2017年01月28日

宗玄の会

/旨辛ラーメン表裏市ヶ谷本店にて油そば/九段斑鳩市ヶ谷本店にてらー麺、濃厚らー麺/樂旬堂坐唯杏にて宗玄の会/一久庵/塩そば専門店桑ばら@池袋にて麺が太い塩そば/

 予定とは変わるからこそ予定であって、ぽっかりと空いた時間をただ川を見て過ごすのも一興、事前に調べておいたラーメン屋でリカバリするのも一興。
 今日はラーメン一杯、お酒を軽く、の予定でしたが、さすがは予定。
クリックすると拡大します

 一杯目は旨辛ラーメン表裏市ヶ谷本店@市ヶ谷(千代田区九段南)、水道橋駅高架下より移転して、2016/10/17オープン。
 その水道橋で食べたときは、しっかりしたスープとしっかりした麺のラーメンだと思いましたが、それだけじゃ行列店には届かないなんだよな。
 ラーメン、いや、飲食はホント難しい。
クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンター7席、4人掛けテーブルが4卓、2人掛けが1卓、店員さんは二人。
 メニューは鷹の爪拉麺、ピリ辛拉麺、極辛拉麺、つけ麺、旨辛味噌拉麺、旨辛味噌つけ麺、油そば。

 お店のウリである鳥モモ肉一枚がトッピングされたあんかけDXを食べるべきですが、ふと気が変わり、見かけたことのないメニューにしてみるかと。
 卓上には特製辛みパウダー、白胡麻、醤油、酢、ブラックペッパー。
クリックすると拡大します

 程なくして油そば800円、辛さがウリのお店ですがほぼ辛くない料理にしてみました。
 トッピングされた味玉、唐揚げ、メンマ、長ネギ、茹でもやし、辛みパウダー、刻み海苔をぐわしとかき混ぜます。
 富華食品の中太麺(ラーメンだと太麺と中太麺のミックス)、やや甘みのある醤油ダレを全体によく絡めて頂くと、中々の美味しさ。
クリックすると拡大します

 途中で辣油と酢を回し掛けて中々の油そばにして頂き、麺が残り1/3になったら卓上に用意されている辛みパウダーをドサッと。
 かなり辛くなりましたが、これがまたかなり良い感じですなぁ、おいめしとかは無いんだな。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 二杯目は九段 斑鳩 市ヶ谷本店@市ヶ谷(千代田区九段南)、九段下から移転して2016/4/27プレオープン、プレと言うより間借りだよな。
 店内外に張り紙の類はTRY大賞受賞の一枚だけ、店舗名さえ外から見える位置に設置した券売機にパウチして貼ってあります。
 「一体何屋?」と店内を覗き込む道行く人が多数、これだけ現状復帰を意識した店づくりは初めてです。
クリックすると拡大します

 メニューはらー麺、濃厚らー麺、超濃厚らー麺(杯数限定)、つまり醤油ラーメンのみで、トッピングは煮玉子のみ。
 驚くべきはその値段で、趣味でやってますか?とお聞きしたい(笑)
 お昼時と言うこともあって店内待ち6人ほど、それなりに待ってから席を案内されます。
クリックすると拡大します

 厨房を囲むカウンター12席、未就学児のお客さんのためにチャイルドチェアーが用意されているラーメン屋は他に雅楽しか知りません。
 卓上にはゆず入り唐からし、ホワイトペッパーが用意されていますが、使っているお客さんっているのだろうか。

 厨房の壁に貼られたステンレス板、営業時間が短いこともあるだろうけど、顔が写るほどぴっかぴか。
 切子を思わせるグラスに注いだお冷を飲みながら、坂井店主さんの丁寧すぎる麺茹でを眺めながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 らー麺720円
 いわゆる青葉のタブルスープ、春木屋理論がばっちり効いていて、こちらの味覚の一歩、二歩先を行く美味しさ。
 これが美味しいラーメンのスープと言うものだよ。
クリックすると拡大します

 大成食品の中細麺は舌触り良く滑らかで、スープの持ち上げも素晴らしく、スルスルと食べられます。
 これが美味しいラーメンの麺と言うものだよ。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、板海苔。ネギを乗せないのが斑鳩のラーメンなので水菜(限定メニューにはネギが使われてます)。
クリックすると拡大します

 友達が食べた濃厚らー麺750円
 らー麺に比べて麺太め、味濃いめ、油多め、鰹節多め、と説明されていますが、濃厚というより味しっかりめという感じです。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 コーヒー一杯の休憩を挟んで、メインイベントの樂旬堂坐唯杏
 去年の夏から「やりますよ」と聞いていた宗玄の会、今夜は新営業部長の晴れの舞台とか。
クリックすると拡大します

 先ずは仕込み水からなのですが、座った卓で相席になった人は以前、こちらとかあちらでご一緒したことある方で。
 他にも見かけた顔がちらほら、世間は狭い、のではなく、自身の交友関係が狭い、ってことです。
クリックすると拡大します

 乾杯酒はにごり山田錦55%、乾杯と言いながら前に出さないで口に付ける人の多いこと多いこと、もちろん私も。
 今日は初めっから最後まで宗玄のみ、こんな幸せな土曜日があってもいいものか。
クリックすると拡大します

 前菜として鴨ロース煮、大根コンフィ、ブロッコリ、カリフラワー。
 何をもってして前菜と言うのか分からないけど、この料理を前菜と言うのなら前菜なのだろう。
 大根のコンフィとか、初めて食べましたよ。
クリックすると拡大します

 椀として白身魚の刺身スープ仕立て。
 刺身として食べられる魚を敢えてお椀として仕立てる、坐唯杏だったら何にも不思議に思わないけれども。
クリックすると拡大します

 お酒は純米吟醸、純米山田錦、純米八反錦と次々と栓が抜かれ、それでものんびりと写真を撮っている人もいる。
 賑やかな酒席に身を委ねる人もいる、黙って杯を重ねる人もいる。
クリックすると拡大します

 刺身として土佐流鰹たたき。
 坐唯杏ならば必ずと言っていいほど出される鰹のタタキ、必ず生ニンニクが付いているので、必ず食べる。
 宗玄の新営業部長との話も盛り上がりに盛り上がる、初対面なのに共通の知り合いがいるなんて、なんて友好関係の狭い私。
クリックすると拡大します

 焼肴として鮮魚燻製盛り合わせ 鯛、ボラ、メジナ(グレ)。
 この夜、最高の逸品。
 この会のためにだけに仕込まれた燻製、旨すぎて酒が進み過ぎる。
クリックすると拡大します

 普通酒と言うか本醸造というか、構えないでこの日一番飲みやすい日本酒。
 こういうお酒が一番ヤバい、飲み過ぎているのにまだ飲み過ぎてしまう。
クリックすると拡大します

 預鉢として香物盛り合わせ。
 もちろん自家製、味が濃すぎず薄すぎず。
 この辺りから坐唯杏の店主さんが参入してきて、声が枯れるほど話し込む。
クリックすると拡大します

 食事として棒寿司、蒟蒻寿司、恵方巻き。
 恵方巻きを無理やり食べさせられましたが、痛いくらい硬い海苔で、方角が分からず。
 もちろん全部食べられないのでお土産にしました。
クリックすると拡大します

 身も心も楽しんだのですが、さらに楽しもうとサンシャインの地下にある一久庵で虹会。
 あれだけ日本酒を飲んだのにお蕎麦屋に行くのは、また飲むから。
 何を飲むかというと宗玄(笑)
クリックすると拡大します

 何か適当に持ってきて、とお願いして、いたわさとか天ぷらとかイカの塩辛とか。
 虹会ともなると何事にもおいて遠慮が無くなり、暴言もありつつ、これがまた心地よい。
クリックすると拡大します

 出汁巻卵、目で楽しむのはダメだと分かっていても、誰も頼んでいないのだから仕方ない。
 虹会でも日本酒を一人二合以上飲んだと思う、良く分からないけど。
クリックすると拡大します

 酒を飲んだ後は食べないようにしているラーメン、アルコールで麻痺した舌で食べても仕方ないのに、皆が行くと言えば付き合ってしまう。
 三杯目は塩そば専門店桑ばら@池袋(豊島区東池袋)、初訪なのに、ああ、初訪なのに。
 メニューは塩そば、塩つけそば、塩煮干しそば、塩油そば、トッピングはワンタンとか、サイドメニューにご飯ものとか。
クリックすると拡大します

 店内は混み合っていて外で待ちますが、もの凄い寒いはずなのになぜか?全く寒くない。
 しばらくして4人同時に案内、カウンター8席程度かな、テーブルには醤油、酢、柚子胡椒。
クリックすると拡大します

 程なくして麺が太い塩そば850円、なぜスタンダードのラーメンにしなかったのだろうか。
 丼の底まで透き通った大山地鶏出汁のスープですか、まさに五臓六腑に染み渡る味わい、堪らないなぁ。
 よく、「飲んだ後にぴったり」という記事を見かけますが、実際に試す人はほんの僅か、しかしして私がその試す人になるとは。
クリックすると拡大します

 角中太麺、見かけによらず、スープを良く持ち上げて、美味しいこと美味しいこと。
 トッピングは一口で食べ切れないほど大きなチャーシュー、帆立パウダーを乗せた板海苔、メンマ。
クリックすると拡大します

 とラーメンを啜っていると、同行者に知り合いがいたらしく、「こちら、どうぞ」とチャーシューをサービスされました。
 酒を飲んでいるだけじゃなくて料理もかなり食べているので、余計なチャーシューなんて要らないんだけど、だからと言って残せない。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 ちゃんと帰れたのかしら、私。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>予定とは変わるからこそ予定であって、ぽっかりと空いた時間をただ川を見て過ごすのも一興、事前に調べておいたラーメン屋でリカバリするのも一興。
>今日はラーメン一杯、お酒を軽く、の予定でしたが、さすがは予定。

やたらと「予定」を使ってますが、本店周年祭回避の為の伏線ですかwww
Posted by tomato at 2017年01月31日 08:34
子ども用椅子のあるラーメン屋さんは珍しくないと思いますけど…。
ラヲタ御用達のお店は子どもお断り的な雰囲気があるような気はします。

ただ、お金を払えば何をやってもいいだろうという考え方には閉口します。
例えばお酒を提供する店に子どもを連れてくる、飲食が終わっても長居をするなど。
Posted by tomoco at 2017年01月31日 19:19
tomato さん

 コメントありがとうございます。
 伏線って何でしょうか。
Posted by ふらわ at 2017年02月02日 00:32
tomocoさん

> 子ども用椅子のあるラーメン屋さんは珍しくないと思いますけど…。
 おおそうでした、勝手にお店を制限していました。
 ちなみにラヲタ御用達のお店なんて無いですよ、比較的ネットでよく取り上げられるお店はありますけど。

 お子様お断りというか。
 長時間飽きずに待つことができ、滑りやすく座りにくい椅子でもちゃんと座れ、取り分け用の茶碗は用意されていないのでラーメン丼からラーメンが食べられれば、年齢は関係ないです。

> ただ、お金を払えば何をやってもいいだろうという考え方には閉口します。
 少し違うと思います。
 「お金を払えばいいでしょ」の感覚で子供を連れてきている人が多数でしょうけど、(信じられないかも知れませんが)どこでも子供と一緒にいたい人もいるってことです。
 食事が終わって周りに気を使ってすぐに退席するか、ゆっくりと食事の余韻を楽しむかは、それぞれの考え方があると考えています。
Posted by ふらわ at 2017年02月02日 00:45
> 滑りやすく座りにくい椅子でもちゃんと座れ、取り分け用の茶碗は用意されていないので

よく椅子から転げ落ちるふわらさんらしいアドバイスありがとうございます。
子ども用にフォークを用意しているお店もありますね。
ふらわさんはフォークを使って麺リフトしたほうがいいと思いますよ。

> 食事が終わって周りに気を使ってすぐに退席するか、ゆっくりと食事の余韻を楽しむかは、それぞれの考え方があると考えています。

なるほど。私はお店の人に気を遣ってすぐに帰ります。人それぞれですね。
Posted by tomoco at 2017年02月02日 23:28
tomocoさん

 フォークを使って麺リフトを綺麗に決めることに意味を見いだせません。

> なるほど。私はお店の人に気を遣ってすぐに帰ります。人それぞれですね。
 分かっていただけて嬉しいです。
Posted by ふらわ at 2017年02月04日 01:03
> フォークを使って麺リフトを綺麗に決めることに意味を見いだせません。

私はきれい汚いについては触れていませんけど、自覚があるようなので説明します。
麺リフトと言うからには被写体は麺な訳ですから麺をきれいに撮ることが主題でしょう。

ふらわさんの麺リフトの写真は麺が引き立っていません。
ただ麺を撮りたいだけならチャーシューの上にでも麺をのせて撮ればいいと思いますよ。
Posted by tomoco at 2017年02月04日 20:35
tomocoさん

> ふらわさんの麺リフトの写真は麺が引き立っていません。
 うーん、引き立てることが目的じゃ無いですから。

> ただ麺を撮りたいだけならチャーシューの上にでも麺をのせて撮ればいいと思いますよ。
 それでは、私の目的が達成できません。

 麺リフトの撮影目的、後でメールしておきますね。
Posted by ふらわ at 2017年02月04日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178605465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック