2017年02月10日

めぐろ海岸

/ゆで太郎代々木東口店にて高菜明太ごはん、クーポンで海老天/麺処花田上野店@上野にて辛味噌つけめん(あつもり)、野菜/立喰そば田舎@目黒にて天ぷらそば/めぐろ海岸/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 金曜日はカレー、ではなく、高菜明太ごはん360円、クーポンで海老天
 お蕎麦、お汁、安定の美味しさ、揚げ玉を入れてさらに美味しくしていただきました。

 海苔が瀬戸内播磨灘産に変わって劇的に美味しくなりましたが、さらに香りが良くなった気がします。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼は麺処花田上野店@上野(台東区上野)、ランチタイムだろうと外待ちしているので時間が無いときには立ち寄れないのですが、今日はどうしても食べたくて並んでしまいました。
 店内待ちは無いので、外待ち数人なら空いている方ですし、どうしても確認したいことがあるので。
クリックすると拡大します

 店先には大きなタペストリーが掲げられていて、味噌、味噌つけめん、辛味噌、辛味噌つけめん、辛あつもりと全メニューが紹介されています。
 並んでいると先に食券を買うように案内され、並び直しているウチに店員さんに渡すシステムです。
 食券を渡すときに無料サービスの野菜増しとニンニク追加を聞かれます。
クリックすると拡大します

 しばらくまって店内へ、店主さんが金曜日は上野にヘルプに来ていると噂はガセでしたか、それとも今日だけ来ていないのかな。
 奥に行くほど狭くなるカウンターのみの店内、一番奥の席は食べるには問題の無い広さですが、写真の撮影技術の低い私には厳しい席。
クリックすると拡大します

 程なくして辛味噌つけめん(あつもり)960円、サービス野菜
 つけ汁はラーメンスープと同じ粘度の高い豚ガラ鶏ガラスープ、炊き出してから何度も何度も漉しているので(これを「手間を掛ける」と言う)、口にべとつかないし、後味もすっきりしていて、とても美味しい。
 さらにそのスープで注文が入るたびに野菜を煮込みつつ赤味噌を合わせている味噌スープ、花道に続いてビブルグルマンの声が掛かるのは時間の問題でしょう。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の太麺、茹で上げてから冷水で粗熱と滑りを取り、さっと熱湯を潜らせてから唐辛子を和えています。
 つけ汁に浸けると唐辛子は落ちてしまいますが、美味しい味噌味が辛さでさらに美味しくなります。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事が終わって目黒へ、久しぶりに立ち寄るかと立喰そば田舎@目黒へ。
 朝早くからやっていて夜は早めに閉まる生粋の立ち食いそば屋、夏は汗をかきながら、冬はコートの襟を立てたまま食べる。
 メニューはかけからえび天まで15種類、種物は全て揚げて用意されていて、売れ残りはどうするんだろうと気になってしまいます。
クリックすると拡大します

 使い込まれたテーブルに「お待たせしました」と天ぷらそば370円、関東で「天ぷら」と言えば「かき揚げ」のこと。
 お蕎麦、蕎麦つゆ、かき揚げ、薬味ネギ、その全てが安定安心の立喰そばクオリティ。

 良くもないけど悪くもなく、鰹節と濃い口醤油の香りに絡め取られて食べに来てしまう、立ち食いそばマジック。
 ご馳走様でした、また、食べに来ます。
クリックすると拡大します

 めぐろ海岸ホームページ)、目黒で泳ぐならめぐろ海岸、今夜もめぐろにはいい風が吹いている。
 えびす海岸から通い出して何年になるか、いったん、目黒駅直近に移転(独立)されましたが、この地の二階に腰を落ち着けたと言うことでしょうか。

 食べ歩いたり飲み歩いたりしてる人ならば、何軒か懇意にしているお店があるだろうし、直前の予約とか、込み入った注文とか、無理をお願いできるお店があることでしょう。
 金曜日の夜、徐々に満席になり、途中からお客さんを断るほどの大盛況、自分のことのように嬉しい。
クリックすると拡大します

 料理のことを説明とか紹介とかしません、料理人の数だけ料理があるわけですから、食べてみてご自身で判断してください。
 さて、今夜は友達に声を掛けられて、この地に移転してきて初めての訪問、とりあえずはビールと梅酒で乾杯してスタート。
 ビールで唇と湿らすのは重ね合わせるだからでは無く、思いの丈を話しやすくするため、後先考えず。
クリックすると拡大します

 日本酒のことを説明したり紹介したりしません、特別なことが無い限り、お店の人が飲んでほしいと考えている日本酒を順番に飲むだけです。
 時に一升瓶を空にするまで、時に五勺ずつ利き酒のように、時にBYを変えて味の違いを楽しんだり、流れに任せて流されないのが私の飲み方。

 この日は封切りの冩樂 純愛仕込 純米酒から、大吟醸でも無く吟醸でも無く、純米酒から出してくれる店主さんの「ふらわさんの好み、覚えていますよ」のメッセージに胸が熱いよ。
 ラベルにシートが巻かれているのでいかにも高級酒に見えますが、これはラベル保護シートと言って、瓶の運送時に瓶同士が擦れてラベルが剥がれてしまうのを防ぐために巻かれていて、高級とかそういうのとは関係ありません。
クリックすると拡大します

 今日の集まりは一応はラーメン繋がりなのでラーメンの話から、体調不良により二年半で閉店されてしまいましたが、今は次なる戦いに向けて力を蓄えているとのこと。
 普段の馬鹿話をするのも楽しいけど、二つの拳を付き合わせてぶつかり合うのも必要だと、私は考えています。
 「ああ、美味しかった」と割り切れない私がいて、まだまだ勉強したいし、修行も足りてないと。
クリックすると拡大します

 さて、刺身の盛り合わせ、もちろんメニューには書かれていませんので値段不明。
 この刺身をつまみながら日本酒が二回変わった気がする、いや、三回だったか。
クリックすると拡大します

 ゴロイカ炙りをつまむ頃には熱燗にして、さらにピッチが上がります。
 飲み始めは遠慮がちで梅酒を飲んでいた初対面の人、「これは旨いので一口だけ」と勧めるウチにすっかり日本酒ペースに。
 私は私でマイペース、和らぎ水をごくごくと飲みながらマイペース、飲み過ぎ注意と言いながらとっくに飲み過ぎ。
クリックすると拡大します

 後で知りましたが、単品料理で一番高価な真鱈白子焼き、焼いた後で冷たいお皿に盛り付けて提供されるのでは無く、焼いたトレーそのままで運ばれてきます。
 食べる前から香りに圧倒されますねぇ、間に合うように出された熱燗が憎いですねぇ。
クリックすると拡大します

 話はラーメンと日本酒の話に終始してしまい、他の話は殆ど出ませんでしたが、全く時間が足りず。
 同じ話を繰り返すこと無く、これからの話に終始していまい、このまま朝まで語ろうかという勢い。
クリックすると拡大します

 それでも本能的に散会、とても素晴らしい宴をありがとうございました。
 お店を出たのは22時30分過ぎでしたので、山手線で新宿駅に着くまでしか記憶が残っていません。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178748246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック