2017年02月23日

萬馬軒とは

/魚や一丁秋葉原店にてアツアツ煮込みハンバーグ定食/目黒らーめん萬馬軒@新宿区新宿三丁目にて辛味噌らーめん/東京味噌らーめん萬馬軒花橙@梅ヶ丘にて(仮)味噌麻婆/

 木曜日になると土日の予定が気になって仕方ない。
 予定があればあったで体調が気になるし、なければどうやって過ごそうか気になるし。
クリックすると拡大します

 まだまだ続くよ居酒屋ランチ、となれば、魚や一丁秋葉原店ホームページ)へ。
 すべてのランチのご飯と味噌汁はお替り自由、コーヒー(ホット、アイス)は飲み放題、ドリンクバーよろしく、オーダーを通したらすぐに飲み物コーナーへ行きます。

 ランチはお刺身定食、カレー、日替わり定食、焼魚定食、もろもろと揃っていて、新メニューのアツアツ煮込みハンバーグ定食980円
 980円も出すなら居酒屋ランチではなくていいのではと思いますが、中々そういう訳にはいきません。
クリックすると拡大します

 小鉢、味噌汁、漬物と付いていて、かなりお得な定食です。
 食後にコーヒー、美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は目黒らーめん萬馬軒@新宿区新宿三丁目、ずっとずっと昔のA long time ago、思い出深い場所に近い場所。
 萬馬軒は蒙古タンメン中本目黒の近くで創業され、その後、都内を転々としながらこちらへ2016/2/16オープン。
 歌舞伎町に出店した辛味噌ラーメンのお店と同一経営という噂がありますが、確認できていません。
クリックすると拡大します

 券売機が店外に設置されているので強風、強雨の場合は厳しそうですが、メニューを確認すると味噌、辛味噌のラーメンとつけ麺。
 他には岩海苔らーめん、醤油らーめんがあり、標準的なトッピングと、ビールが揃っています。
 この「味噌と辛味噌、いずれも温麺とつけ麺」の組み合わせは花田@池袋が発祥と信じられていて、この組み合わせで濃厚味噌スープのラーメンを「花田系」と呼ぶのが正しいネットの泳ぎ方とのことです。
クリックすると拡大します

 お店の創業時期を調べればすぐに分かる間違いでも、誰かが書いていたらそのまま転記する、、、気を付けたいです。
 店内は真横にカウンター6席のみ、卓上の調味料を確認するとブラックペッパー、一味、酢。
 ラーメン屋としては狭い方の部類に入る店舗ですが、注文が入ると中華鍋を振ってスープを調理しています。
クリックすると拡大します

 少し待って辛味噌らーめん890円
 多めの鶏ガラと少なめ豚骨を煮出して丁寧に漉してとろりとした濃厚味噌スープ、中華鍋で一緒に煮込まれている野菜はキャベツ、モヤシなど。
 しっかりとした味わいの赤味噌(未確認ながら紅一点)がいい感じで、ぐいぐいと食べ進められます。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺はやや硬め仕上げ、アツアツのスープをハフハフして食べるので、初め硬めで途中で茹で上がるのがとても美味しいです。
 チャーシューは改善中とのことで、サンプル写真の「バラ巻き」ではなく「肩ロース風」になっていて、以前の味は分からないけど、とても美味しいです。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ出した頃はノーゲスでしたが、食べ終わる頃には満席外待ちの繁盛ぶり、美味しいラーメンだから何の不思議もありません。
クリックすると拡大します

 夜は梅ヶ丘で途中下車して、東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけん はなだい)@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)
 2016/11/13オープン、全店の丸伍に久しぶりに伺ってみたら変わっていたいという(ことにしておいて下さい。

 店先の立て看板や写真を見ながら、「なるほど、味噌ラーメン推しなのか」と推測して店内へ、カウンターを16席と3席に分けてあり、卓上には山椒、りんご酢、一味唐辛子。
クリックすると拡大します

 入って左手隅の券売機に向かい、改めてメニューを確認すると、味噌、辛味噌、グリーンカレーがラインナップしています。
 3月以降の販売予定として、辛っ辛みそ、醤油、みそつけ麺、辛みそつけ麺、まぜそばがスタンバっています。

 それではスタンダートのをと食券を買い、すぐ近くのカウンター席に座っているお客さんの背中側を通り過ぎて奥の席に向かおうとすると「どうもー」って声を掛けられて。
 こんなラーメン屋で一体誰?と振り向くと某ラーメン店の厨房にいた人と、某ラーメン店のオーナーと名乗る人と一緒にいて。
クリックすると拡大します

 点と点と点を結ぶ線を何年も探していたんだけど、点と点と点の中心の点が突然、目の前に現れて全てが繋がった。
 本人と思われる人がそう言っているだけで、裏を取ってからでないとネットに書けませんが、まさに「事実は小説よりも奇なり」、まだまだ私は修行が足りません。
クリックすると拡大します

 少し待って(仮)味噌麻婆800円、試食メニューになります。
 鶏ガラスープ、豚骨スープをブレンドして、北海道の紅一点をしっかりと合わせたスープ、化調も多めで粘度も高めで、とても美味しいスープです。

 合わせる中太麺は三河屋製麺、僅かに硬め仕上げで熱々のスープをしっかりと受け止めていて、とても美味しい。
 通常の切り分け厚の倍の厚さの食べにくいほどのチャーシュー、材木メンマ、そして麻婆豆腐。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってもラーメン(屋)の話で盛り上がってしまい、ビールも飲まずに30分も話し込んでしまいまして。
 これまたネットで叩かれるな、困っちゃうなあ。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>本人と思われる人がそう言っているだけで、裏を取ってからでないとネットに書けませんが

普段はデタラメばかりなのに、変なの^ ^
Posted by 幹 at 2017年02月25日 20:36
幹さん

 コメントありがとうございます。
 今後とも、ブログの応援、よろしくお願いいたします。
Posted by ふらわ at 2017年02月25日 23:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178901636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック