2017年04月29日

藤沢の新店二軒

/湘南タンメン@藤沢市菖蒲沢にて鶏白湯辛味噌タンメン/貝だしらぁ麺ひばな@藤沢市石川にて貝だしらぁ麺(塩)/芝桜/ベニバナツメクサ/

クリックすると拡大します

 朝から天気が良いのでバイクで出掛けたゴールデンウィーク初日。
 走っているあちこちの景色とか花とか、ついつい、バイクを停めて写真を撮ってしまいます。

クリックすると拡大します

 何軒か候補があった中で、一番気になった六地蔵交差点近くに3/27にオープンした湘南タンメン@藤沢市菖蒲沢998-19、ニューとん太藤沢北店(未食)の跡地になります。
 野菜350gを使用したタンメンがウリで、静岡県富士市にある富士タンメンからの暖簾分けとなります。
 富士タンメン同様、こちらも「元祖東京タンメン」を謳っており、恐らく「元祖タンメン」との差別化を図ったのでは無いでしょうか(未確認)。

クリックすると拡大します

 12台分の駐車場は満車で、「クルマで来たら待つところだった」とホッと胸を撫で下ろして店先に向かうと、軒下に数人の外待ち客がいらっしゃいます。
 ウェイティングシートはありませんが、店主さんのお母さんと思われる店員さんが丁寧に挨拶し、人数を確認されていました。
 しばらく待って店内へ、左側半分くらいの厨房に面するカウンター4席と4席、手前がテーブル10席、真っ正面が小上がりで6席。

クリックすると拡大します

 店先にも代表的なメニューが張り出されていましたが、券売機で改めてメニューを確認すると、鶏白湯として濃厚鶏白湯790円、担々タンメン980円、辛みそ950円、みそ950円、ちびっこ(小学生以下)タンメン380円。
 あっさりタンメンとしてノーマル690円、まっくろ790円、辛みそ850円、みそ850円。
 トッピングに富士山盛(野菜1kg)450円が光りますな、餃子にご飯物、アルコール類、ラムネやコーラも用意されています。

クリックすると拡大します

 厨房では30代前半とおぼしき調理人が一心不乱に中華鍋を振っており、他の数人は20代前半で私語など無くキビキビと働いています。
 卓上には酢、醤油、辣油、ブラックペッパー、七味唐からし。
 おろしニンニク、おろしショウガ、カットレモンは店員さんに声を掛けてお願いしました。

クリックすると拡大します

 全ての料理は中華鍋を振って調理されるので、それなりに待たされますし、「まとめて調理」することもあって順番が前後することがあります。
 少し待って鶏白湯辛味噌タンメン950円、野菜って火を通すとかなり小さくなるので、実際には400gは使っているのでは無いでしょうか。
 もやし、キャベツ、ニンジン、ニラなどの野菜を鶏白湯スープと共に煮込み、しつこくない程度の粘度、味をまとめ上げる程度のとろみ、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 客層に合わせたのか、細麺は柔らかめ仕上げでとても食べやすく、辛味を殆ど感じないスープと相まって、とても食べやすいですね。
 途中からおろしニンニク、おろしショウガ、最後にカットレモンを搾って美味しくいただきました。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さらにバイクで南下、広い道を走るのは結構怖くて危ないんだけど、他に道を知らないので、端っこをたらたらと走ります。
 お店に着いて駐車場を探していると、もう一軒、近くに友達がアップしていたお店を見かけました。
 そちらも気になりましたが(しかも昼営業のみだし)、気になったからと言って全部のラーメン屋に立ち寄れないのは残念。

クリックすると拡大します

 藤沢市民なら誰もが知っている里のうどんの系列店として、2017/4/23オープンした貝だしらぁ麺ひばな@藤沢市石川635-9
 開店して一週間経っていますが、未だ、店先には祝い花が飾られていて、どこからお花が届いているか確認できて助かります。
 で、とある名前を見つけて、何となく出店の経緯から想像できてしまいます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると奥に長い間取りで、左手の厨房を囲むL字カウンター10席、右手はテーブル席で18席。
 里のうどんと広い駐車場を共有していていることもあって、店内はほぼ満席、かろうじてカウンターに数席が空いていました。
 先ずは席に着いてメニューを眺め、口頭注文後会計となります。

クリックすると拡大します

 メニューは貝ダシとして醤油、塩、ゆず塩、タンメン。豚ガラと鶏ガラの醤油、濃厚担々麺などの貝ダシ以外は5/15以降の販売開始となります。
 開店一ヶ月もしないウチに貝ダシ、豚ガラ、鶏ガラの三種類のスープを用意されるとはスゴイですねえ。
 卓上には醤油、辣油、酢、黒胡椒と意外とシンプルです。

クリックすると拡大します

 塩味か醤油味か迷いましたが、店内告知が塩味からでしたので貝だしらぁ麺(塩)790円をお願いしました。
 なんかゴチャゴチャした印象の麺相、スープからは貝の香りがあんまりしないのは、都内の「濃厚」に毒されてしまっているからなのかも知れません。
 スープを味わってみるときれいにまとまった貝ダシの味、「炊き出した」というより印象は受けませんが、どうやって仕込みをしようが、美味しければいいんです。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺丸細麺はあまりスープに合っていない印象ですが、この辺りは好みと言えば好みですから。
 牛、豚、鶏のチャーシューがトッピングされていて、開店一ヶ月もしないウチに三種類を仕込むのはスゴイですねえ。
 揚げネギと三つ葉がトッピングされ、刻みたまねぎが散らされています。

クリックすると拡大します

 店内奥のレジで会計し、スルッと食べてご馳走様でした。
 お店を出ようとすると可愛らしい丸顔の女性店長さんがドアを開けて下さり、そのまま店先でお店のことについてしばし立ち話。
 ラーメンも美味しいし、接客も良くて、また食べに来たいですね。

クリックすると拡大します

 帰宅途中に渋田川の芝桜紹介のページ)に立ち寄ってみましたが、既に旬は過ぎていました。
 それでも芝桜は咲いていたので、なんとか写真をパチリ。
 全体に寂しい感じでしたが、人が少なくて、これはこれで楽しめるな。

クリックすると拡大します

 田植えの前には緑肥としてレンゲ草の種を播くことが多かったような気がしていましたが、今ではベニバナツメクサに取って代わったのでしょうか。
 播いた人に聞いてみたかったのですが、近くにいるのは私のような見物客だらけ。
 家に帰ったら調べてみよう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさん

ツーリングには気持ちの良い季節になりましたね。バイクでお出掛け、食べ歩きも楽しそう♪
ふらわさんは、何のバイクに乗られているんですか?興味があるので教えて下さい。
Posted by 聖美 at 2017年04月30日 13:10
聖美さん

 コメントありがとうございます。

 原チャリですよ。
Posted by ふらわ at 2017年05月03日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179599833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック