2024年06月09日

台湾料理系とは

/台湾料理 佳佳紅(チャーチャーコウ)@平塚市西八幡にて/香港XO醤炒飯、焼き餃子、海鮮バリそば、青椒肉絲定食/晩酌/

クリックすると拡大します

 昨日のブログをアップして、さてどこに行こうかと思案していると、用事を終えた女房が帰ってきて。
 「お昼どこ行くの?一緒に行っていい?」と、女房を連れて(に連れられて)出掛けます。
 バイク(原チャリ)だと身軽だけど、クルマだと色々と面倒で楽しい。

クリックすると拡大します

 お昼は、台湾料理 佳佳紅(チャーチャーコウ)@平塚市西八幡へ。
 台湾料理系の中華料理店は、自宅近郊には多く営業されていて、固焼きそばを食べ歩く私。
 メニュー構成や価格帯からして、祖を同じくすると思いますが、各店舗でかなり異なる麺相。

クリックすると拡大します

 店先にはランチが紹介されていて、全て680円。
 エビと豆腐煮込み、ニラモヤシ、エビと玉子炒め、カニ玉子、ニラ玉子炒め。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター席が見当たらず、テーブルと小上がりのみ。
 4人掛けテーブルが6卓、6人分の小上がりが3卓、奥に座敷がありますが使われていません。

クリックすると拡大します

 私がこれまで伺った台湾料理系の中で、一番しっかりしている冊子型のメニュー。 
 いずれの店舗も大同小異であるので、統一してコストダウン、とはされないんですね。

クリックすると拡大します

 麺類は台湾ラーメン528円から始まって、サンラー麺748円、つけ麺770円など。
 この店舗のみのメニューは見当たりません。

クリックすると拡大します

 ピンボケしてしまったけど、五目バリ焼きそば680円、五目あんかけそば680円、海鮮バリそば780円など。
 五目バリ焼きそばって1種類かと思っていたんだけど、海鮮版もあるんだ。

クリックすると拡大します

 炒飯は炒飯550円、台湾炒飯715円、牛肉の黒胡椒炒飯858円など。
 「炒飯は半分とか小とかできますか?」「半分はできません、小はできますけど値段は変わりません」
 「食べ切れない分は持ち帰れます」「それでは普通盛りでお願いします」

クリックすると拡大します

 満腹セットは焼き餃子、唐揚げ、麺類などを組み合わせて1,280円。
 餃子と唐揚げ、餃子と麺類、、唐揚げと麺類とした1,078円のセットもあります。

クリックすると拡大します

 定食メニューは1,078円から1,408円まで18種類、子供定食は580円。
 麻婆豆腐定食ってのが1,408円で用意されています。

クリックすると拡大します

 夏季限定と思われる、冷麺と冷麺定食。
 冷麺は韓国冷麺825円、中華冷麺825円、台湾冷麺825円、四川冷麺825円。
 定食は炒飯、ミニサラダ、キムチ、杏仁豆腐が付いて1,298円。

クリックすると拡大します

 新登場と銘打った抻麺(しんめん)、龍鬚麺みたいな麺か。
 軽くググってみると、数年前からあちこちで食べられる様になっています。
 食べるメニューを決めているので今日は食べられないけど、気になって夜は寝られそうにありません。

クリックすると拡大します

 卓上には辣油、酢、醤油、白胡椒。
 コールボタンが各席に用意されていますが、気にせずに通り掛かった店員さんに声を掛けます。

クリックすると拡大します

 一品目は、香港XO醤炒飯748円
 どの辺りが香港なのかは未だ謎ですが、XO醤の香りでとても美味しそう。
 2人で伺ったので取り分け皿が出されますけど、スプーンは1本だけ。

クリックすると拡大します

 具材は卵黄とハムに似た食感の肉、とても美味しいです。
 台湾料理系では炒飯は常に脇役に徹していますが、いつでも主役を張れる味わい。

クリックすると拡大します

 続けて、焼き餃子330円
 どの料理も量が多いって言っていたのに、「餃子も食べたいねぇ」とのたまう女房。
 まあ、食べ切れなければ持ち帰ればいいか。

クリックすると拡大します

 いつも通り酢胡椒を作って頂きます。
 皮が固めなので冷凍餃子なのかな、イイ感じで焦げ目が付いています。
 女房は結局、一つしか食べませんでした(一つだけ食べたかったのだろう)。
 残りは私が美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 程なくして、海鮮バリそば858円
 無印と海鮮でどこが違うのか知りたくて海鮮を注文しました。
 これまでの五目バリそばの麺相と比べると、海鮮というより野菜に近いかと。

クリックすると拡大します

 白菜、青菜、人参、木耳がたっぷりと使われた餡、麺と食べる前に餡だけ頂きます。
 食べやすい様に小切りされていて、火の通りも良好に感じます。

クリックすると拡大します

 水煮もうずらは一つ、餡としてではなく、横に添えられています。
 こういうのもあるんだな。

クリックすると拡大します

 むきえびは二尾、餡としてではなく、横に添えられています。
 一尾は女房にお裾分けしました。
 他の海鮮らしさはイカくらいで、それなら他店の五目と変わらない気がします。

クリックすると拡大します

 太麺は食べてみると、揚げ置きか揚げてある麺を仕入れている印象。
 かつてないほど短尺で、ベビースターラーメン級の短さ。
 これはこれで食べやすい。

クリックすると拡大します

 女房が注文した、青椒肉絲定食1,408円
 このメニューを食べる人の的確に捉えていると思われる、昔話盛りのご飯。
 青椒肉絲と麻婆豆腐はそれぞれ1人前、唐揚げは二つ、味噌汁付き。

クリックすると拡大します

 取り分け皿に取り分けて頂く、青椒肉絲。
 ピーマン、筍、豚肉、人参をあっさりめの餡で絡めてあり、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 麻婆豆腐は辛くないタイプ、挽肉も使われていません。
 「辛いと食べられないけど、辛くないから美味しく食べられる」とは女房の弁。

クリックすると拡大します

 唐揚げは衣多めタイプ。
 鶏肉の味はあっさりめで、唐揚げまであっさりめで徹底されています。

クリックすると拡大します

 お腹一杯は全く望んでいませんが、固焼きそばを食べる方がずっと優先度が高い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

東光寺 薬師堂
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 27mm / FV (F8 1/60 0EV ISO100) / Auto
東光寺 薬師堂

 数年前から突然始まった、東光寺薬師堂の紫陽花寺計画。
 上手く全景が撮れない中、こちらの1枚を。


紅白紫陽花
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 168mm / FV (F6.3 1/100 0EV ISO125) / Auto
紅白紫陽花

 紅白紫陽花という名の紫陽花はないだろうけど。


紫陽花 階段にもたれて
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 76mm / FV (F5.6 1/400 0EV ISO640) / Auto

紫陽花 階段にもたれて

 紫陽花の花の色は地面の酸性度で決まるらしいけど。
 花の丈は何で決まるのだろうか。


クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、カメラを持ち出して紫陽花を撮りにいきます。
 初めは手撮りしているけど、途中から三脚を立てだして、結局1時間以上。
 ああ、楽しかった。

クリックすると拡大します

 晩酌
 三重の蔵元である福持酒造場が醸す「天下錦(てんかにしき)」特別純米酒 おりがらみ 生酒 R4BY。

 生産量極々わずかの限定滓がらみバージョンの特別純米酒。
 昨年(R3BY)は7号酵母に本醸造、今年(R4BY)は純米酒にて醸しています。
 香りはパイナップルや柑橘果実を想わせ、シルキーでジューシーな優しい旨味の味わいからは杏仁豆腐を想わす。
 まさに『かるく』『うまく』『さわやか』な天下錦の一杯。

 アテは豚肉の生姜焼き。
posted by ふらわ at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記