2024年06月11日

つけ麺の季節

/味噌や魚らん坂@白金高輪(港区高輪)にて魚醤つけ麺/

クリックすると拡大します

 今週は公私ともに多忙で、大好きなラーメンを食べている時間が取れそうもない。
 まあ、未来のことは何も決まっていない、ということで、食べられるときに食べたらいいか。
 そんなことより、写真を撮る時間が取れない方が悲しい。

クリックすると拡大します

 お昼は、味噌や魚らん坂@白金高輪(港区高輪)公式ホームページ)へ。
 お店に顔を覚えてもらいたいなら、同じ曜日の同じ時間に同じ服を着て通うこと、と若い頃に教わりました。
 こちらには同じ曜日に通うこと今日で7回目、そろそろ顔を覚えてもらえただろうか。
 ↑このへん、ツッコミどころですよ(笑)

クリックすると拡大します

 外食の楽しみ方は人それぞれだと思うんですよね。
 顔を覚えてもらって世間話でもしながら食事を楽しみたい私の様な人もいますし。
 黙って座って黙って食べて黙って席を立つのを良しとする人もいることでしょう。
 社会人なら、いや、学生でも挨拶されたら挨拶を返すのが常識だと思う私の様な人もいますし。
 飲食店からの挨拶には返さない、とする人もいることでしょう。

クリックすると拡大します

 梅雨入り前の暑さに耐えかねて今日はつけ麺、3種類用意されているので、今日で2種類め。
 店員さんに食券を渡すと「大盛りにされますか?」と訊かれますので、お願いします。
 出来上がりを待っていると、つけ汁と割りスープを渡されます。

クリックすると拡大します

 その後、程なくして、魚醤つけ麺850円、麺大盛りサービス。
 豚ガラ、鶏ガラがベースと思われるスープで醤油たれを延ばし、魚粉を合わせたつけ汁。
 味噌、醤油、塩を揃えたラーメン屋で、塩味のつけめんが無いのが気になります。

クリックすると拡大します

 前回の味噌味つけ麺と同じように細麺、平塚の製麺所からの仕入れています。
 この麺が大好きで、大好きだからこそ通っているとも言えます。
 つけ麺が世の中に浸透し始めた頃は、つけ麺には太麺という風潮でした。
 その風潮に迎合することなく、魚らん坂らしいつけ麺を選択したからこそ、いまでこそここにいるのでしょう。

クリックすると拡大します

 全てのトッピングは麺の上に用意され、厚切りの豚肩ロースチャーシュー、材木メンマ、長ネギ。
 そのまま食べても美味しいのだろうけど、つけ汁に漬けて頂くと、もっと美味しい。

クリックすると拡大します

 材木メンマは3本。
 スペシャルというか、全部載せにしたら本数が増えるのだろうか。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、スープ割り。
 割スープは事前に提供され、食べ手が望むタイミングで割り入れられます。
 私のように最後に割り入れる場合、割スープが冷めてしまっているのが、残念。

クリックすると拡大します

 世の中に100点満点のラーメンは存在しないと考えています。
 幾つか減点部分はあるけれど、だからといってお店に通わない理由にはなりません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

ムギセンノウ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F22 1/320 0EV ISO800) / Auto
ムギセンノウ

 少しだけ咲き残っていたムギセンノウ。


ふと目を向けると
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F7.1 1/500 0EV ISO250) / Auto
ふと目を向けると

 何かが動くと目が追ってしまい、
 追った先にはアゲハチョウ。


枯れた菖蒲に
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F7.1 1/500 0EV ISO250) / Auto
枯れた菖蒲に

 蜜を吸うのではなく、羽を休めているかのよう。
posted by ふらわ at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記