2014年08月15日

ワイン会

/蒙古タンメン中本秋津にて北極の夏の麺少なめ、ネギ/QBハウス/赤札屋四谷店/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて冷やニボ稲庭中華そば/

クリックすると拡大します
 今日も昨日に引き続き代休、どちらかというとお盆休みなわけですけど。
 お店を覗いたら混んでいたので、ちょうど髪の毛が伸びているなとQBハウス、1000円10分の時代は終わりを告げ、1080円に値上がりをせざるを得なくなりました。
 平日シニア料金という、65歳以上は会員カードを作れば1000円(詳細はホームページをご覧下さい)も始まっています。
 いつも通り「五分刈りで」とお願いしてさっぱりしました。

クリックすると拡大します
 お昼は蒙古タンメン中本秋津@東京都東村山市、平日なので空いているかなと思っていたら満席店内待ちあり。
 あらら、そんなに混んでいるのかと思いつつも食券を買って店内待ちに続きます。

クリックすると拡大します
 並んだ目の前の席でラーメンを食べている人がたまたま友達で、「今日は製氷機が故障してしまって、水のペットボトルを配っているんだよ」と教えて下さいました。
 あらホントだ、お客さんの席を見渡すといろはすとか天然水(南アルプス)のペットボトルが並んでいます。
 いやはや、お客さん全員にペットボトルを配ったら売上げ激減ですよねぇ、と余計な心配をしていると、席が空きました。
 私にはいろはすが配られ、いろはすを飲みながらのんびりしていると、「おまちどおさまでした」とラーメンが運ばれてきました。

クリックすると拡大します
 今月の10日から販売が開始された販売期間限定メニューの北極の夏930円の麺少なめ、ネギ60円
 北極の夏は吉祥寺店発祥の販売期間限定メニュー、秋津店々長さんは元吉祥寺店々長を務められていて、その関係で秋津店でも販売されているようです。
 北極スープでナスとニンニクの芽を煮込み、全体に挽肉を合わせてあり、茹でもやし、そしてささ切りのネギが乗せられています。

クリックすると拡大します
 ネギとモヤシをスープに沈め、全体をさっと混ぜてからスープを頂くと、かなりの辛さ、聞けばこの時期の唐辛子は特別に辛いという。
 素人考えでは、辛かったらスープに入れる量を調整すればいいんじゃないかと思うけど、そんな簡単なことじゃないだろうな。

クリックすると拡大します
 麺を食べながらナスやニンニクの芽をライスに乗せて「しあわせの夏丼」を作りながら、とても美味しく頂きます。
 殆どの麺を食べ終わったところでさっと酢を回し掛けて、一気にスープを飲みきってご馳走様でした。


クリックすると拡大します
 夜は赤札屋四谷店ホームページ)、この後でワイン会に誘われているけれども、あちらとこちらを調整して小一時間だけ混ぜてもらうことに。
 四ツ谷のしんみち通りに来るのはずいぶんと久しぶりだよなぁ、お店はすぐに見つかりました。
 4人で飲んでいたので私を加えると5人、奥の広めのテーブルに移動して、100円チューハイをお願いして、今夜は四ツ谷で5人お疲れ様会。

クリックすると拡大します
 まさに昭和な店内で、もう、座っただけで居心地がいい。
 つまみをあれこれ選ぶ時間さえもったいない時間帯、写真を撮ったのは最初の一枚だけで、話しをして、話しを聞いて、情報交換をして。
 時計を見ながら、いや、見ていなかったので遅刻しそう、と言いながら、ダッシュで退店。

クリックすると拡大します
 幾つかの経路があったけど代々木、渋谷乗り換えであざみ野へ。
 既に何度も降りているのに毎回出口を間違えてしまいます。

クリックすると拡大します
 らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)、明日から19日まで夏休みだそうです。
 結果的に一番に着いたみたいで、しばらく店主さん、女将さんとお喋りさせて頂き。

クリックすると拡大します
 予約席に座って、赤ワイン1400円で乾杯。
 彼女とこうして2人で飲むことは全く想像したことがありませんでした。
 想像していないことの方が起こりやすいな、狙えば狙うほど外れるし。

クリックすると拡大します
 特別にお願いした料理の数々、高級料理店ではなく客単価1000円のラーメン屋ですけれど。
 らっきょう、キュウリ、谷中生姜、ラーメンで使われている味噌で頂きます。
 お互い大人なので相手によって、場によって話を変えるのは当たり前で、今夜はちょっと込み入った話。

クリックすると拡大します
 そうこうしているウチにローストポークとアボガドにチーズとミニトマトの酢漬けそえ、ドレッシングや胡椒ではなく山葵で頂きます。
 これがかなり美味しい、しばらく黙る感じ、せっかく会話が盛り上がっているんだから美味しい料理は困りますよね(笑)

クリックすると拡大します
 初めは小鉢で出されたキュウリと茗荷の浅漬け、途中から大きなお椀で出されました。
 お喋りが忙しくて料理を食べている余裕があまりありませんでしたが、この漬け物はしっかり頂きました。

クリックすると拡大します
 二本目はいづつワインの白、ワインを飲み慣れていないので上手く表現できませんが、マスカットのような味わいです。
 飲みやすいと言うよりとても美味しい白ワイン、しっかりと冷やされています。
 ハッキリと覚えていませんけど、この辺りで三人目の使徒、登場、今夜はあざみ野で三人お疲れ様会。

クリックすると拡大します
 チャーシューの切り落としにネギをちょっと絡めてあり、和辛子で頂きます。
 このまま飲んでいたらどこまでも飲んでしまいそう、そろそろラーメンを食べなければ。

クリックすると拡大します
 友達はカレー味噌つけめん(だったと思う)、見た目はかなりのガッツリ系ですが、茹でもやしが殆どなのでするりと食べられます。
 途中味見させて頂きましたが、次回必ず食べたい味です。

クリックすると拡大します
 私は狙い通りの冷やニボ稲庭中華そば750円、うわぁ、専用に透明ガラス丼を用意したんだ。
 ポップでは『水出しした瀬戸内伊吹島のいりこ出汁スープにそば風のかえしを合わせ、麺は稲庭うどんの製法で作られた喉ごしの良い中華麺(乾麺)を使用し、素麺(そうめん)感覚の夏らしいあっさり系の一杯に仕上げました。』(一部、表現を変更しています)と書かれています。
 まるでうどん汁のようなスープをひんやりと冷やし、スープだけ飲んでもとても美味しく仕上げ。
 日本でただ一人しか製造できない稲庭中華そばを僅かに固めに茹で上げ、スープにぴったりと寄り添わせ。

クリックすると拡大します
 トッピングはこれまたこのメニュー専用の蒸し鶏チャーシュー、スープの温度に合わせて用意されています。
 穂先メンマに半身の味玉二つ、酢漬けのミニトマト、白髪ネギに貝割れ大根に青ネギ、と、ちょっとトッピングが多すぎます。
 というか、紹介写真より奇麗に盛り付けているとは何事ですか、色々と大人の事情がありますか。
 高級な食材を使っていないからとの値付け、技術料、考案料を加えて900円、1000円にすべきではないでしょうか。
 スルッと食べてしまってご馳走様、販売期間未定ながら、もう一杯は食べておきたい。

クリックすると拡大します
 その後、閉店時間まで談笑、何でも椅子をほんの少し前に出して「足が足置きに届くように」したそうです。
 元々足が届いていた私は気が付きませんでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
散髪して身だしなみを整えた後、密会ですか?
やりますね〜
雅楽さんを予約して特別料理でお・も・て・な・し。
ふらわさんの人徳のなせる技ではないでしょうか。
Posted by tomoco at 2014年08月18日 21:19
tomocoさん

 密会じゃないです、ワイン会です。
 予約と言っても「食べに行きますよ」と連絡しただけですけどね。
Posted by ふらわ at 2014年08月19日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102469427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック