2017年03月08日

ラスト桜

/ラスト桜/塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@神田にて豆腐らー麺/らーめん八房(やつふさ)神田本店にて八房らーめん/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて五目味噌タンメン、チャーシュー/

 いったんはラスト桜
 これから咲き誇る桜に出会わないとも限らないので、「いったん」としていますが。
クリックすると拡大します

 昨日、開店一周年を迎えた塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@神田(千代田区内神田)
 店先(?)の写真を撮ろうと人が切れるのを待っていたら、一人、お店に向かった人が戻ってきて、えー、この時間で売り切れたの?と心配。
 階段を下ってみると、満席外(階段)待ち数人、すっかり繁盛店になりましたね。
クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、店主さんに「開店一周年、おめでとうございます」と挨拶させていただき、券売機へ。
 限定メニューボタンは800円、850円、900円、950円とあるので800円のボタンをぽちっと。
 カウンター席で美味しいラーメンを食べているお客さんの背中側をすみません、スミマセン、すみませんとリフレインしながら空いた一番奥の席へ。
クリックすると拡大します

 程なくして豆腐らー麺880円
 形が崩れていないプルンとした豆腐が塩生姜スープに合うなんて、合うだけじゃなくて美味しいなんて、ラーメンって素晴らしい。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺は綺麗な形の丼には少し窮屈そうですが、スープが熱くてゆっくり食べるので、少しづつほぐす感じが、とても食べる感がして楽しいです。
 鶏チャーシューに青菜、青菜は野沢菜に感じましたが、気のせいでしょうか。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってもなお、まだまだ待ち客がいましたので、そそくさと退店。
クリックすると拡大します

 神田あたりをぶらついていたら店先に祝い花を見かけて、らーめん八房(やつふさ)神田本店@神田(千代田区神田鍛冶町)
 2017/3/7オープン、店先で地下鉄の入り口の工事をしているようで、店先が目立ちにくいです。
クリックすると拡大します

 店主さんは「新宿の人気つけ麺店に携わる」「シドニーのラーメン店でベストヌードル賞を受賞」「一風堂オーストラリアのセントラルキッチンの料理人」とのこと。
 店内に入ると、真っ直ぐ奥にL字カウンター13席、右手に券売機が設置されています。

 メニューは八房ラーメン、熟成豚骨ラーメン、豚骨つけ麺の三種類で、トッピングは焼豚、ワンタン、穂先メンマ、味玉。ビールあります。
 食券を買ってカウンター真ん中あたりの席へ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 程なくして八房らーめん890円、ぱらっと散らしたのではなく、菜箸で丁寧に盛り付けられたトッピング。
 鶏清湯スープは柔らかい醤油ダレと合わせてあり、ビシッとしているわけではなく、さりとてしみじみ美味しいわけではなく、「何パターンか試して様子を見る」的に感じますが、先ずはこれでも十分美味しいですね。
クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺、つけ麺は中太麺として使い分けていて、かなりレベルは高いとは思いますが、もう少し硬め仕上げが個人的には好みです。
 みっしりした美味しさの肩ロースチャーシューが三枚、柚を効かせた挽肉餡のワンタンが三つ、穂先メンマは細めで色が濃い、薬味ネギ。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 「八房って南総里見八犬伝の犬の名前ですか?」と尋ねると、経営会社のトレードマークである蛸に由来するとのこと。
クリックすると拡大します

 仕事が早く終わったので、急ぎ元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 営業時間が11:00-15:30 18:00-19:30に変わってしまったので、残業していると間に合いません。
 着いてみると外待ち二人、まだ暖簾は仕舞われていないので、間に合いました。
クリックすると拡大します

 程なくして案内されて店内へ、コートをハンガーに掛けて席に着くと、「ふらわさん、ビールですね」と出して下さり、恐縮してしまいます。
 してしまいますが、ビールに罪はなく、今夜は蒲田で一人お疲れ様会♪
 付き出しは茹でモヤシに辛子麻婆を乗せた逸品、ビールに合いすぎてもう一本飲みたくなりますが、営業終了時間が迫っています。
クリックすると拡大します

 五目味噌タンメン(麺半分)950円、チャーシュー一枚100円
 日本最高ならば世界最高のタンメンとして、自分の心の中に輝き続ける料理、未だ健在。

 料理である以上は常に変化し、進化していくのが常、その過程に自分の味覚が付いていかないことに気がつかずに「味が落ちた」とは笑止千万。
 煮込み野菜にはキャベツの芯がゴロリ、しかしして豚バラ肉は解凍したての肉で柔らかい、スープは辛さと味噌の味のバランスが合焦。
クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の中細麺、ラーメンである以上は麺が必要ですが、その麺はこの麺でなくてはならない。
 チャーシューはラーメン二郎のブタに匹敵する味と厚み、しかしして、あくまでも「匹敵」であり、超えてはいません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
御自宅では今、桜が満開なのですね〜。
河津桜でしょうか、これからソメイヨシノの
満開も見られるというなんともうらやましい環境ですね。
五目味噌タンメンの久々の登場はやはりうれしいです。
Posted by sena at 2017年03月10日 10:11
「だからね。食べ終わったら次の方に席を譲って頂けると優しい世界が生まれると思うの。」
ふらわさんも○○顔で何かを救ってください。

ところでふらわさん、荒木屋に恨みでもあるのですか?
・煮込み野菜にはキャベツの芯がゴロリ
・しかしして豚バラ肉は解凍したての生肉で柔らかい、
・しかしして、あくまでも「匹敵」であり、超えてはいません。
Posted by tomoco at 2017年03月10日 23:57
senaさん

 自宅ではなく近所です。毎年綺麗に咲きます。

 五目味噌タンメン、久しぶりに食べられて美味しかったです。
Posted by ふらわ at 2017年03月11日 01:19
tomocoさん

> ふらわさんも○○顔で何かを救ってください。
 救えるかどうかは分からないけど、救おうとしていますよ。
 何をやっているかは、照れるので言えませんけど。

 ご存じなのに敢えて質問される意図が不明ですが、正直に答えますね。

> ・煮込み野菜にはキャベツの芯がゴロリ
 蒙古タンメン中本の煮込み野菜にも入っていますので、同じ調理なんだなと。

> ・しかしして豚バラ肉は解凍したての生肉で柔らかい、
 蒙古タンメン中本の豚バラ肉は、スープにつけ込んであって堅いので、違う調理なんだなと。

 つまり、踏襲するべき面は踏襲し、変えるべき面は変えていると言う意味です。

> ・しかしして、あくまでも「匹敵」であり、超えてはいません。
 ラーメン二郎は腕肉ですから目指す方向性が全く異なり、超えようがありませんね。
Posted by ふらわ at 2017年03月12日 12:02
> ご存じなのに敢えて質問される意図が不明ですが、正直に答えますね。
ふらわさん、見えない敵と戦っていませんか?
私は一言も「中本」とは書いていませんよ。

私が「荒木屋に恨みでもあるのですか?」と書いた理由を説明します。

・煮込み野菜にはキャベツの芯がゴロリ
→調理が粗雑なイメージを与えます。

・しかしして豚バラ肉は解凍したての生肉で柔らかい、
→この書き方だと火が通っていない肉を提供したと誤解を生みます。

・しかしして、あくまでも「匹敵」であり、超えてはいません。
→わざわざ超えていないって書く必要がありますか?

荒木屋を貶めていると受け取られてもおかしくないと思いませんか?
Posted by tomoco at 2017年03月12日 22:51
tomocoさん

> 荒木屋を貶めていると受け取られてもおかしくないと思いませんか?
 なるほどねぇ、おっしゃるとおりですね。

 でも、思われたって良いんですよ。
 私が荒木屋をどう思っているかは、私の行動で示しますから。
Posted by ふらわ at 2017年03月14日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179041045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック