2015年04月11日

第六回ぼぶ亭

/朝ラーBarrio Niboにて朝ラーセット/荒木屋@蒲田にて味噌麻婆麺/ぼぶ亭/埼玉屋/

クリックすると拡大します
 平日に起きる時間と同じ時間に起きて、一路、中野へ、今日から始まった朝ラー営業に駆けつけます。
 さいころ中野本店@中野(ホームページ)の朝ラーメンブランド、朝ラーBarrio Nibo

 単に営業時間を前倒してラーメンを販売するなら駆けつけたりしないけど、志田系インスパイアと聞けばいてもたってもいられません。
 営業時間は7時から11時(11時以降はさいころとして営業)、7時直後の訪問ではその後が長すぎてしまうので、9時過ぎに訪問しました。

 メニューは朝ラーとして温そば550円、冷そば550円、朝ラーセットとして温そば+冷そば1000円(シェアはご遠慮下さい)。
 朝定食として温そばor冷そば+ご飯650円、ビール500円もあります。

クリックすると拡大します
 志太系朝ラーであれば朝ラーセット一択、つまり朝からラーメンを二杯食べるということですが、それが志太朝ラーとしては普通であり、「店内連食!」と声を荒げる必要は全くありません。
 東京で初めての志太系ラーメン、現地でラーメンを食べて全く同じものを再現するのは難しくないでしょう。

 けれども、伝統や空気感とか守るべき所は大切に再現する、変えるべき所は大胆に変える、それでいて食材や麺を選別して商売として成り立つような価格設定にする。
 どんなラーメンが出てくるのか、とても楽しみです。

クリックすると拡大します
 志太系の作法に則り、先に温そば550円、何も言わなければ暖かい方から配膳され、先に冷たい方を食べたければオーダー時にお願いしましょう。
 純煮干出汁(志太系では鰹出汁主体)のスープに柔らかい醤油ダレを合わせてあり、ふと目を閉じればあのびゅうびゅうと風が吹きすぎるマルナカの店先が思い浮かびます。

クリックすると拡大します
 つるんとした滑らかな食感の麺は現地から取り寄せているのかと思うほど再現性が高い自家製の平打ち細麺、美味しいですねぇ、スープとの相性がバツグンです。
 トッピングは鶏肉チャーシュー、青ネギ、メンマ、板海苔、メンマは薄くて細いのが志太系スタンダードですが、さいころでは材木メンマを採用しています。

 さらっと食べてしまって御馳走様でした、と少し間を空けて二杯目のラーメンが提供されました。

クリックすると拡大します
 志太系の作法に則り、透明なガラス容器に盛り付けられて冷そば550円、朝ラーセットなので1000円となり別々に二杯食べるより100円お得な価格設定になっています。
 温そばと同じスープですが冷やしてあるからか、口当たりだけでなく香りも違うように感じて、初めは温そばと別のスープを用意されているのかと思いました。

クリックすると拡大します
 麺も温そばと同様の自家製の平打ち細麺ですが、茹でた後に冷水で締めてあるので、つるっつるとした麺肌、とても美味しいです。
 トッピングは温そばのに加えて紅生姜、山葵と「分かっている」組み合わせ、なぜこの冷たいスープに紅生姜や山葵が合うのは分かりませんが、実際、合うのだからたまりません。

 さらっと食べてしまって御馳走様でした、食べ終わって「私、出身が静岡なんです」の店員さんと、流しのラーメン職人さんとお喋りして、お店を後にしました。

クリックすると拡大します
 去年の12月にオープンを予定していましたが、延びに延びて本日オープンした荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)、オープンを楽しみにされていたお客さんも多く、開店待ち10人以上、その後も14時、15時とずっと10人以上が外待ちされていました。
 祝い花は(株)サッポロ製麺と(株)プレコフーズ、今日の時点では看板は用意されていませんでした。

 開店記念サービスで4/11から13までラーメン全品500円、券売機はクローズされ、口頭オーダー、現金会計されています。
 紙に書かれていたメニューをちらっと見た感じでは味噌野菜麺750円、味噌麻婆麺770円、五目麻婆麺850円、大辛肉味噌麺800円、冷し野菜麺830円、冷し麻婆麺850円、冷し大辛肉味噌麺800円だったような(記憶に頼って書いていますので間違っていたらごめんなさい)。

クリックすると拡大します
 サイドメニューとして定食、トッピングとして玉子、ネギ、バター(記憶に頼って書いていますので間違っていたらごめんなさい)。
 営業時間はどこにも明示されていませんでしたが、他のお客さんと店員さんとのやりとりを聞いた限りでは「11時から21時まで、当分は休まない」と話されていました。

 厨房を囲むカウンター8席、テーブル3席、卓上には唐辛子粉、酢、白胡椒が用意されています。

クリックすると拡大します
 程なくして味噌麻婆麺770円(開店記念で500円)、真っ黒い丼なんですね。
 大きな中華鍋で煮込まれた野菜がタップリと乗っていて、その野菜にたっぷりと麻婆豆腐が掛けられています。

 この煮込み野菜に味噌味がしっかりと染みこんでいてとても美味しい、目を開けていられないほど美味しいです。
 麻婆豆腐のとろみ具合もいい感じで、煮込み野菜と一緒に食べるととても美味しいです。

 サッポロ製麺の中太麺、強めに縮れているのでスープによく絡みます。
 さらっと食べてしまって御馳走様でした、ああ、美味しかった。

クリックすると拡大します
 都内で不定期に営業されるぼぶ亭、既に6回になります。
 営業場所は直前まで分からないのですが、今回は前回同様、元祖札幌や新宿野村ビル店を貸し切った形となりました。

クリックすると拡大します
 屋号(?)にあるように、城南地区のカリスマブロガーであるぼぶさんの自作ラーメンの会、とは言え製麺までは手が回らないので(株)南京軒食品さんが全面バックアップ、ありがたいことです。
 ぼぶさんを始め、有志で厨房を切り盛りされていて、この日にこの店にいた30数人以上殆どの人と知り合い、仲良くしている人もいれば疎遠な人もいますけど(笑)

クリックすると拡大します
 ウェルカムドリンクは生ビール、今夜は新宿で乾杯、お通しは鶏ガラスープをベースにした中華風お粥です。
 一斉に飲み出すし、一斉にしゃべり出すし、ビール一杯でフルスロットルなわけですな。

 フルスロットルの中で飲み物が持ち込み可なので焼酎を持ち込んだり、日本酒を持ち込んだり、分かっている大人の分かっている宴会です。

クリックすると拡大します
 ラーメンは三種類用意され、一品目は鶏白湯そば500円を頂きました。
 説明書きには『スープは鶏ガラ、丸鶏、もみじ、日高昆布、野菜等でとりました。タレは塩3種類に白醤油を加えました。南京軒製の切り歯24番の低加水細麺。具は鶏もも肉チャーシュー、低温調理の鶏胸肉、ミニトマト、おかひじき、味玉。(一部句読点を調整しました)』とあります。

 素人が作るラーメンとは全く思えない出来映えで、明日からお店をやりますのでその試食会と説明されても全く不思議ではありません(出店の予定は全くありません)。

クリックすると拡大します
 サイドメニューはおでん、コールスロー、チャーシューのパテと揃っています。
 いずれもラーメンに使われる具材やスープを活かして調理されていて、これがどれもラーメン、いや、ビールに合います。

クリックすると拡大します
 二品目はとぎぎ和牛の牛脂まぜそば500円。
 『芝浜@桐生のまぜそばからヒントを得た一品、最高級のとちぎ和牛とその牛脂を使って仕上げてあります。タレは三種類の醤油で仕込みました。南京軒さんに特注した平打ち縮れ麺。具はトリュフ風とちぎ和牛のソテー、3色パプリカとタケノコのマリネ、ミックス野菜、白ねぎ。(一部句読点を調整しました)』と書かれています。

 トッピングと麺を豪快にタレに絡めるとふわっと牛肉の香りが漂い、食べてみると北千住で週一営業しているまぜそば専門店のそれに匹敵するほどの美味しさ。
 麺も美味しければトッピングも美味しくて、「今回も私のお遊びにおつきあいいただき」のレベルとは到底思えない美味しさ。

クリックすると拡大します
 ビールに焼酎と飲み繋ぎ、続けて日本酒にスイッチしてからつまんだのが「まぜそばトッピングの盛り合わせ」、ぼぶさんのブログによれば「お客さんのリクエストで即興で作った」とのこと。
 この盛り合わせを四人で五人でシャアしろってか、どんなに一人で食べたかったことか。

 大盛り上がりの中で麺が売り切れたので閉店、ぼぶさん、美味しいラーメンを御馳走様でした、美味しいラーメンを食べる場をありがとうございました。

クリックすると拡大します
 以前は誰にも相手されずにひっそりと一人二次会ばかりでしたが、最近はなぜか二次会に誘われることが多く、世の中、何がどうなるか分からないものですね。
 ということで、今夜は大好きな思い出横丁の大好きな埼玉屋の二階VIPシートで四人虹会、楽しすぎて記憶が途切れ途切れです。

クリックすると拡大します
 問答無用でレモンサワーで乾杯、つまみはそんなに頼みませんでしたが、まあ、写真写りがいい料理を選んだような気がします(良く覚えていないし、全品撮っていないし)。
 飲んでいると若い男達がどどっと隣りに来たので、ウチの女性陣は急に居住まいを正して、もう、なんていうか、旅の恥はかき捨て、って事はないでしょうに。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>開店待ち10人以上、その後も14時、15時とずっと10人以上が外待ちされていました。

ふわらさん
開店前から、15時過ぎまでずっと現地にいらっしゃったんですか?
お店の方と歓談などされていらっしゃたのでしょうか?
流石ふらわさんですね。
Posted by 優子 at 2015年04月13日 08:51
>フルスロットルの中で飲み物が持ち込み可なので焼酎を持ち込んだり、日本酒を持ち込んだり、分かっている大人の分かっている宴会です。

ふらわさんは、何を持ち込み(差入れ)されたんですか?
まさか差入れもしない、分かってない大人なんですか?人の差入れ飲んだだけ?
Posted by 小枝子 at 2015年04月13日 08:55
荒木屋さんの開店おめでとうございます。
今後はファンサイトやお店のホームページの制作の売り込みで忙しく
なりそうですね。
食ベログの評価も先を越されてますよ。

頑張って下さい。
Posted by 秀樹 at 2015年04月14日 09:41
優子さん

 コメントありがとうございます。
 ずっといたわけではないですけどね、お店ではご歓談できる状況ではありませんでしたよ。
Posted by ふらわ at 2015年04月15日 02:22
小枝子さん

 コメントありがとうございます。
 30数人全員が飲食物を持ち込んだら、それは会の趣旨と合わなくなってしまいます。
 差入れする人もいるし、友達を誘って盛り上げる人もいるし、厨房に入って手伝う人もいるし、みんなで楽しむ会なんですよ。
 私は前回にチーズケーキを差し入れたので、今回は差し入れ無し、順番ですから。
Posted by ふらわ at 2015年04月15日 02:25
秀樹さん

 コメントありがとうございます。
 お祝いのお言葉、ありがとうございます。
 既にお店のホームページはありますし、ファンサイトは作る人が決まっているので、私は出番無しです。
 食べログの評価は元々していませんし、そもそも食べログの評価が必要なお店でしょうか。

 頑張りません。
Posted by ふらわ at 2015年04月15日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118687649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック