2017年05月04日

埼玉で三軒

/丸長坂戸店@埼玉県坂戸市南町にてつけざる/タイムス/ゆで太郎東松山新郷店にて朝そば(玉子)、クーポン海老天/奔放@埼玉県東松山市にて辛正油ラーメン(並)/麺処元気屋@埼玉県鶴ヶ島市藤金にて台湾まぜそば/

クリックすると拡大します

 埼玉のゆで太郎に行こうと、営業時間と電車の便を組み合わせてみると、始発で向かえばちょうどいい感じで回れそうです。
 だからと言って全力で精一杯やるのは性に合わないので、朝起きられたら行くという緩い感じの計画です。
 もう歳だし、所詮は遊びだし、のんびり行きますよ。

クリックすると拡大します

 池袋から東武東上線に乗り換えて板戸へ、川越の先に行くのは随分と久しぶりです。
 先ずは朝ラー、食べログでは「8時から14時」の営業時間ですが、ネット情報では「8時前からやってる」とのことで、とりあえず7時37分に着いてみました。
 南口階段を降り切って左を向けば丸長坂戸店@埼玉県坂戸市南町、店先には7人ほどお客さんが待っています。

クリックすると拡大します

 開店と同時に席に着けそうだなとお店に近づくと、外待ち客は開店待ちではなく店内満席での外待ち。
 一体何時からやってるの?
 直前の並び客は大学生で、若いうちからいい店を知ってるなぁと会話を聞いていると、徹マン明けで並んでいるようです。なんとも羨ましい学生達だこと。

クリックすると拡大します

 30分ほど待って入店、こういうお店でメニューを見ている時点で素人客ですけど、実際に素人客なのでよく見てみます。
 つけそば700円、つけざる800円、つけチャーシュー1,000円、つけかま800円、ラーメン600円。
 トッピングはとろろ(うずら付き)、大根おろしの二つ。トッピングと言うよりサイドメニューかな。 

クリックすると拡大します

 厨房を囲む7席と6席のカウンターのみの店内を見渡すと圧倒的につけざるオーダーで、チャーシューとか大盛りだらけ、しかし私はノーマルで。
 オーダーしてもメモなどは一切取らず、お客さんの注文順と内容を当たり前のように覚えているようです。
 卓上には辣油、七味唐からし、酢、白胡椒。目の前の調理をうっとり眺めながら、ラーメンが出来上がるのを待ちます。

クリックすると拡大します

 20分程待ってつけざる800円、つけ汁の器は並用と並以外用があり、私だけ逆円錐形の器で提供(他の人はお椀タイプ)。
 豚骨、鶏ガラ、煮干、昆布、香味野菜などに加えて、ウズラの卵の殻をも煮込んだスープ、心の奥底にある魂ってヤツをガシッと掴む旨さ。
 徹マン明けならもっと美味しいのだろうか(笑)

クリックすると拡大します

 ざると言うことなのか、刻み海苔がたっぷり乗せたれた麺、自家製麺はジャストな茹で加減、柔らかく押し返す弾力、美味いなぁ。
 細切りチャーシュー、メンマ、薬味ネギ共々、美味しく頂きます。
 食べ終わったらスープ割り、ラーメンスープで割って下さり、この時にレンゲが渡されます。

クリックすると拡大します

 美味しいですねー、辣油を数滴垂らしてみて、さらに美味しくなって。
 店名が書かれたレンゲでスープを一滴も残さず、スルッと食べてご馳走様でした。
 会計は店内奥のレジで、お釣りが無いように事前にコンビニで用意した小銭で支払い、レジ近くのドアから退店しました。

クリックすると拡大します

 駅近くのタイムスで車を借りて。
 もう若くないから使えるものは何でも利用するわけですよ。
 まあ、若いウチは使いたくてもタイムシェアとは無かったのですけど。

クリックすると拡大します

 最寄り駅からだと20分程ですが、その駅の近くでは車が借りられないので、30分ほど掛けて向かいます。
 埼玉って土地が平らなので、景色に変化が乏しくて、大した写真が撮れません。
 まあ、いちいちクルマを停めないと写真が撮れないので、何度も停めてもいられないのですが。

クリックすると拡大します

 コンビニ跡地にゆで太郎東松山新郷店(ホームページ)、某うどんチェーン店のテリトリーにこっそりと出店。
 大型トラックも停められるようになっているのか、駐車場が広くて、不慣れた私は停めにくい。
 営業時間は6時から23時なんだな、朝晩はまだ冷え込むだろうに。

クリックすると拡大します

 直営店と言うこともあり、メニュー、調味料類は標準的で、ちゃんと統一出来ていてとても素晴らしい。
 買った食券を渡すと、お蕎麦の温冷、玉子の調理方法を聞かれ、いつもの好みを答えます。
 半券を持って席で待っていると、続々とお客さんがやってきます。

クリックすると拡大します

 まだ朝定食が間に合う時間でしたので、朝そば(玉子)330円、クーポン海老天
 お蕎麦、もり汁、平均的な美味しさに満足です。
 連休中はクーポンを配ると聞いていたけど、ちゃんと配布していました。

クリックすると拡大します

 かき揚げ、海老天の油切りも問題なし、今日は塩で美味しくいただきました。
 食べ終わったら、お冷やでゆっくりして訪問記録をフェイスブックとレッティにアップするのが密かな楽しみ。
 ささっと書いたら、お店を後にします。

クリックすると拡大します

 次の店は目の間の道をほぼ真っ直ぐに東に向かった先です。
 10分程で着いてしまうのですが、だからと言って時間を潰すところは無く。
 まま、開店待ちをするかと、クルマを走らせます。

クリックすると拡大します

 開店一時間前に到着した奔放@埼玉県東松山市、駐車場には一台のクルマも停まっていません。
 ま、これは地方のラーメン屋あるあるで、開店10分前になると一斉に混み出すと、、ね、お客さんがきだしました。
 トップで入店すると、座る順番、お冷やを用意するタイミング、食券を渡すタイミング、注文の符丁などなど分からないことで他のお客さんに迷惑を掛けてしまいますので、数人に続いて入店します。

クリックすると拡大します

 メニューは正油、辛正油、塩、辛塩、味噌、辛味噌、つけ麺、塩つけ麺、味噌つけ麺、ラー油つけ麺。限定メニューとしてまぜそば。
 自家製麺だからか200gスタート、自家製麺なのに麺増量有料。
 カウンター6席と5席のみで、お冷やは食券を買ったらその足で注いでいくのか、左端から座るのか、気をつけないと。

クリックすると拡大します

 調理の様子を見ていると、タレを間違えないように、色違いの洗濯バサミで丼を挟んでいます。
 丼にタレを入れたら、麺茹での上部の棚に置いて温めています。茹で湯などで丼だけを温めて、後からタレを入れることが多いのですけど。
 卓上には一味唐辛子、ブラックアンドホワイト、低めのカウンター台に貼られたメニューを読みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って辛正油ラーメン(並)800円
 醤油スープには辣油が合わせてあり、この辣油、自家製と思われますがかなり美味しくて、醤油タレを忘れてしまうほど。
 辛さが強いわけでは無く、ゴマとか八角とかが使われているのでは無いでしょうか(未確認)。

クリックすると拡大します

 自家製麺は縮れ太麺、メニュー(タレ)によって変えているのかも知れませんが、スープの味を物ともしない力強さ。
 チャーシューは三枚でレンジで温められて柔らかくスープに馴染み、材木メンマはサクッと食べやすい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わってお店を出ると外待ち10人、店内待ちは6人なので、さすが東松山ナンバーワンですな。
 駐車場は満車、ささっとクルマを出します。

クリックすると拡大します

 レンタカーを今日はショート4時間で借りたので、先ずは早めにクルマを返します。
 予定より一時間早くクルマを返して、即座に連食できる歳ではないので、坂戸駅で一時間半ほど休憩しました。
 さて、次のお店の最寄駅は若葉ですが、調べてみると徒歩30分、さて、歩きますか。

クリックすると拡大します

 住宅街を歩くのは、こちら側は何とも思いませんが、住んでいる人にとっては気持ちの良いものでは無いでしょう。
 できるだけ大通りや車通りの多い通りを歩くようにしますが、お店自体が住宅街にある場合は、致し方なく。
 途中、休憩しつつ30分ほど歩きました。

クリックすると拡大します

 麺処元気屋@埼玉県鶴ヶ島市藤金、元気があれば何でもできる、の元気屋でしょうか。
 店舗の壁にラーメンが大きく紹介されていて、台湾まぜそば、濃厚らーめん、和風醤油らーめん、濃厚つけ麺、鶏つけそば。
 「地元坂戸市産小麦100%自家製麺」と張り出されていますが、店の住所は坂戸市の隣の鶴ケ島市。

クリックすると拡大します

 店内に入ると「いらっしゃいませ」と挨拶がありますが、都内で「もう、うるさい!!」なラーメン屋を経験しているだけに、聞こえる程度の音量で挨拶されても元気になれないし、そもそも目を合わせてません。
 カウンター10席、右手の広めの6人掛けテーブル、左手壁側に2人掛け2卓、そして右手に券売機。

クリックすると拡大します

 券売機はボタンの配置に統一感が無く、未使用も多くて食べたいメニューのボタンが見つけづらい。
 麺量が大、並、小と同額なのに食券が別なのはたまに見かけますが、鶏つけそばは一つの食券で大・並・小が共通だったり。
 濃厚つけ麺と台湾まぜそばは、麺をカレー麺に変更する専用の食券が用意されているけど、それ以外に汎用の100円券があったり。

クリックすると拡大します

 卓上にはホワイトペッパー、一味唐辛子、程なくして台湾まぜそば850円
 紹介のポップには「疲れるくらい混ぜること」と書かれていて、いやいや、まぜそばは事前に和えてあるので、手元では簡単に合わせるだけで、、、えっ、和えてないんだ。
 で混ぜて食べてみると、刻み海苔、白ネギ、ニラ、刻み玉ねぎ、食券を渡したときに快諾したおろしニンニクが複雑に混ざった味わい。

クリックすると拡大します

 自家製麺の極太麺は、タレには良く絡みますがトッピングにはあまり良く絡みません。
 タレの粘度が高く、食べている口がベトついてきたので辣油や酢などを掛けようと卓上を見ましたが、粉系の調味料しかありません。
 うーん、そうなのか。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったので追い飯をお願いすると、多めのごはんにレンゲを付けて返して下さいます。
 タレというか残った食材とごはんを合わせて頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 10分程歩いて青葉駅まで。
 そのまま池袋へ、池袋から新宿へ。
 朝早かったこともあって、電車の中ではぐっすり寝ていました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179655816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック