2017年03月15日

鶏白湯ラーメン幸

/北海道らーめんひむろ秋葉原店@末広町にて鉄火麺(激辛)/麺屋勝道(かつみち)@新宿区西新宿七丁目にて濃厚醤油鶏白湯SOBA/

 通勤電車の小田急線、ダイヤ改正後に同じ電車に乗っても早く新宿に着くような気がしてならない。
 そんなことは多分、気のせいなのだろうから、がっかりしないように調べていません。
クリックすると拡大します

 前回は外待ち多数で入店を諦めた北海道らーめんひむろ秋葉原店@末広町(千代田区外神田)
 今日は外待ちがなかったので入店しましたが、一階は満席、すぐに二階に通されました。
 二階もかつて見たことがないほど混み合っていて、それでも指定席は空いていました。
クリックすると拡大します

 ラーメンの食べ歩きを始めた20年前は、おろしニンニクが置かれているお店を多く知りませんでした。
 ですので、週末になるとこの系統にお店に来て、たっぷりニンニクを食べたことを今でも忘れません。
 電車で隣り合わせた人、今更ですが、臭くてごめんなさい。
クリックすると拡大します

 少し待って鉄火麺(激辛)880円、大盛りメニュー、チャーシューメンを除いて現時点でのメニューコンプとなります。
 味噌らーめんに100円増しの値段で、その100円でここまで辛く、ここまで美味しい味噌スープ、レンゲが止まりません。
 スープにはモヤシやキクラゲが煮込まれていて、美味しいスープがますます美味しいです。
クリックすると拡大します

 小林製麺の中細麺、ぷるんと弾力があってとても美味しい麺です。
 大きなチャーシューが二枚、メンマ、わかめ、白ネギに糸唐辛子。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 食後に紙コップコーヒー、時間帯によっては持ち帰りのみに制限されています。
 のんびり過ごして、午後も仕事を頑張らなければ。
クリックすると拡大します

 仕事の帰り道に麺屋勝道(かつみち)@新宿区西新宿七丁目、新宿大ガードから西に向かって最初の横断歩道橋の近くです。
 かつてはわびすけがあった場所に2016/8/24オープン、経営母体はカツナンバーズ(ホームページ)、フレアバーテンダーの派遣などをされている会社で、ラーメン屋は初出店とのこと。

 それなりに店舗展開されている経営がしっかりした企業が、一からラーメンを作るリスクを犯すとは考えにくく、調理済みのスープなどを仕入れて店舗で組み合わせて販売されていると推測します。
 お金に物を言わせての飲食店を好まない人も多いのですが、お金があるならお金を使えば良いし、腕があるなら腕を使えば良いと思います。
クリックすると拡大します

 開店当初からは変わった券売機を見ると、温麺として濃厚醤油、あっさり、旨辛。つけ麺として濃厚クリーミー、鰹と鶏のドロ、鰹と鶏の辛ドロ。鶏まぜそば(「SOBA」表記ではない)と一通り揃っています。
 定食と夜飲み用に、唐揚げ、餃子、TKGなどのセット物が充実してます。
クリックすると拡大します

 食券を買ってノーゲスの店内(カウンター7席、テーブル10席)を見渡すと「お好きな席へ」ではなく、カウンター端席へ案内されました。
 卓上の調味料は辛鰹餡と醤油だけで、原了郭の黒七味は置かれていません。
クリックすると拡大します

 濃厚醤油鶏白湯SOBA820円
 ラーメンは麺相からして麺屋武一ですが、鶏白湯とは思えないほど低粘度でさらさら、スープ量はギリギリ麺が隠れるくらいです。
 温度が低めで食べやすいのは、猫舌の私にはとても助かります。
クリックすると拡大します

 細麺は加水が低いと思われる割にはスープを持ち上げず、替え玉前提と思われるほど量が少ない(替え玉は100円)。
 トッピングは大ぶりの鶏肉チャーシュー、穂先メンマ、板海苔二枚、刻み玉ねぎ、長ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 コートを着て店外に出ると、店員さんが追ってきて「こちら、次回お使い下さい」とトッピング無料券をくださいました。
 さて、いつ来ようかな。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179115714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック