2024年05月23日

プデチゲとは

/朝寝坊/韓国館にてプデチゲ、ラーメン/

クリックすると拡大します

 まだ木曜日なので、何事かに疲れて朝寝坊してしまう。
 朝、諸々しようと思っているので1時間以上早めに起きているから、
 10分、15分寝坊しても出勤には問題ないとは言え。
 結構、ガッカリ。

クリックすると拡大します

 お昼は、韓国館へ。
 前回伺ったとき、店長さんと思われる方との食後の話しがとても楽しかったんです。
 「また、いらして下さい」を真に受けて来てみたんだけど。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、かろうじて奥のテーブルが空いている様だけど、何か置いてあるみたい。
 どうしようかなと立ち尽くしていると、テーブルに置かれている荷物を片付け始めました。
 良かったとホッとする半面、前回の店長さんとは違う店員さんのワンオペみたい。
 口頭注文後会計、決済は現金とPayPay。

クリックすると拡大します

 iPhoneの望遠、景色を撮るときに使ったことはあるけど、屋内で使うのは初めて。
 しかもかなり暗くて、シャッター速度は1/20秒。
 なんだけどISO500となっていて、ああ、こんな写真になってしまうんだ。
 他の人の写真を見ると綺麗に撮れているのに、私ってどうしてこんなに写真が下手なんだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして、プデチゲ1,300円、ラーメン100円
 他の鍋料理と同様、ライスとキムチ、ナムルが付いてきます。

クリックすると拡大します

 プデチゲがどんな料理なのか分からないので、ググってみると韓国の辛い鍋の一種とのこと。
 肉や野菜、ソーセージやランチョンミートなどの加工肉を具材としているらしい。
 スープにはキムチや唐辛子などが使われていて、旨味よりも辛味を優先的に感じます。
 前回感じることができた和風出汁、全く感じられません。

クリックすると拡大します

 ライスは五穀米かな。
 韓国料理らしく、ステンレス製の小さな器によそられています。

クリックすると拡大します

 先ずはキムチとナムル。
 ナムルといっても、モヤシとニンジンを茹でた感じで、味がどうこうより雰囲気重視なんだと思います。

クリックすると拡大します

 鍋料理なので、スープを飲みながら具材を食べる感じ。
 かなり熱々、辛味重視、ソーセージや山菜が多めに入っています。
 お餅に似た食感の食材も入っていて、色々な食感が楽しめますね。

クリックすると拡大します

 ラーメンの麺はインスタント麺、、そうだインスタント麺だった、すっかり忘れていました。
 スープに合うとか合わないとか、そういうレベルではなく、麺料理を食べている感じ。
 この料理をラーメンに分類していた昔の自分、なんと恥ずかしいことをしていたのだろう。

クリックすると拡大します

 鍋料理ってことで、ライスは初めっからスープに浸して楽しみます。
 いや、鍋料理の具材をライスに乗せて(オンザライス?)食べるのが正しいのかな。
 スープの温度がすっかり下がってきているので、食べやすいですね。

クリックすると拡大します

 何て言うんですか、ビビンバで使っている様な石鍋はスープを飲み干しにくいですね。
 料理をが美味しかったことを表現するために、スープを飲み干している人は厳しいですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記