2017年04月10日

老舗と新店と

/古武士新宿小滝橋通り店@西新宿七丁目にて天翔らーめん/麺の庄つるまる饂飩新宿南店にて野菜たっぷり中華そば(和風)、たけのこ天/麺市@平塚市にて担々麺/

 大学を卒業したので、てっきり就職すると思っていたら、専門学校に行って勉強して国家資格を取るのだという。
 専門学校は都内なので、いったん駅まで車で送ってきてから、戻ってきてから出勤しています。
 で、今朝は小田急線で人身事故があって、都内に出るまで3時間近く掛かってしまい、ぐったり。
クリックすると拡大します

 お昼は現場から事務所に戻る途中の古武士新宿小滝橋通り店@西新宿七丁目ホームページ)へ。
 一度倒産(?)して、この地に復活してからもう10年経っていて、今はここと上板橋の二店舗のみ。
 店先のメニューを眺め、魚介の香る和風つけ麺、か、香りとコクの和風醤油らーめん、か、どっちにしようかな。
クリックすると拡大します

 入り口に向かうと新メニューが始まっていて、原点の味復活!、か、バリ旨!
 先ずは上のメニューから食べますか。
 店内に入ってすぐ左手の券売機で食券を買い、空いていたカウンター席へ座ってラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 少し待って天翔らーめん680円、メニュー名の入った専用の丼なんだ。
 豚骨、丸鶏などの強い旨味のスープと、ウルメ節、鰹節、利尻昆布などの優しい旨味のスープをブレンドし、再仕込み醤油ダレを合わせた、2,001年に開店した古武士のスープそのもの。
 当時の味を知っているお客さんにもう一度味わってもらいたいという思いと、当時の味を知らないお客さんに原点の味を知ってもらいたいという思いと、ダブルスープ。
クリックすると拡大します

 切刃18番の三河屋製麺の中細麺、つるりとして美味しいですし、スープに合っていますねぇ。
 トッピングはホロリと崩れるチャーシュー、ピリ辛付けされたメンマ、江戸菜、薬味ネギ。
 江戸菜って二種類ありますが、高菜じゃない方です。
クリックすると拡大します

 味変など必要のないスープですが、ものは試しと一味唐辛子を振ってみると、辛さがスープの輪郭を引き立てて、違う美味しさを感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事が遅くなりそうだったので、軽く食べておくかと、麺の庄つるまる饂飩新宿南店@南新宿(渋谷区代々木)ホームページ)へ。
 立ち食いうどん屋さんですが、いつの頃からかラーメンを扱うようになりました。
クリックすると拡大します

 ラーメンは和風(醤油)、赤味噌、白味噌の三種類が用意されていますので、先ずは和風から。
 店内は壁向きカウンター8席、店内中央の立ち食い用テーブルは16人と12人、卓上には濃口しょうゆ、ウスターソース、一味唐辛子。
 ラーメンだけ食べてももちろんいいのですが、せっかくなので天ぷらを付けてみました。
クリックすると拡大します

 少し待って野菜たっぷり中華そば(和風)400円、たけのこ天150円
 スープは関西風のうどんつゆ、袋麺ですので、何とも。
クリックすると拡大します

 トッピングは袋入りカット野菜(白菜、モヤシ)、チャーシュー、刻みネギ、板海苔、半身のゆで卵。
 ここまでトッピングが多くなくても良いんじゃないかと思うけど、それはそれ、お店の方針ですから。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 時間帯に因るでしょうけど、常時数人のお客さん、場所を考えると流行っているのでしょう。
クリックすると拡大します

 閉店した博多山笠東海大学前店の跡地(秦野市南矢名1丁目14-31)に、豚骨醤油ラーメンめんくいが4/21にオープン。
 4/21、22は開店記念でめんくいラーメン700円を300円でサービスされます。
クリックすると拡大します

 開店、いや、復活するのを待ちに待っていた麺市@平塚市
 閉店した魚らん坂東海大学前店の跡地に3月頃にオープンしたのですが、平日昼営業のみのでずっと行かれず。
 今日(4/10)から11:30-21:30の通し営業、日曜定休となり、やっと行かれました。
クリックすると拡大します

 半年ぶりくらいにお目に掛かった店長さん、元気そうで何より。
 入ってすぐ左手の券売機、メニューは担々麺、汁なし担々麺、坦々つけ麺、濃コクつけ麺は全て780円。
 醤油らーめん、塩らーめん、つけ麺は全て500円。
クリックすると拡大します

 店内構成は以前から変わらずにカウンター4席、4人掛けテーブルが3卓、カウンター席に座ります。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、醤油、拉麺胡椒。
 店内には系列店の魚らん坂伊勢原店、家系ラーメン藤之家のメニューが飾られていて、そのお店の話をしつつ、ラーメンを作って下さいます。
クリックすると拡大します

 程なくして担々麺780円、目をつぶっていても運ばれてきたことが分かる香ばしさ。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 かなり粘度の高いスープには自家製の芝麻醤がふんだんに使われていて、都内の担々麺有名店でもここまでは使われていないでしょう。
クリックすると拡大します

 担々麺は麻生製麺のプレミアム麺が使われていて、つるりとした麺肌、もちっとした食感、とても美味しいです。
 トッピングは挽肉、薬味ネギ、糸唐辛子、肩に力が入っていて水菜が多過ぎる嫌いはありますが、このスープならこのくらいの量がちょうど良かったです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 今日から始まった夜営業ですが、近くの学生がぽつりぽつりと入ってきて、まさに嵐の前の静けさ。
 店長さんと今やっていることと、これからのことを話して、お店を後にしました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179385963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック