2017年05月02日

菊名で二軒

/ゆで太郎新宿ワシントンホテル店にて高菜明太ごはん、クーポンカレー/元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン菊名店にてタンタンメン(メチャ辛)、にら/らーめんゑびす@菊名にてらーめん/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎新宿ワシントンホテル店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 久し振りの朝そば、久し振りの高菜明太ごはん360円、クーポンカレー

クリックすると拡大します

 お蕎麦、もり汁、どちらもワンランク上に感じる美味しさ、いろんなブレを含めて大歓迎です。
 高菜明太ごはん、お手本のような綺麗な盛り付け。
 お蕎麦の半分はもり汁で、残りはカレーにもり汁を合わせてつけそばとして、美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 お昼はコンビニ弁当、仕事が立て込んでいるときは食べないかコンビニ弁当のどちらかになります。
 あっ、弁当じゃなくてサンドイッチとかおにぎりの場合もあるか。
 コンビニ弁当は美味しいので好きなんですけど、職場で食べないといけないのがなんとも。

クリックすると拡大します

 渋谷から東急東横線で菊名へ、駅を東口に出て少し戻ると元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン菊名店@菊名(横浜市港北区菊名)ホームページ)。
 駅周辺には飲食店が多いのですが、そこから少し離れています。
 オーナーが交代する形で2016/9復活、34軒中32軒目の訪問、「直系」が終わったらキンケ(金家)系も全店訪問せねば。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター6席、テーブルは2人掛けが1卓、4人掛けが3卓、6人掛けが1卓。
 大人数の宴会客、サラリーマン帰宅客、女性の一人客、とカウンター席しか空いていない繁盛ぶりです。
 基本メニューの他に、餃子、チャーハン、唐揚げ、アジフライとの定食が終日販売されていて、夜のお疲れ様セットも用意されています。

クリックすると拡大します

 カウンター席に座って口頭注文後会計、せっかくならビールを飲みたいんだけどなぁ。
 卓上には醤油、酢、コショウ、目の前では大きな中華鍋をジャンジャン振って調理をされています。
 イソゲンは店舗毎に調理が違っているようなので、ようく見ていると、挽肉の色が「鶏挽肉」には見えないほど赤い。

クリックすると拡大します

 程なくしてタンタンメン(メチャ辛)750円、にら150円
 ニラは別茹で後乗せ、先ずはスープに沈めて全体を馴染ませます。
 大きなレンゲでスープを飲むと、鶏ガラスープに刻みニンニク、唐辛子、溶き卵、挽肉。

クリックすると拡大します

 挽肉は食べた感じでは豚で、全体的にはとても美味しいスープです。
 刻みニンニクは大きさがまばらで、かなり大きめのもあります。
 麺は全店共通の角中太麺、つるんとした麺肌がとても食べやすく、スープへの絡みも抜群です。

クリックすると拡大します

 メチャ辛でお願いしましたがそんなに辛さは感じず、さりとて卓上には辛味を増す調味料はなく、そのまま美味しくいただきます。
 丼の底に源(イソゲン)を確認し、スルッと食べてご馳走様でした。
 レジでお会計、気になったことを幾つか聞いて、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 菊名駅東口を降りると三軒のラーメン屋が視界に入り、左端のらーめんゑびす@菊名(横浜市港北区菊名)へ。
 こちらが本店相当で、支店として妙蓮寺店があり(蒲田店は閉店)、新福菜館伊勢佐木町店は系列店とのこと。
 座っているお客さんの背中にぶつからないと奥の席に行かれないほど狭い店内、カウンター9席ですが、満席。

クリックすると拡大します

 小型の券売機を見ると、メニューはラーメン(醤油・塩・味噌)、つけ麺、油そば、煮干し、担々麺、二郎系。
 空いていた席に座り、買った食券を店員さんに渡すと、お好みを聞かれますが、とりあえず普通で。
 卓上にはおろしニンニク、おろしショウガ、豆板醤、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 程なくしてらーめん500円
 床の滑りから分かるように、どんなに狭くても店内炊きのスープ、しかしして濃厚豚骨ではなく、後味がすっきりするほどの濃度、薄っすらと鶏油(お好み的には「薄め」)、美味いなぁ。
 修業先が家系ラーメン店ではこうはいかないのではないだろうか、肩の力が抜けていて、週に何回でも食べられる美味しいスープです。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の平打中太麺は密度が高い上に硬め仕上げ、スープとの絡みはイマイチです。
 普通でこの硬さなら、硬め指定したら、スープに全く絡まないのではないでしょうか。
 トッピングのチャーシュー、板海苔三枚、店内仕込みの茹でほうれん草、後乗せの薬味ねぎ。

クリックすると拡大します

 途中で豆板醤とおろしニンニクを試してみましたが、中々いい感じです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 菊名から帰宅に帰る経路は、大きく二つありますが、今夜は町田経由で。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「金家」は「キンケ」と読みます。
Posted by ryu3 at 2017年05月04日 16:20
ryu3さん

 コメントありがとうございます。
 直しておきました。
Posted by ふらわ at 2017年05月07日 11:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179639614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック