗に修正した券売機は食べログにアップするとして。
 ラーメンは鶏白湯と味噌が880円、倉醤と柚子胡椒、倉塩、えび塩が850円。
 ご飯ものは炙りチャーシュー丼350円、本日の丼もの400円、お肉のはしっこのせミニ丼250円。

クリックすると拡大します

 食券を購入して店内を見渡すと、「カウンター席へどうぞ」と案内されます。
 席は厨房に面したカウンターが4席、壁向きカウンターが4席、2人掛けのテーブル、計10席。
 調味料はお酢、胡椒、一味。

クリックすると拡大します

 厨房には店員さんが3人、2人は調理と盛り付けに専念されていて、1人は配膳や接客を担当されています。
 店内は満席、他のお客さんの配膳状況はよく分からないけど、メニューでも読みながら待ちます。

クリックすると拡大します

 15分ほどで、倉醤850円本日の丼もの(昔ながらのレトロチャーハン)400円
 トッピングの花鰹がゆらゆらと揺れていますが、スチルでは上手く表現できず。
 スープは鶏清湯と感じられる味わい、無化調と思われる幅のある美味しさ、醤油たれがとても心好い。
 すんごく美味しいと言うことは無いけど、気が付いたらまた食べていた、みたいな心地よさ。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺はスープによく合っていて、いい感じですね。
 素人考えでは、もう少しあれをそうした方がよくなる気がしますが、それは私の好み合うだけの話し。
 お店が目指す味わい、お店がお客さんに楽しんでもらいたい味わい、とは一致していないかも知れません。

クリックすると拡大します

 チャーシューは豚バラ肉と、ややレア気味の豚肩ロースの2種類。
 もたもた撮影していたらチャーシューがすっかり崩れてしまい、大変申し訳ありません。
 他のトッピングは穂先メンマ、焼海苔1枚、花鰹、青ネギ。

クリックすると拡大します

 本日の丼ものは、昔ながらのレトロチャーハン。
 ラーメンと別のレンゲが乗せられてきて、無意識にレンゲにピントを合わせてしまう罠。
 何をもって「昔ながら」とするかの説明は見当たりませんが、言語化することでもないのでしょう。

クリックすると拡大します

 具材は玉子、葱、なるとなどがたっぷり入って、紅生姜が添えられています。
 ラーメンのスープに合わせるかのように、ご飯への味付けは最小限、それがまたいい。
 昔ながら、っていうより、現代風、に感じます。

クリックすると拡大します

 ずっとお客さんが途切れないほど混み合っているので、さっさと帰ることにします。
 スルッと食べてご馳走様でした。

濃桃色の桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 62mm / FV (F16 1/60 0EV ISO160) / Auto
濃桃色の桜

 団地の中の桜並木。
 違う通りではもっと盛大に咲いていますが、バックに各部屋がバッチリ写ってしまいます。
 そんな中で、何とかギリギリの一枚かと。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、あぶみ商店@長後(藤沢市高倉718-1)公式ホームページ)へ。
 麺や鐙壱番(長後店)のリニューアルとして、2024/3/4オープン。
 立地は長後駅から徒歩10分ほど、ですが、私はバイク(原チャリ)で立ち寄ります。
 伺った時、駐車場が満車で店内待ちを覚悟して、店内へ。

クリックすると拡大します

 テーブル席は満席でしたが、お一人様の私、空いているカウンター席へ案内されます。
 席は厨房を囲むL字カウンター7席と5席、テーブルは2人掛けと4人掛けが3卓、計26席。
 口頭注文後会計、決済は現金とPayPay。

クリックすると拡大します

 メニューは真鯛豚骨スープの鐙らぁめん850円、唐神味噌らぁめん890円、つけそば870円、など。
 生姜中華スープの生姜醤油中華そば900円、生姜塩中華そば900円、ジンジャージャンキー900円。
 他に、お子様らぁめん450円。
 サイドメニューは焼餃子5個350円、10個630円。

クリックすると拡大します

 ご飯ものはチャーメシ300円、豚ザーサイご飯300円、ミニローストボーク丼400円。
 ドリンクは生ビール580円、瓶ビール600円など。

クリックすると拡大します

 バイク(原チャリ)で立ち寄っているので、食事の前に手を洗ってこようと店内奥に向かうと、壁に説明書き。
 鐙のこだわり、と言うことで鐙らぁめんの説明のみ、生姜中華そばの説明はありません。

クリックすると拡大します

 卓上には醤油、一味、お酢、コショウ、ラー油。
 全ての席にお冷やのピッチャーが用意されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、生姜塩中華そば900円豚ザーサイご飯300円
 先にラーメン、ラーメンの写真を撮っていたらご飯、それでは一緒に撮りますか。
 スープは豚清湯に感じる味わい、生姜がキリッと効いていて、いい感じ。

クリックすると拡大します

 自家製の縮れ平打中太麺、しっかりと噛み応えが残っていて、スープによく合います。
 とかく麺が勝ち気味になる生姜中華そばですが、自家製麺と言うこともあるのか、しっかり調整されています。

クリックすると拡大します

 豚肩ロースチャーシュー、提供時はレア気味でしたが、スープに少しずつ馴染んでいきます。
 麺とスープの美味しさの足を引っ張らないどころか持ち上げる美味しさ、いいですなぁ。
 他のトッピングは焼海苔1枚、なると、メンマ、ネギ。

クリックすると拡大します

 ラーメンを半分ほど食べたところで、豚ザーサイご飯。
 味付けされた豚肉とザーサイをさっとフライパンで温めてから乗せ、ネギを散らしてあります。
 そのまま食べても美味しいだろうけど、残しておいたラーメンスープを掛けてから頂きます。

クリックすると拡大します

 豚肉とご飯の相性は改めて説明するまでもなく、さらにザーサイが合わせてあってさらに美味しい。
 ラーメンスープがよく合っていて、これぞラーメン店のご飯ものの楽しみ方。

クリックすると拡大します

 何か最近、ラーメンだけじゃ無くてなんかサイドメニューを頼みがち。
 つまり食べすぎってことだけど、気軽にラーメン屋に行かれなくなったので、ついついね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

紅白梅
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / FV (F6.3 1/640 0EV ISO250) / Auto
紅白梅

 紅白梅は半分ずつ紅白ってことが多い。
 こちらの紅白梅は、一本だけ紅梅。

クリックすると拡大します

 伊勢原に戻ってきて、そろそろ咲いているかなと渋田川へ。
 川沿いの芝桜は整備中、普通(?)の桜を撮っておきますか。

川沿いの桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 76mm / FV (F16 1/125 0EV ISO125) / Auto
川沿いの桜

 写真は主題をハッキリするべき、と良く言われます。
 が、桜だけでは無くて川も入れたいし、川の対岸の枯れ木も入れたいし。
 遠くの山岳も入れたいと思いました。

クリックすると拡大します

 その後、夕陽を浴びる何かは無いかなと、畦道に入ります。
 一本だけ桜が咲いていますな。
posted by ふらわ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記