2017年02月25日

厚木の新店

/桜/麺屋みのまる@厚木市下荻野にて柳らぁめん醤油、柚子塩らぁめん/フキノトウ/

 先週、諸般の事情で入店を断念したラーメン屋へクルマを走らせます。
 いつも通り寝坊してしまったので、開店時刻には間に合わないけれど、営業終了時間までに行かれればいいかな。
クリックすると拡大します

 神奈川工科大学の正面(真横?)に2017/1/11オープンした麺屋みのまる@厚木市下荻野844-1
 静岡ナンバーワンの評価を欲しいままにした有名老舗ラーメン店の店長さんが独立、有名老舗ラーメン店は来月末に閉店予定です。
 閉店や独立の経緯は知らないのですが、いづれ歴史が明らかにしてくれることでしょう。
クリックすると拡大します

 店内は全体的にラーメン屋の雰囲気を漂わせながら、フレンチやイタリアンの空気感も感じさせる小綺麗さ。
 左手に厨房、厨房に面したカウンター5席、テーブル席はなく小上がりに4人掛けのテーブルが3卓用意されています。
 メニューの塩、醤油、スタミナ、柚子塩は細麺と平打麺。つけめん、赤まぜそば、緑まぜそばまでがレギュラーメニュー、さらに限定メニューもあって、既食メニューかどれか分かりません。
クリックすると拡大します

 カウンターのテーブルには醤油、辣油、酢、七味唐辛子、ホワイトペッパー。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 私の柳らぁめん醤油830円
 配膳されて写真を撮ろうと対面した刹那、このね、なんて言うか、有名老舗ラーメン店の修業先のラーメンの香りが辺り一帯を包みます。
 どんな食材をどう調理されているのか全く想像できませんが、ずっと包まれていたい気持ちを断ち切って箸を延ばします。
クリックすると拡大します

 程よい甘み、程よい旨み、程よい脂身、程よい塩味、全てが美味しさに向かっています。
 パンチの効いた分かりやすい今風の旨さとは違いますので、現代の人気店のスープ比べるとウケは良くありません。
 しかしして、開店して数年の美味しさと、既に10年を過ぎての美味しさと、同列に比べるのは何も分かっていないのと同じ。

 角細麺は麻生製麺でしょうか、相性について水を含めて「試行中」に感じました。
 個人的には、スープの完成が早過ぎて麺が間に合っていない印象です。
 トッピングはチャーシュー二枚、細身のメンマ、茹で青菜、板海苔、白髪ネギ、半身の味玉。
クリックすると拡大します

 柚子塩らぁめん930円
 この系統なら塩でしょ、もちろん塩でしょ、塩辛さは皆無で甘い塩スープ。
 ちらっと味見しただけですので感想は控えますが、いつかはしっかりと食べたいと思います。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 『ここで逃げれば 次も逃げるぞ byてつじよう』
クリックすると拡大します

 帰りは行きに見かけた桜を何カ所か撮影しました。
 途中、買い物もあって、帰宅。
クリックすると拡大します

 庭先咲いていたフキノトウを採って天ぷらにして晩酌のつまみにしました。
 明日は早いので今夜は早めに寝ナイト。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178929222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック