2017年01月26日

担々麺再考

/大江戸そば市ヶ谷店にてちくわ天そば/北海道らーめんひむろ秋葉原店@末広町にてキムチらーめん/一力堂神田小川町店@小川町にて鶏骨魚介つけ麺(並)/成都正宗担々麺つじ田@小川町にて成都担々麺、レベル5/

 朝は大江戸そば市ヶ谷店ホームページ)へ、立食い店ですが奥に二席だけ椅子があるので、店先から椅子が空いているのを確認してから入店しました。
 路麺店での基本のかき揚げそば、関東での基本のコロッケそば、季節の限定メニューなどを食べたので、今日は違う種物にしようかと。
クリックすると拡大します

 ちくわ天そば410円、今朝は特に寒かったので初めから七味を振りました。
 お蕎麦には色々な種物があり、この手の天ぷらは蕎麦つゆと馴染ませず、「温める」程度で食べるのが私の好みです。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼は北海道らーめんひむろ秋葉原店@末広町(千代田区外神田)ホームページ)、ここは食後にコーヒーが飲めるので、同僚を誘いやすくて随分と通っています。
 気が付いたらメニューコンプまであと三種類、さてさて、本当にメニューコンプできるかな。
クリックすると拡大します

 食券を買うといつも通りに階段を登って二階へ、大抵はガラガラですが、今日は半分以上の席が埋まっています。
 それでもいつも座る席は空いていたので、ささっと座ってラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 少し待ってキムチらーめん880円
 ラーメンにキムチをトッピングしただけに思っていたので、ベースは醤油か塩か、はたまた味噌のどれかなと思っていたら、味噌オロチョンがベースのようです。
 玉ねぎやもやしと一緒に煮詰めたスープですが、キクラゲは見当たりません。
クリックすると拡大します

 麻生製麺の中太麺がとってもいい感じで、この麺が合ってこその、このスープなのでしょう。
 トッピングは大ぶりのチャーシュー二枚、薬味ネギ、わかめ、メンマ、にキムチ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 食後にコーヒー、アイスとホットが選べるので二人ともホットで。
 しばらくゆっくりして、さて、午後の仕事を頑張ります。
クリックすると拡大します

 夜は水道橋駅から坂を下りきった辺りにある一力堂神田小川町店@小川町(千代田区神田小川町)ホームページ)へ。
 太田本店の2号店として2015/2/28オープン、本店は閉店してしまったので、今はこちらが本店なのでしょうか、琉球別邸は営業を続けているようです
 店先には「京都一乗寺源流」とあり、鶏ガラ醤油背脂とあるので、ますたに系を暗示しているかな。
 世間の常識は分かりませんけど、私の中ではますたには銀閣寺(出町柳)ですし、ますたにインスパイアの塊力屋本店は(一乗寺と言うより)修学院です。
クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ左手のタッチパネル式券売機で食券を買います。
 メニューはその鶏ガラ醤油背脂、だけではなく味噌ラーメン、鶏骨魚介つけ麺の三本立て。
 定食にメンチカツ、鳥唐揚げなどが用意されていますが、店内で揚げているのでしょうか。
クリックすると拡大します

 全店の構成のままのコの字カウンター15席、卓上にはラーメンコショー、お酢、一味。
 カウンター台には隙間がないほどメニューやら食材の説明書きやらが貼られています。
 先客の二人の女性客はラーメンを食べ終わってから楽し気にお喋り、私が食べ終わって帰る頃でもおしゃべりしていました。
クリックすると拡大します

 程なくして鶏骨魚介つけ麺(並)790円、サンプル写真並みに綺麗な麺相です。
 つけ汁はさらさら鶏ガラスープに魚粉を溶いたスープをブレンドしましたな感じで、おしゃべりを楽しみながら食べるには、この位が丁度いいと感じました。
 もちろん私は一人で食べに来ているので、本当にそうかは、想像でしかありません。
クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら丸いストレート太麺はもちもちまではいかない「もち」程度、つけ汁との絡みも程々で、特別にすごいわけではありませんが、普段使いには十分と感じました。
 つけ汁にはチャーシューとメンマが沈められていて、細切りされたネギがあしらわれていました。
クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割、出汁スープを湯桶に入れて用意されていて、そのままでも飲めそうですがスープ割して美味しくいただきました。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は成都正宗担々麺つじ田@小川町(千代田区神田小川町)ホームページ)へ、2016/7/14オープン、系列店のリニューアルらしい(よく分かっていません)。
 担々麺は発祥が汁無しで、日本に根付かせるために汁(スープ)に浸した話は誰もが知るところです。
 正式名称は「成都担々麺」、「正宗」は「正統」という意味なので、「正宗担々麺」なんて四川には無いと聞いたのですが、またまた私の勘違いでしょうか。
クリックすると拡大します

 店内は奥に真っすぐなカウンター12席のみ、右手に券売機が用意されています。
 メニューは成都式と正宗式、汁ありとなしの四種類。
 辛さは1から4までが無料、5が100円、6が200円ですので普通の食券に辛さ増しの食券を買うスタイルが一般的ですが、こちらではそれぞれの食券が用意されています。
クリックすると拡大します

 卓上には酢、山椒、汁なしタレ、汁ありタレが用意されていて、汁ありのラーメンはからスープを抜いたのが汁なしではない、ということを示唆されています。
 細かい話ですが、つじ田ではテイッシュや紙エプロンを卓上などの目につく場所に置きません。
 これは写真を撮るときにティッシュがひらひらと写り込まないため、ではありませんよね。
クリックすると拡大します

 殆ど待たされずに成都担々麺880円、レベル5100円
 豚ガラ、鶏ガラの清湯スープを綺麗にブレンドして仕上げらえたスープ、全体に刻みネギを散らし、辛味挽肉で味付け、茹でモヤシが食感を補っています。
 いつの頃からか担々麺に青梗菜という方程式は薄れ、こちらでも彩り程度のネギ、花椒が振られています。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の極細麺は丼が窮屈だと思わせるほどの麺量、するすると頂けます。
 食べ手の味覚を超える味にしてしまうと「なんだかよく分からない」と感じてしまうところを、敢えて抑えている印象です。
クリックすると拡大します
 
 卓上の二種類のタレ、どこがどう違うのか気になってレンゲに落として味見してみましたが、酸味の強弱と醤油のブレンドの違いしか分からず。
 ちょろっとネット検索しましたが、言及している記事を見つけられず。
 店員さんに聞いてみたら、冗談とも本気とも笑った方がいいのか、戸惑う返答、ラーメンの世界は深いなぁ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
食べ手の味覚を超える味にしてしまうと「なんだかよく分からない」と感じてしまうところを、敢えて抑えている印象です→こういう評価がポンと出てくるとこがすごい。
Posted by sena at 2017年01月30日 10:00
senaさん

 ありがとうございます。
Posted by ふらわ at 2017年02月02日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178583407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック