2017年04月14日

焼鳥とし

/広州市場にてわんたん担々麺/明神下 焼鳥としにておまかせ8本コース/

 桜が散り始めている。
 葉桜もとても綺麗なので、少しずつ撮影していきたい。
クリックすると拡大します

 お昼は一人移動なので、久しぶりに広州市場ホームページ)、五反田本店を初めとして都内に6店舗を展開されています。
 開店直後に定期的に通っていた頃があって、満席外待ちの混雑具合にも構わずビールを飲み、メニューに無い料理を出してもらっていたことがありました。
 その頃は混雑しているお店で長居していても突っ込みは無かったのですが、今はビール二本飲んだだけで大盛り上がり、時代は変わりました。
クリックすると拡大します

 昼夜関係なくフルメニューですが、ご飯もの(煮豚飯、高菜飯、麻婆飯、それぞれミニサイズあり)とのランチセットは広州雲呑麺、黒豚雲呑麺、濃厚海老雲呑麺、鶏と野菜の雲呑麺。
 いずれのご飯ものも美味しいので、セットを頼んでいるお客さんも多かったですね。

 5分ほど外待ちして店内へ、4人掛けテーブルしか空いていなかったのですが「相席でも構いませんか」と確認されます。
 ここで断ったらどうなるのか分からないのですが、快諾すると、次のお客さんも同じだったらしくて同じテーブルへ。
クリックすると拡大します

 着席するとお冷やを持ってきてくれながら注文を取りますが、「御相席ありがとうございます。トッピングをサービスさせていただきます。味玉、メンマ、ほうれん草、、、」と聞かれますので、メンマをお願いしました。
 テーブルの中央には調味料(食べるラー油、玉ねぎダレ、塩しょうがダレ、にんにくダレ、醤油、酢、黒胡椒)が置かれていますが、何をどう使えば良いのか説明が無かったので、初めての人は分からないかも知れません。
クリックすると拡大します

 程なくしてわんたん担々麺850円、わんたんなしは790円ですが、わんたんが無ければ単に「担々麺」では無いでしょうか。
 とろみを感じるほど芝麻醤を鶏ガラスープで溶かし、僅かに辛味を感じるほどの唐辛子で橙色に染まったスープ、特定の客層を絞らない味付けで美味しいですねぇ。
クリックすると拡大します

 広州市場は店舗によって菅野製麺所と大黒屋製麺を使い分けていて、こちらは菅野製麺所。
 通常の雲呑麺は平内太麺ですが、担々麺は角細麺、柔らか過ぎず、硬すぎず、とても美味しい麺です。
クリックすると拡大します

 ワンタンは豚挽肉、野菜、海老入りの三種類用意されていて、このメニューには一番好きな海老わんたんが6個も入っていました。
 そのまま食べても美味しいのですが、ワンタン1個がちょうど乗る大きさのレンゲに乗せ、好みの調味料を掛けて頂きます。
 今日の気分で食べる辣油と塩しょうがダレを掛け、スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事関係で知り合った人とはどんな形であれ利害関係が発生しますし、特に男女だと「そんなつもりじゃ無かったのに」となりかねないので、公式な宴会以外は別にして、少人数で飲みに行きません、
 それでも「どうしても一緒に飲みたい」という誠意が感じられる誘いには、気持ちで応えたいと。

 誘ってくれた人の知り合いの方がやっているお店、明神下 焼鳥とし、毎日一人ご飯だったらとっくに見つけていただろう居酒屋のすぐ近くにあります。
 話に夢中になってしまったこともあって、写真がいつも以上にブレブレでアングルもグダグダであることをご了承下さい。
クリックすると拡大します

 恵比寿ビールで乾杯、かぁー、このビールの旨さったら何なんだよ。
 ビールサーバの管理だけで無く、コップの管理もしっかり出来ていて、それは決して当たり前のことじゃないのに当たり前に用意されています。

 付き出しはレタスサラダに、鶏節(燻製にした鶏肉)を削ってかけてあります。
 野菜の食感から感じる鮮度、削られた鶏節からの香り、一品料理でお店の格が分かると言うけど、これは相当高い。
クリックすると拡大します

 アラカルトでお願いしても良いのですが、話に専念したいのでおまかせ8本コース2,400円
 一品目はささみ、以降ねぎ間、つくね、もも肉、砂肝、なんこつ、はつ、ぎんなん(写真の順番とは異なります)。
 ふんわりとしたささみ、芯はレアに近く、綺麗に火を通してあって、ビールより日本酒が合うなぁ。
クリックすると拡大します

 ささっとビールを片付けて日本酒、日本酒リストはカードフォルダーに収められていて、今日は宮城の蔵元である平考酒造の日高見「超辛口 純米」をお願いしました。
 どんな容器で用意されるのかなぁと楽しみにしていると、大きめ、つまり二合は入る丸い片口、ほんわかした色合いが日本酒をさらに美味しく感じさせます。
 猪口は自身で選べ、私はガラスの、彼は薄い青磁の、にしました。
クリックすると拡大します

 鶏肉はすべて信玄鶏を使用していて、これは比内、これは大山、とバラバラよりもずっと味の一貫性を感じます。
 で、お喋りはもっぱらラーメンの話、横浜のラーメン店だけではなく全国のラーメン店に話が広がり、全く話が尽きない。
 彼はゴルフであちこちのゴルフ場でラーメンを食べていて、なんとも羨ましい。
クリックすると拡大します

 初めの頃はお客さんもまばらでしたが、少しずつ混み合ってきて、それでもテーブル席までは埋まらず。
 でもそれがちょうどいい感じで、独特の時間の流れを感じます。
クリックすると拡大します

 立地、店構え、店内の造り、料理、値頃感、日本酒、接客、どれもが個人的には満点に近い。
 ご馳走様でした、また、お邪魔します。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179454486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック