2024年05月06日

憧れの生姜焼き

/野郎めし海老名店にてしょうが焼き定食は並盛120gのご飯小盛り/

クリックすると拡大します

 連休四日目、特に何をすることも無く、空気を吸って吐いていたら過ぎてしまった。
 毎年のこととは言え、一歩でも進歩していると嬉しいんだけど。
 なかなか、どうして。

クリックすると拡大します

 お昼は店先を通る度に気になっていた、定食屋へ
 遅めのお昼は、野郎めし海老名店公式ホームページ)へ。
 立地は門沢橋近く、スリーエフ、家系ラーメン壱八家海老名門沢橋店(2018/5/31-2020/11/29)、江戸前天ぷらめしからり海老名店(2021/4/28-)の跡地。

 経営母体は、「築地銀だこ」、「薄皮たい焼 銀のあん」等を展開する株式会社ホットランド。
 現時点で神奈川に海老名店(2022/3/11-)、厚木店(2022/7/1-)、座間店(2022/10/14-)と三店舗。
 前店の「江戸前天ぷらめしからり」と経営母体が同じですから、リニューアルと言うか業態変更と言うか。

クリックすると拡大します

 風除室を経て店内へ、店内の様子は前店と同じ様でいて、少し変えている様子。
 入って左側の窓側に4人掛けテーブルが2卓、厨房に面したL字カウンター3席と6席。
 右側にカウンター7席、右側奥に4人掛けテーブルが4卓、合計すると40席。

クリックすると拡大します

 メニューは季節によって若干変わる様です。
 しょうが焼き定食は並盛120g858円(ご飯大盛まで同額)、野郎盛180g1,078円(ご飯特盛まで同額)。
 旨辛豚キムチ定食は並盛120g968円(ご飯大盛まで同額)、野郎盛180g1,188円(ご飯特盛まで同額)。
 贅沢野郎定食はしょうが焼きにヒレカツ1,298円、チキン南蛮1,408円、油淋鶏1,408円、ミックスフライ1,518円、アジフライ1,408円。いずれもご飯特盛まで同額)

クリックすると拡大します

 熟成ロースカツカレー1,078円、ご飯特盛まで同額。
 温麺の単品はは並盛(麺1玉。焼豚50g)858円、野郎盛(麺2玉。焼豚75g)1,078円。
 辛温麺の単品並盛(麺1玉。焼豚50g)968円、野郎盛(麺2玉。焼豚75g)1,188円
 チキン南蛮定食、油淋鶏定食は並盛120g968円(ご飯大盛まで同額)、野郎盛180g1,188円(ご飯特盛まで同額)。

クリックすると拡大します

 ミックスフライ定食1,188円、アジフライ定食1,078円はご飯特盛まで同額。
 もつ煮定食は並盛300g968円(ご飯大盛まで同額)、野郎盛450g1,188円(ご飯特盛まで同額)。
 とん汁定食は748円(ご飯大盛まで同額)。
 とん汁定食と野郎定食以外は、味噌汁を温麺(ハーフ)に変更330円、とん汁(小)に変更165円。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 卓上には七味唐からし、焼き塩、だし正油、中濃ソース、マヨネーズ、ゴマだれ、沢庵。

クリックすると拡大します

 定食以外に、もう一品メニューも充実しています。
 ちょいカレーって、このメニューのためだけにカレーを用意しているんだ。
 飲物は瓶ビール550円、黒烏龍茶350円など。
 ソフトクリームもあるとは。

クリックすると拡大します

 少し待って、しょうが焼き定食は並盛120g858円のご飯小盛り
 タクワンは自分で乗せています。
 定食にはご飯、味噌汁、大根おろし、明太子が付きます。

クリックすると拡大します

 先ずは箸を濡らすべく、味噌汁から頂きます。
 ワカメとお揚げが入っていて、温度低め。

クリックすると拡大します

 生姜焼きは並盛りなので豚肉120g。
 『食べ応えのある豚肩ロースを使用し、特製オリジナルソースで生姜の香りと旨味を引き立たせ、ごはんがすすむ味付けに仕上げました。
 山盛りの千切りキャベツと一緒に、ソースと絡めながら、お召し上がりください!』

クリックすると拡大します

 生姜焼きの豚肉の部位っててっきりバラ肉だと思っていたけど、肩ロースでもいけるんだ(そりゃそうか)。
 肩ロースだからかどうか分からないけど、噛みきれないほどでは無いけど結構固め。
 特製オリジナルソースは私には甘過ぎて、だからといって醤油とか掛けるのはアレな気がして。

クリックすると拡大します

 ご飯と一緒に頂くと、生姜焼きと特製ソースがご飯によく合って、とても美味しい。
 かつては大好きでよく食べていた生姜焼き、ラーメンに傾倒してしまって随分とご無沙汰していました。
 こりゃタクワンは要らなかったなぁと思いつつも、美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 付け合わせの大根おろしと明太子、謎。
 大根おろしは生姜焼きに合わせるのだろうか、明太子はご飯と一緒に頂くのかな。

クリックすると拡大します

 ご飯の量は減らして正解、並盛りだったらお腹一杯になってしまうところでした。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 曇天であっても、撮影の練習とばかりに写真を撮る。
 自分だけ気持ちよくてもダメなんだけど、先ずは自分からではある。


ネモフィラ畑
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F16 1/60 0EV ISO400) / Auto
ネモフィラ畑

 弘法山の西側なので、西日が当たる時間に見に行く。
 上に桜を入れると季節がさらに強調されます。


ネモフィラ畑
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/800 0EV ISO400) / Auto
ネモフィラ畑

 西日が当たっていても、白っぽく撮るのがネモフィラ。


ネモフィラ畑
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/640 0EV ISO400) / Auto
ネモフィラ畑

 程々のアップもイイ感じ。


ネモフィラ畑
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F18 1/40 0EV ISO400) / Auto
ネモフィラ畑

 また、来年。
posted by ふらわ at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記